Dr.コパ推奨!「年末ジャンボ」は“紅白歌合戦の法則”で10億円を狙い撃つ

宝くし?売り場

「年末ジャンボ宝くじ」の季節がやってきた。今年も1等前後賞合わせて10億円のビッグスケールを誇る。それだけに、5年継続中の紅白歌合戦「勝利チームの法則」と風水でおなじみのDr.コパ氏が推奨する「最強幸運日」で難関を突破し、夢のミリオネアを目指そう。

 11月24日から12月25日まで全国発売される「年末ジャンボ宝くじ」。当せん金額のラインナップは1等7億円が22本、1等の前後賞1億5000万円が44本、2等1000万円が88本(22ユニットの場合)。破格のスケールだけに、当せん確率は他のジャンボ宝くじの2倍も厳しく、1等7億円は、なんと2000万分の1という狭き門だ。

 宝くじアドバイザーの長利正弘氏が解説する。

「年末ジャンボ以外は1等の組番号が『01組100組』ですが、1等が7億円になった15年から年末のみ『01組200組』になりました。1等の当せん金額が大きくなった代わりに、当せん確率が2倍悪くなったわけです」

 そのせいか、18年には東の横綱「西銀座チャンスセンター」で、17年と18年には西の横綱「大阪駅前第4ビル特設売場」で1等が不発という事態も起きた。

「その悪くなった確率を他のジャンボと同じ1000万分の1にする秘策があります。ズバリ、紅白歌合戦『勝利チームの法則』です。狙い方は、紅組が優勝した翌年の組番号は『101組200組』、白組が勝てば『01組100組』を狙うというものです」

 実際、紅組が勝利した15年、16年の翌年は「104組」「165組」、白組が勝った14年、17年、18年は「86組」「96組」「39組」と、5年連続でこの法則が当てはまっているのだ。

「昨年の紅白は白組が優勝しましたから、今年は『01組100組』が出現すると思います」

 さらに長利氏は「5大ジャンボの法則」で当せん確率の大幅アップを狙う。

「過去3年間の1等の組番号を見ていくと、その年に出ていない数字が年末ジャンボで必ず出現するという現象に気づきました。今年を含めた過去3年間で未出現の組番号は、十の位が4、5、6、一の位は3のみ。というわけで『43組』『53組』『63組』が狙い目になります」

 また、番号のほうに目を移すと、10万位にも一定の法則が見えてくる。

「その年の最初に行われるバレンタインジャンボ(今年は東京2020協賛)の10万位と同じ数字が、それ以降のジャンボのどこかで必ず出現しています。18年なら『14万台』が『サマー』で、19年の『15万台』は『ハロウィン』と『年末』で出ています。今年最初のジャンボの『14万台』がまだ出ていませんので、年末ジャンボでの期待は大きいです」

 長利氏が発見した「紅白歌合戦」&「5大ジャンボ」の法則から、今年の狙い目は「43組」「53組」「63組」の14万台。ここまでしぼり込めば、2000万分の1の確率が3万分の1まで大幅にアップしよう。

 大願成就のためには購入日も大切だ。Dr.コパ氏が推奨する発売期間中の「幸運日」は11月28日以降、10日あるが、より運気をアップさせる方法も伝授してくれた。

【11月28日】女性がチャンス。娘さんや夫人同伴で。

【11月30日】日本酒や和食が福をもたらす。

【12月4日】グループ買いが吉。男性なら丑、巳、酉年生まれ、女性なら子、辰、申年生まれと一緒に。

【12月13、14、15日】金運アップの代表的フードの卵料理や、チキン料理を食べてから購入しよう。

【12月18日】観音様をお祀りしているお寺に寄って力を借りよう。

【12月21日】過去、冬至に販売されたのは17年だけ。冬至は「モノを蓄える日」と言われるだけに、来年のラッキーフードの魚を食べて運気をアップさせよう。

【12月22日】来年のラッキーカラーのイエローを身につけて買いに行こう。

【12月24日】クリスマスカラーのグリーンとレッドが幸運を呼び込む。

 もちろん、購入時の風水作法も忘れてはいけない。

「宝くじを購入するお金は厄落としが必要です。厄落としした運のいいお金は、運のいい宝くじと交換ができます。ラベンダー色の封筒などに紙幣を入れて、少なくとも購入までの10日間は清めておきたいですね」

 最近はネットで購入するケースも増えているが、どう清めればいいのか。

「預金口座を清めちゃいましょう(笑)。難しいことはありませんよ。残高が少なければ購入資金を清めて入金。残高が多ければ、お清めの代表となる現金1万円ほどを引き出す。この時、財布などに入れず、そのままラベンダー色の封筒に入れて持ち帰り、神棚に上げる。あるいは、封筒に盛り塩を乗せて収納場所に置いてもかまいませんよ」

 あとは3日間以上たってから入金するだけだ。風水では「大切な情報は東からやって来る」と言われるだけに、家の東側で東を向いて購入するといいだろう。

「今年はコロナ禍で心が傷めつけられましたが、楽しみは心の復興につながりますし、娯楽の宝くじは心のケアになります。今年は体内に運をため込んでしまったままなので、宝くじで刺激を与えて夢をつかんでほしいですね。しっかりと準備し、最後はひらめきの勝負かな。動物的な直観を大切にしましょう」

「最強幸運日」と「風水作法」で夢のミリオネアをつかみ取ろう!

関連記事(外部サイト)