「スシロー」「くら寿司」が“回らないサービス”を続々… 1000円超「すき焼き海鮮弁当」の狙い

 回転寿司は、1958年に東大阪の寿司店が始めたとされる。以来60年以上にわたって親しまれてきた形態だが、最近、回転寿司チェーン各社は“回らない”サービスにも力を入れはじめた。マーケティングアナリストの渡辺広明氏がレポートする。

 ***

 11月9日、スシローの事業発表会が東京・八重洲口店で行われた。今後のテイクアウトについての取り組みが主に明かされたこの場には、あきんどスシロー代表の堀江陽氏と並び、見慣れぬ男性がわれわれ報道陣の前に立った。代々木上原にあるフレンチレストラン「sio」オーナーシェフの鳥羽周作氏だ。

 発表会の目玉は、スシローとsioが組んだテイクアウト限定メニュー「すき焼き海鮮しゃり弁」。酢飯とすき焼き、そしてサーモンやイクラといった海鮮が同居する異色のコラボ食で、値段は1100円(税込み、以下同)。11月10日〜12月14日、2022年1月4日からの期間限定で販売されているそうだ。

 コンビニなどで売られる弁当との最大の違いは「冷たいまま食べる」点にある。スシローが売るだけあって、ちらし寿司のようなイメージだ。海鮮はともかくすき焼きが冷たくて大丈夫なのか……と思われるかもしれないが、後日、実際に口にしてみると、酢飯の酸味が、冷えた肉の脂と絶妙にマッチし、なかなかおいしかった。醤油をかけずに食べることが推奨されている。

 発表会ではさらに、12月15日からコラボ第二弾として「すき焼き海鮮おせちらし」を販売するとの告知もあった。やはりテイクアウト限定で、「しゃり弁」と共に、他では食べられないメニューとして企画されたという。値段は1890円。このふたつの商品は、近年、スシローがテイクアウトに力を入れていることの象徴といえる。

 スシローは今年に入って、テイクアウト専門店「スシローTo Go」をつぎつぎとオープンさせている。20年秋に兵庫県・JR芦屋駅の改札横に実験店をはじめ、今年の2月に千葉・我孫子で正式に1号店を開店させた。当初の“21年中に15店舗”との目標はクリアし、現在までに東京、愛知、奈良、神奈川など全国に17店舗を構える(スシロー併設店含む)。従来のスシロー店舗でも持ち帰りは行っているが、「To Go」は近隣のスシロー店舗で握った寿司を店頭で販売するのが大きな特徴。駅中などの省スペースでも出店できるのが強みだ。ちなみにスシローは持ち帰り寿司の「京樽」を今年4月に傘下に収めている。こちらもテイクアウト注力に拍車がかかる要素になりそうだ。このほかデリバリーでも、ウーバーイーツや出前館など6社と組んで力を入れている。


■くら寿司は「ドライブスルー」を拡大


 回転寿司チェーン業界のトップはスシローだが、これを追いかけるのがくら寿司だ。こちらの取り組みもなかなかユニークである。同社の広報部によると、

「当社ではドライブスルーの『くるまdeお持ち帰り』実施店舗を徐々に拡大してきました。現在、全店舗のおよそ4割にあたる、約200店舗で実施しています。メニューでは、お子様がご自宅でお寿司屋さんごっこができる『おうちでくら寿司セット』(1080円)や、店内で人気のうどんとセットになった『人気寿司&うどん サンキュー!セット』(390円)が好評です」

 そう、寿司はテイクアウトをするにしても、人数分を買うと“かさばる”ことがままある。その点、くら寿司のドライブスルーは、車を持っていればなかなか使いやすい。ドライブスルーといっても、マクドナルドやスターバックスの対応店舗のように専用の窓口が店にあるわけではなく、駐車場内の指定された場所に車を止め、店員が運んでくる商品を受け取るという仕組みだ。アナログといえばアナログだが、昨夏の段階で「くるまde〜」対応店舗は100店舗ほどだったから、1年で2倍に増えたことになる。むしろ導入ハードルの低さがあったからこそ「非接触」を求められたコロナ禍に素早く対応できたと言えるだろう。

 人気のメニューが“お寿司屋さんごっこ”ができる商品というのも、「ビッくらポン!」(食べた皿の枚数に応じて遊べるくじゲーム)でキッズの心を鷲掴みにするくら寿司らしい。シャリと具材が別々についてくるという構成で、昨年までは「くら寿司」の紙製帽子もついてくるという凝った内容だった。同社の広報部はこうも語る。

「お持ち帰りは、コロナ禍で改めてその利便性に注目頂いたように思います。一時期はコロナ前に比べ、3倍程度にご注文が増えました。緊急事態宣言があけた今でも2倍程度を維持しています。イートインとお持ち帰りをうまく使い分けてくださっているようです」


■もはや「寿司」すら売らない業態も


 テイクアウト以外でも、スシローは食材の予約販売「スシロー市場」を昨年につづき期間限定ではじめる。年末年始にあわせた冷凍食材を、事前注文を受けて店舗で販売するもので、お渡し期間は21年12月1日〜22年1月4日まで。ラインナップには「あわびやわらか煮」(2180円)や「北海道産上いくら」(3940円)など。

 もはや売るのは寿司ですらないというわけだが、それはくら寿司が大阪府貝塚市で運営している「くら天然魚市場」も同じ。こちらは漁場直送の海鮮を売る「魚屋」だ。毎朝8時にLINEやSNSでその日の入荷がアナウンスされ、たとえば11月15日のお勧めは「天然もみじまだい」(1166円)「天然あおりいか」(842円)だった。

 回転寿司チェーンが「回転しない」業態に注力するのはなぜか。大きいのは、イートインに依存した経営のリスクがコロナ禍で明らかになったためだろう。ここ数年、スシロー、くら寿司ともに都心に店舗を増やしているが、加えてコロナ禍によって空きテナントが増え、テイクアウトに向いている駅前などへの出店が可能になった。とはいえ、ただテイクアウトに参入しただけでは、既存や街中の宅配寿司と競合してしまう。その対応策として、スシローのコラボ弁当やくら寿司のごっこセットなど、ちょっと変わったメニューも用意しているのだ。

 この2社ともなれば、海鮮の仕入れに関しては、他にない一日の長があるだろう。事業ポートフォリオ(組み合わせ)を拡大し、魚の総合企業として、今後は競争していくのではないだろうか。

渡辺広明(わたなべ・ひろあき)
流通アナリスト。株式会社ローソンに22年間勤務し、店長、スーパーバイザー、バイヤーなどを経験。現在は商品開発・営業・マーケティング・顧問・コンサル業務など幅広く活動中。フジテレビ『FNN Live News α』レギュラーコメンテーター、デイリースポーツ紙にて「最新流通論」を連載中。

デイリー新潮編集部

2021年11月17日 掲載

関連記事(外部サイト)