ワタミ「渡邉美樹氏」が掟破りの社長復帰 経営を支える“三本柱”は絶好調のウラ

ワタミ「渡邉美樹氏」が掟破りの社長復帰 経営を支える“三本柱”は絶好調のウラ

渡邉美樹氏

■会社経営を牽引


 ワタミ、絶好調──。こう書けば、「嘘だ!?」と驚く人が大半に違いない。新型コロナウイルスの感染拡大で、外食産業は大きなダメージを受けている。特に居酒屋は緊急事態宣言の影響もあり、青息吐息のはずだ。経済担当記者が言う。

 ***

「ワタミは今年3月期の連結決算で、最終利益が115億円の赤字となりました。5月の記者会見で渡邉美樹会長(61)は、『外食産業は瀕死の状態』と、コロナ禍で厳しい逆風にさらされていると訴えました。朝日新聞なども8月、渡邉会長が10月1日付で社長に復帰すると報じました。この人事を『経営が悪化しているワタミの立て直しのため、創業者である渡邉氏が陣頭指揮を取るのだろう』と多くの人が受けとめても不思議はありません」

 そもそもワタミは、過去のパワハラ問題を未だに引きずっている。

「2008年、居酒屋『和民』で働いていた女性社員が、入社2か月で自殺しました。その後、7日間連続の深夜勤務など、月140時間に及ぶ時間外労働を強いていたことが明るみになりました。ところが渡邉会長は、謝罪しなかったばかりか、『ワタミはブラック企業ではありません』と居直るかのような釈明を行ったのです」(同・記者)

 この態度は消費者の反発を招いた。「和民」が居酒屋だということも大きい。楽しく酒を呑みたい時に、「ブラック企業」というイメージのある店には行きたいと思わないはずだ。

 おまけに2013年には、渡邉会長が会長職を含む全ての役職を辞任し、参議院選挙の比例区に自民党から出馬した。


■「虫のいい話」


 当選したとはいえ、ワタミはパワハラ問題の悪いイメージを回復できないまま、創業者が会社の経営から遠ざかるという“危機”に見舞われた。だが、ワタミは最終的には“奇跡のV字回復”を果たした。フードサービス・ジャーナリストの千葉哲幸氏が解説する。

「社長を務めた清水邦晃氏が、文字通り辛酸をなめながらワタミを黒字化したのです。清水社長はなりふり構わず、『ヒットした他店を真似し、ワタミという名前を消す』ことに注力しました。『鳥貴族』が人気を呼ぶと、『三代目鳥メロ』で追随、唐揚げがブームだと見ると既存店を『ミライザカ』に切り替えていきました。狙いは徐々に成功していき、ワタミを黒字化させたのです」

 渡邉会長は2019年に参議院議員の任期を満了して政界から引退。同年7月にワタミの取締役に復帰した。

「2015年、まだ参議院議員だった渡邉さんは東洋経済のインタビュー取材に応じ、『ワタミには1000%戻らない』と断言しました。渡邉さんが取締役に復帰すると聞いて、『これは問題ではないか』と思いました。清水社長が苦労に苦労を重ねて黒字に復活させたら、渡邉さんが取締役に復帰というのは、なんだか虫のいい話だと思ったのです」(同・千葉氏)


■韓国の人気チェーン


 ところが、である。ワタミの経営に復帰した渡邉会長は、文字通り会社の経営を牽引していく。「115億円の赤字」というイメージも払拭し、今や「反転攻勢」が期待されているというのだ。

「2018年11月、ワタミはテリー伊藤さんと組んで『から揚げの天才』をオープンしました。もともと消費者に人気のあった唐揚げに、テリー伊藤さんの実家が東京築地で卵焼きの名店を経営していたことからコラボさせたのですが、これが当たりました」(同・千葉氏)

 東京都内に生活圏のある人なら、「から揚げの天才」の店舗を見たことがある人もいるだろう。公式サイトを見ると、例えば唐揚げ3個に卵焼き、ご飯にみそ汁がついた「からたま定食」は税込みで690円となっている。

「初出店の時点では、渡邉会長は参議院議員でした。それが取締役に復帰すると、『から揚げの天才』に注力します。低コストで出店できるメリットがコロナ禍で苦しむ飲食店の経営者側にも歓迎され、今も猛スピードでFC網を構築しています。7月には100店舗を達成し、“外食チェーン最速”とPRしました」(同・千葉氏)

 また韓流ドラマのファンなら、「bb.q オリーブチキンカフェ」というチェーン店のことは、よくご存知かもしれない。韓国の人気フライドチキンのチェーン店だが、日本の運営はワタミが行っている。


■本命は焼肉


「2016年12月、ワタミの本社がある東京都大田区の大鳥居に1号店をオープンさせました。当初から手応えを感じていたと思いますが、2020年に韓国ドラマ『愛の不時着』がNetflixで放送され、『bb.q オリーブチキンカフェ』がドラマに登場すると、日本でもブームになりました。お客さんが詰めかけただけでなく、『働きたい』という女性も殺到しています」(同・千葉氏)

 そしてワタミ再生の“立役者”と目されているのが、「焼肉の和民」だ。ブラック企業のイメージが根強い「和民」の名前を復活させたところにも、渡邉会長の自信がうかがえる。

「日本食糧新聞が8月に報じましたが、渡邉会長は大胆なリストラも行いました。不採算店舗約150店を閉め、賃料の減額を交渉したりするなど、約100億円の固定費削減を達成しました。更に昨年5月にオープンした食べ放題の焼肉店『かみむら牧場』に手応えを感じると、『焼肉の和民』をチェーン展開させます」(前出の経済担当記者)

「焼肉の和民」がいかに高収益を達成しているか、千葉氏が解説する。

「居酒屋の和民にブラック企業のレッテルを思い出しアレルギーを示す消費者でも、『焼肉の和民』という看板を見ると『えっ!?』と興味を示すわけです。更に郊外店の人気も見逃せません」


■融資も返済!?


「緊急事態宣言が出ている地域もあるので全国一律というわけにはいきませんが、和民という名前があることから、『安心して酒を呑んでいい焼肉店なんだ』と好感している消費者がいるのです。公式サイトでも『居酒屋のように呑める』ことを積極的に宣伝しています」(同・千葉氏)

 千葉氏の取材によると、「焼肉の和民」の客単価は4000円台あたりだという。コロナ禍でも人気の回転寿司が1000〜1500円あたりの客単価だと考えると、これは驚異的な数字と言っていい。

「『焼肉の和民』は、しっかりと“三世代”の顧客を捕まえています。つまり、祖父と祖母が、子供と孫を誘って来店するわけです。高齢者は懐に余裕のある場合が少なくなく、高い客単価を実現している一因でしょう。若年層はアルコールを呑まないという人も珍しくありませんが、特に高齢者の男性は依然として飲酒可能な店かどうかを重視する傾向があります。そうしたニーズも、しっかり捉えているわけです」(同・千葉氏)

 こうなると、渡邉会長の社長復帰は、全く違う文脈で読み解かなければならない。好調な路線を更に強化するためだと見るべきだろう。

「渡邉会長が持つ最大の武器は、ワンマンであるということです。批判の多いワンマン経営ですが、意思決定のスピードが速く、思い切った資本投下が可能というメリットもあります。ワタミは日本政策金融公庫から約120億円を調達しましたが、『から揚げの天才』などのFC網構築で、返済の目処が付いていると言われています」(同・千葉氏)


■諸刃の剣


 もちろん渡邉会長がワンマンであるということは諸刃の剣だ。“独裁者”が経営方針を間違えた場合、それを周囲が修正することは難しい。

 渡邉会長は夕刊フジで「経営者目線」というコラムを連載している。7月7日に掲載された「ワタミ『120億円』で反転攻勢!! 都議選『駅前演説は人流抑制に反する』」では、自身の経営方針を自画自賛した。

 コラムで渡邉会長は《創業オーナーは、目先の利益に捉われず、長期的ビジョンで迅速に手を打つことができ、大胆なリスクをとることができる》と指摘。

 更に《皆の意見を聞きながら「衆議独裁」、自分を利としない「無私の独裁」が最高の組織のあるべき姿だ》と主張した。

 果たして、ワタミの未来は──。

デイリー新潮取材班

2021年8月31日 掲載

関連記事(外部サイト)