オムロン、「パワハラ退任」副社長に“退職金満額支給” 社員も愛想を尽かす隠蔽体質

オムロン、「パワハラ退任」副社長に“退職金満額支給” 社員も愛想を尽かす隠蔽体質

オムロン本社ビル

 東証一部上場、日本を代表する老舗メーカー「オムロン」で、次期社長候補の筆頭と目されていた副社長が電撃退社したのは、去る3月20日のこと。その直後に本誌(「週刊新潮」)は、退社した前副社長M氏によるパワハラと社内不倫&情実人事の疑惑について報じた。当初、オムロンは取材に対しパワハラを認めず、「本人の申し出による退任」との説明を繰り返していた。しかし、実は今月、社内では社長自らが前副社長の〈不適切な言動〉を認め、全社員に謝罪メッセージを送っていたのだ。

 ***


■「戦略的静観を貫く」


 M前副社長による問題行動を簡単に振り返ると、主に3つ。部下に対する「お前はハエ」「ここから飛び降りろ」などの暴言を始めとする“パワハラ問題”。さらに、お互い既婚者であるにもかかわらず、40代の女性社員と二人きりで密会を繰り返していた“社内不倫疑惑”。そして極めつけは、創業家の血を引く幹部社員を地方の子会社に左遷し、その後任に不倫相手とされる女性社員を就けようとした“情実人事疑惑”だ。ちなみにこの人事は、M氏の退社と同時に白紙に戻されたものの、左遷された幹部社員はそのままだという。

 そして4月1日、「2021年度全社方針」が社内向けに発表された。山田義仁社長じきじきの、年度初のメッセージである。やや長くなるが、その冒頭部分を引用しよう。

〈全社方針を皆さんにお伝えする前に、先月20日付で退任した前IABカンパニー長(※M前副社長のこと:編集部註)の件について説明します。

 本件については、社内から申し立てがあり、それ以降、事実関係を明らかにするため、慎重に調査を進めてきました。その結果、前カンパニー長による不適切な言動などを確認しました。私は社長として、辛い思いをされた社員の皆さんに対して心からお詫びします。
オムロンでは、企業理念に反する行為は絶対に認められません。特に、私たちが大切にする価値観である「人間性の尊重」は譲りません〉

 これを読む限り山田社長は、M氏による〈「人間性の尊重」〉という〈企業理念に反する行為〉があり、社員が〈辛い思い〉をするような〈不適切な言動〉があったことを認めている。ところが、

「メッセージが出されると同時に、上司から『この件については戦略的静観を貫くというのが会社の方針だから、社外の人間、特にマスコミに話したら懲戒処分の対象になる』と言われました。この期に及んで隠蔽工作かと、心底呆れました」(オムロン現役社員)

 実際、社内ではパワハラを事実上認めていながら、株主や取引先に対してはいまだに「本人の申し出による退任」以上の説明はされていないのだ。それが“戦略的静観”とやらなのか、同社は本誌に対しても、パワハラなどの事実を一切認めていない。しかし、社長自ら全社員に〈心からお詫び〉しなければならないほど〈不適切な言動〉をしていた副社長が、何ら懲戒処分を受けずに自主退社することなど認められるのだろうか。

「それが認められたようです。M氏は山田社長がいちばん可愛がっていた部下でしたから。処分されないどころか、8桁単位の“退職慰労金”も満額支払われたそうです。社員として腹が立つのは当然ですが、経営者として株主に申し訳ないとは思わないのですかね」(前出・オムロン社員)

 改めて真相を問うべく山田社長の携帯を鳴らしたが、応答なし。代わりに会社宛てに送った質問状に対しても、一切回答はなかった。


■飲酒運転で国外追放された幹部が出世


「うちの企業ガバナンスがめちゃくちゃなのは、今に始まったことではありませんよ」

 とため息を吐くのは、別の現役社員。

「以前にも、部下にパワハラを繰り返した挙句、新地のクラブで一人で豪遊した領収書を部下に送り付けて、経費として処理させていた幹部がいました。この時は、内部通報で不正が発覚し、その幹部は懲戒処分を受けました。当時も山田社長が全社員に謝罪し、再発防止を徹底すると約束していたのです。ただ、実を言うと、その幹部は元々、山田社長やM前副社長とソリが合わなかった。だからこそ厳しく処分したのでしょう。彼はその後まもなくオムロンを退社しています」

 要するに、社長との距離によって処分内容が変わるということらしい。これも立派な情実人事といえるのではないだろうか。同社には3人の社外取締役がいるが、ガバナンスが機能しているとはとても思えない。

 現役社員が続ける。

「4月20日頃、うちの経営幹部ら数名宛に“オムロン社員”を名乗る差出人から匿名の手紙が届いたんです。ある人に見せてもらったところ、会社の隠蔽体質を批判し、現経営陣の責任を厳しく問う内容でした。また、役員を含む幹部社員数名を名指しして、『M氏のパワハラを黙認していたのだから同罪だ』と糾弾していた」

 その中には、この春の人事で本社の事業部長に出世した幹部も含まれていたという。この幹部については、こんなエピソードも。

「彼はかつて、米国にある子会社の社長を務めていました。ところが、飲酒運転で逮捕されてビザを取り消され、国外退去処分を受けて日本に帰国したのです。一般社員が飲酒運転で捕まったら、懲戒解雇になってもおかしくない。それが社長のお気に入りの幹部となると、ほとぼりが冷めたら復活してまた出世できるのですから、本当にふざけた会社ですよ」(同)

 この手紙の内容についてもオムロンに質問したが、こちらも回答なし。匿名の手紙ゆえ、単なる怪文書として扱われているのだろうか。

 しかし、前出の現役社員らは「差出人はオムロンの社員だからこそ、こういう方法しか取れないのだと思います」と諦めたような表情で語る。

「社内のコンプライアンス・ホットラインに訴えたところで、自分が降格されるか左遷されるだけ。というのも、以前、企業理念の理解度をはかる匿名の社内アンケートが行われたのですが、匿名のはずのアンケート結果がすべて実名でリスト化され、個人ごとに“点数”まで付けられていた。現経営陣に批判的な回答をした人は“赤点”です。その上で、幹部同士で『やっぱり〇〇はダメだな』と社内メールで情報交換し、人事査定の根拠にしていたのです。そんな会社で、自分から声をあげて改革を訴えようという気なんて起きませんよ。私も転職先を探しています」

デイリー新潮取材班

2021年4月30日 掲載

関連記事(外部サイト)

×