人気の「直角靴下」は100円OFF!無印良品の大胆な“値下げ戦略”に称賛の声

無印良品

 無印良品が「ずっと、見直し。ずっと、良い値。」をテーマに価格見直しを行うことを発表した。8月28日から順次、変更していくという。日常生活に必要な衣服雑貨、食品などの値下げに消費者からは注目を集めている。特にかかとのフィット感で人気の「足なり直角靴下」(大人用)は今まで3足790円で販売されていたが、見直された新価格は3足690円と、売れ筋の商品も価格改定となった。さらにこれからの季節に活躍する軽量ダウンベストは3990円から2990円に値下げするなど、大胆な値下げ戦略であることがわかる。

 人気商品やこれからシーズンを迎える商品の大幅値下げにネット上では《今でさえ安いのに、企業努力がすごい》《品質を落とさずにこの値段ならうれしい》《増税から家計が嵩んでいたから消耗品の値下げは助かる》と消費者からは喜びのコメントが寄せられた。

 同社はコロナ禍の外出自粛の影響により、第一四半期の収益は前年同期比3割減と大きな打撃を受けた。小売業界全体で売り上げが落ち込む中、無印良品は不況が続く業界内から一抜けするのではないかという見通しもある。

「前年と比べ売り上げが大きく落ち込んだものの、同社が展開する通販事業では巣篭もり需要のある保存食品や生活雑貨の売れ行きは堅調。同社グループが掲げている“感じ良いくらし”というテーマは外出の機会が減ってしまったコロナ禍で多くの消費者から賛同を得ています。消耗品である肌着類、特に人気商品の『直角靴下』の値下げは、来店のきっかけ作りに一役買うでしょう。今回の値下げ戦略のテーマにもなっている『ずっと、見直し』という姿勢、また日々改良される商品の数々は“ついで買い”を誘発する魅力的なラインナップとなっています」(経済誌ライター)

 コロナウイルスの流行で消費者のライフスタイルが大きく変わりつつある中、需要を拡大し不況の小売業界を引っ張っていくことができるのだろうか。消費者からも業界からも注目と期待が寄せられている。

(浜野ふみ)

関連記事(外部サイト)