地域を活性化させる「質的価値」を創造する――野並 晃(日本青年会議所会頭)【佐藤優の頂上対決】

 会社経営者の2代目、3代目を中心に、次代を担う若きリーダーたちが集まる青年会議所。全国に約700あるが、その統合調整機関である日本青年会議所が創立70周年を迎えた。今年の会頭は横浜「崎陽軒」の4代目。彼らは日本の現状をどのように捉え、どんな活動をしているのか。

 ***

佐藤 外務省時代、私は北海道の青年会議所(JC)の方々と何度かお仕事をしたことがあります。JCは北方領土問題の啓発に取り組んでおられますよね。

野並 はい。今年も7月に根室市で北方領土返還要求現地視察大会を開きました。私も現地を訪れ、挨拶をさせていただきました。

佐藤 札幌、東京と、現地から離れれば離れるほど、返還運動は観念的になっていきます。ですから、現地に行くことは非常に大切です。根室にとってはやっぱり経済なんですよ。四島交流をやって経済を活性化させたい。その雰囲気を知っておくことはすごく重要です。

野並 大会では、石垣雅敏・根室市長からもビデオメッセージをいただきました。

佐藤 JCはかなり古くから返還運動を展開していますよね。

野並 1970年に第1次北方領土現地視察団を派遣したのが始まりで、今年は52回目になります。1999年には納沙布(のさっぷ)岬に、返還運動を推進していく旨を記した「北方領土返還運動現地大会決議文」の碑を立てさせていただきました。それから全国規模で活発に動き出したという感じですね。

佐藤 私は根室と釧路、それに中標津(なかしべつ)のJCの方々のお手伝いをさせていただきました。

野並 現地交流ですか。

佐藤 ええ、現地交流や北方四島のインフラ整備に関する助言ですね。釧路JCの方は中古車業者で、向こうの行政からの求めに応じて中古のランドクルーザーを何台か島に送ったんですね。でも現地に行ったら見かけない。それで私に「どうなっているんだろう」と相談に来たんです。

野並 そんなことがありましたか。

佐藤 こういう時はだいたい島の有力者が私物化して乗り回しているか、売られてユジノサハリンスクあたりまで渡っているかなんですよ。だから「車体に大きくJCからの寄贈品であることを書いて、定期的にチェックした方がいい」とアドバイスしたことを覚えています。

野並 ありがとうございます。

佐藤 それから、北方領土問題には富山県の黒部JCも熱心ですよね。

野並 はい。黒部から四島に移住された方が多いと聞いています。

佐藤 次代を担う若いリーダーたちが集まるJCは、こうした社会問題に目を向け、取り組む場となっていますが、そもそもはどんな成り立ちなのですか。

野並 青年会議所は、1949年に「明るい豊かな社会」の実現を掲げて、東京青年商工会議所が誕生したのが始まりです。これに共感した人たちによって全国各地に次々とJCが作られ、1951年には全体の統合調整機関である日本青年会議所が設立されました。今年はそれから70周年になります。

佐藤 つまり野並さんは、第70代会頭になるわけですね。いま、JCは全国にどのくらいあるのですか。

野並 LOM(Local Organization Member)と言いますが、全国に691のLOMがあります。この日本青年会議所は、それらから出向してくる人たちで成り立っています。

佐藤 会員は40歳までですね。

野並 はい。40歳の12月31日に卒業となります。JCは青年の真摯な情熱を結集して社会貢献することを目的としていますから、常に組織を若々しく保つことになっています。基本的に、20歳から40歳未満の品格ある青年であれば誰でも入れます。

佐藤 ただ、実際には企業経営者の2代目、3代目の方々が多いでしょう。

野並 そうですね。私自身、横浜の崎陽軒の4代目ということになりますし、いずれ会社を継ぐことになる人たちは多いですね。またすでに自身がトップになっている方たちも大勢います。私は会社では専務というナンバー2の立場ですから、トップとして会社を経営しながらこの活動に取り組んでいる方はすごいと思いますね。それに公認会計士や弁護士など、士業の方も一定数います。

佐藤 みなさん、その中でリーダーシップを学んでいかれる。

野並 はい。当然ながらリーダーシップは一通りではなく、力強く引っ張っていくものもあれば、なるべくみんなに任せるようなやり方もあります。今年は野並晃のやり方をさせていただいていますが、組織内では多様なリーダーシップを担保していかなければいけない、と考えています。

佐藤 政治家への登竜門という側面もありますね。

野並 政治家にJCの先輩はたくさんいらっしゃいます。麻生太郎財務大臣(当時)をはじめ、菅内閣の閣僚の半分以上はJC経験者でしたし、小泉進次郎さんは横須賀JCの現役の会員です。

佐藤 小泉さんは政治家という職業で会員になっているわけですか。

野並 そうです。それから世代が近いところでいえば、自民党青年局長の牧島かれんさんは小田原のJC出身です。

佐藤 国会だけでもそれだけいるのでしたら、地方議会はすごい数になるでしょうね。

野並 現役の県会議員、市会議員もいますね。私の出身母体である横浜JCにも現役の横浜市議がいますし、他の地域で、これから市長選に出ようとしている先輩もいます。やはりJCの活動を通じて地域のネットワークができますから、そこをうまく活用しているようです。

■価値を再発見する


佐藤 JCの活動は基本的に手弁当というか、ボランティアです。しかも単年度主義で、任期の1年間で目に見える結果を出さなければなりませんから、その点は大変でしょう。

野並 行政でも企業でも単年度の予算で動いていることを考えれば、同じような時間の流れですが、普通なら一つの部署に最低でも2、3年はいるでしょうから、中期の計画ができますよね。それがJCではできません。ただその1年で動くというスピード感は、JCだからこそ味わえるもので、非常に濃密な時間になります。それだから一所懸命に打ち込めるという面があります。

佐藤 今年の野並JCはどんな方針で活動を行っているのですか。

野並 実は今年度は、あえて日本JCから明確な旗を立てていないのです。いまはダイバーシティ(多様性)やインクルージョン(包摂)といった言葉がさまざまなところで用いられるように、一つの価値観で物ごとが進んでいく時代ではなくなっています。ですから、全国の組織を一つの方針で同じ方向に向かわせる仕組みにしませんでした。

佐藤 なるほど、それも一つのカラーですね。ただその場合でも、野並JCはまとめ役として活動を統合調整していく立場にあります。活動としてはどこに力点を置かれているのでしょうか。

野並 一律の統一方針がない中で、取り組むテーマを事業別に分け、35の会議、委員会を作りました。その一つに「質的価値創造会議」があります。この「質的価値」は私が発信していきたいと考えていたものです。

佐藤 それには、どんな意味が込められているのですか。

野並 「質」の反対語である「量」なら、客観的かつ明確な基準でモノを判断できます。でも質はそんな単純なものではありませんよね。質についてはそれぞれ価値観が反映されますから、質を中心に考えれば多様性が担保できます。

佐藤 なるほど。

野並 日本JCは、各地域からの代表が集まっていますが、その地方ごとに固有の文化や歴史があり、そこに多様な価値観が育まれています。その価値観にいろいろな方向から光を当てることで、地域の根っこにあるものを再発見していきたいんです。その思いが「質的価値」という言葉に込められています。

佐藤 例えば、どんな活動があるのですか。

野並 一例を挙げると、深海魚ですね。深海魚は漁師さんからしてみれば、獲れても売り物にならない魚ですよね。

佐藤 捨てるしかないでしょうし、実際、そうしていますよね。

野並 ただその深海魚を価値あるものと思っている人たちもいるわけです。例えば学校や博物館には、標本としてのニーズがある。

佐藤 ダイオウイカやリュウグウノツカイのような生き物ですね。

野並 はい。ゴミのように扱われていた深海魚を必要な方のところへ届けるようにする。つまりその価値を再発見して、アップサイクル(創造的再利用)する。その活動に私たちは光を当てて応援していく。

佐藤 これはどこの地域ですか。

野並 静岡県の沼津です。

佐藤 確かに静岡県は深海魚が多いですよね。駿河湾は、フィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界ですから、海に入ると急に深くなる。

野並 同じように、沖縄ではある割合でサメが獲れるんですね。漁師にとっては困りものですが、そのサメを、サメ皮を活用した事業を行う業者に繋いでいる人がいます。そうしたところに注目する。

佐藤 新しい価値を見つけることで地域を活性化させていく。

野並 価値はゼロから作る必要はありません。すでに地域の根っこの部分にあります。私たちは、いわば価値の原石を見つけだして、それにいまの文脈から光を与えるのです。

佐藤 つまりは地域の中で頑張っている人を掘り起こすわけですね。

■ローカルを目指した崎陽軒


野並 これらは地域経済を念頭においたものですが、一方では「ベビーファースト運動」というメニューもあります。これは「総活躍社会確立委員会」が掲げる運動の一つで、いま大分県のJCが積極的に取り組んでいます。

佐藤 どんな活動なのですか。

野並 文字通り、赤ちゃんを第一に考えるということで、それを街づくりの観点からやっていこうとしています。例えば託児所の設置や、妊婦、赤ちゃん連れの方に対する優先レジ、優先駐車の推進ですね。また会議に子供を連れてこられる雰囲気を作り出すような働きかけもしています。それによって子供を産み育てやすい社会を実現したい。

佐藤 こうした試みは、大学とうまくジョイントするといいですよ。私はたまたま同志社大学で教え、学長顧問も務めていますが、同志社には日本で唯一「赤ちゃん学研究センター」という研究所があります。赤ちゃんの睡眠や遊び、あるいはロボットがいる環境での反応など、赤ちゃんに関するさまざまな調査研究を行っていますが、そうした組織と組めば、活動はぐんと広がっていくと思いますね。

野並 全国でやろうとは強制していないので、大分県が先行していますが、これはどんどん広がっていけばいいと思っています。

佐藤 このテーマに限らず、大学と組むのは一つの選択肢だと思います。この分野だったら東京大学の生産技術研究所が強いとか、あの問題ならSFC(慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス)が得意とか、どんなテーマでも必ずどこかに研究している大学があります。JCの中にはその大学の出身者もいるでしょうから、そこを入り口に、助成金を入れてJCを冠にした研究を行ったり、共同調査をしたりすればいい。うまく大学と連携できれば、テーマが深まりますし、成果も出せると思います。

野並 ありがとうございます。参考にさせていただきます。

佐藤 JCとして、コロナ対応で何かの活動や問題提起はされていないのですか。

野並 それは昨年に2度、政府に提言させていただきました。早い段階で家賃補償の問題を取り上げましたし、どうすれば会議などで安全に人が集まれるかを議論して、カンファレンスガイドラインも策定しました。今年はコロナ対策というよりは、コロナ禍でも存続しなければならない地域の課題をどう解決していくか、という方向へ活動をシフトさせました。

佐藤 お話をうかがっていると、野並さんは何にもまして、地域へのまなざしが強く感じられますね。そこにはやはり、全国展開するか悩んでいた崎陽軒をローカルブランドに徹すると決断した尊父の直文社長の影響がありますか。

野並 大いにありますね。いま会頭としてやらせていただいていることの多くには、野並晃の半生と崎陽軒での経営が強く出ています。

佐藤 私は、直文社長に3度お目にかかったことがあります。最初は直文社長が横浜支部長を務めておられる内外情勢調査会の会合でした。そこで意気投合して、2年ほど前にはプレジデント誌で対談したこともあります。シウマイの全国展開をすべきかどうか悩んで、当時、一村一品運動で知られた大分県の平松守彦知事を訪ねて、「真にローカルなものこそインターナショナルになる」という話を聞きローカルブランド化を図った、とおっしゃったのは強く印象に残りました。

野並 存じております。地方への視線もそうですし、ゼロから一を生み出す必要がないということも、シウマイなんですね。曾祖父が横浜の名物を作る際、南京街、いまの中華街で出されていた焼売を見て工夫して作ったことが元にあります。

佐藤 直文社長は「ローカルに行動する」という方針のもと、地域の活動にたいへん熱心で、息子にもJCをしっかりやってもらいたいと、当時からおっしゃっていました。

野並 私は2013年に横浜JCに入会し、2019年には理事長を務めさせていただきましたが、父も祖父も横浜JCで理事長を務めていましたから、3代続けて、ということになります。


■最後の学び舎JC


佐藤 横浜JCの理事長時代には、どんな活動をされたのですか。

野並 横浜には横浜の課題がありました。現在、横浜の人口はまだ増えていますが、私が理事長を務めた当時は、2019年をピークに人口がどんどん減っていくといわれていました。横浜は、ビルが立ち並び、会社の数も多いように見えるのですが、基本的に支社の街です。

佐藤 それは法人税収入が少ないということですね。

野並 その通りです。そこへ人口減となれば、税収は下がる一方です。だから街づくりに必要な予算がどんどん少なくなる。それは街の衰退につながります。その対策の一つは、交流人口を増やすことです。例えば、MICE(Meeting, Incentive travel, Conference/Convention, Exhibition=会議、研修旅行、大会、展示会)が重要になってくる。そのためには、まずキャッシュレスの普及だということで、地元の商店街にQR決済を導入いただくよう提案して回りました。

佐藤 そうしたインフラが整えば、観光客もお金を落としますからね。反応はいかがでしたか。

野並 当時はまだまだ、という感じでしたね。ただコロナで非接触が進み、キャッシュレス決済が主流になってきましたから、「そういえば、あの時JCがキャッシュレスを推進していたけど、やっぱり必要だったんだ」と思っていただければ、うれしいです。

佐藤 そうなれば、その後のJCの活動の受け入れられ方も変わってきますからね。

野並 もう一つはナイトタイムエコノミーを充実させることです。横浜は日本の玄関口です。横浜港はあるし、羽田空港も近い。訪問客は年間約3500万人いますが、宿泊者は500万人程度です。

佐藤 東京からだと、横浜に泊まるということはないですからね。

野並 そう、日帰りなのです。泊まらない分だけ、使うお金が少ない。ですからナイトタイムエコノミーの活性化を打ち出して活動を行いました。

佐藤 横浜といえば、先の市長選挙ではIR(統合型リゾート施設)反対を掲げる山中竹春氏が当選しましたね。

野並 横浜JCは、ずっとIRを推進してきただけに残念なことでしたが、370万人の市民の決断ということですから、それは尊重しなければなりません。ただ人口減は確実に起きますから、住民税以外を増やしていく施策がないと、横浜という街は地盤沈下してしまいます。

佐藤 IRはカジノばかりが注目されましたが、それだけではないですからね。もっともIRに限らず、他にもやり方はあります。

野並 その通りで、手法はたくさんあると思います。カジノはともかく、横浜の将来を考えれば、5年、10年後にIR的な視点が必要になる。その種まきはできたかなとは思います。

佐藤 そうした将来を考える視点を得られるのがJCのよさです。

野並 私は、JCによって国家のことや地域のこと、あるいは世界が抱える課題について、純粋に考える時間を与えられている気がします。この歳(とし)でそうした時間が持てるのは、JCという組織だけかもしれない。「JCは人生最後の学び舎(や)だ」と表現される方もいますが、その通りだと思います。

佐藤 みなさん、会議を幾度も開き、その活動に一所懸命に汗をかいている。その膨大な時間と労力、持ち出しの費用を合算すると、経済的には凄まじい額になりますよ。それはJC以外の人には見えていない。その中で外部の人を巻き込みつつ、一つ一つ成果を積み上げていくことは、リーダーになる人たちにとって、非常にいい経験になるでしょうね。

野並 はい。40歳を超えた時、このJCで培った経験をどう生かすかを、当然考えることになります。JCで得るものは、社会問題の解決という大きなテーマに取り組む基礎にもなりますが、自分の地域で、自分の本業で物事を動かしていく糧にもなります。この組織は、人それぞれに使いようがあるところが面白い。ですから私も、この一瞬一瞬を大切にして取り組んでいきたいと思っています。

野並 晃(のなみあきら) 日本青年会議所会頭
1981年神奈川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。同大学院経営管理研究科修了。2004年キリンビール入社、3年で退職し07年崎陽軒入社、16年より専務取締役を務める。一方、13年に横浜青年会議所入会。横浜開港祭室室長、副理事長を経て19年に理事長。20年には日本青年会議所の副会頭となり、今年第70代会頭に就任した。

「週刊新潮」2021年10月7日号 掲載

関連記事(外部サイト)