インバウンド不況で店舗減 「ラオックス」が始めたアジア食品店の意外なターゲット

インバウンド不況で店舗減 「ラオックス」が始めたアジア食品店の意外なターゲット

11月25日に東京・吉祥寺にオープンした「亜州太陽市場」

 2009年に中国企業の傘下に入った「ラオックス」は、家電量販店から訪日外国人向け免税店へとシフトし、一時はインバウンド特需を象徴する存在となった。ところが折からのコロナ禍によって、店舗の休業・閉店が相次ぐ事態となっている。そんな同社が始める「アジア食品専門店」は果たして吉と出るのか。マーケティングアナリストの渡辺広明氏が取材した。

 ***

 2020年のはじめに32店舗あったラオックスだが、現在は東京に5店舗、京都に1店舗を構えるのみ。今年8月の時点では北海道や大阪をふくめ13店舗だったから、新型コロナウイルスの感染者数が減った今も、同社の苦境は続いているといえるだろう。ただし、最近は国内に目を向けた業態で再起をはかろうとする動きもある。そのひとつが、12月3日に東京・自由が丘にオープン予定のセレクト化粧品店「LAOX BEAUTY AIRPORT」。そして11月25日に東京・吉祥寺に開店した食品店「亜州太陽市場」だ。どちらもアジアに特化した商品を展開する。

 開店から初の週末を迎えた11月28日に「亜州太陽市場」を訪問した。訪れたのは昼過ぎだが、入店待ちで20人ほどの列ができていた。オープニングセールということもあり「25日の開店時からずっと列ができている」(近隣住民)そうで、期待の高さがうかがえる。

 およそ140平方メートルの店内は、「調味料 中国」「食品 韓国」といった形で、ジャンルと国別の棚で商品が分けられている。公式の情報では、150種類のインスタント麺や240種類の調味料など、アジア12の国と地域の食品を1400品揃えているという。免税店として外国人観光客を相手にしていたラオックスならではの仕入れルートがあるのだろう。すでに品切れの商品もあって、たとえばセール価格で298円(税込)になっている目玉商品「農心 辛ラーメン5袋」は在庫がなかった。ほかに新大久保の人気韓国料理店「金達莱」の総菜や、冷凍食品も置かれている。

 店内には会計待ちの列もできていた。これほどまで「亜州太陽市場」が人気なのはなぜか。どういった層に需要があるのか。


■「旅行気分を味わいたい」需要だけでなく…


 ひとつにはまず、コロナで海外旅行にいけない人々の需要があると想定される。店内に並ぶのは、日本のスーパーマーケットや小売店ではまず見かけない商品が多い。店を訪れるだけで異国情緒が味わえ、楽しい。ライバルとしては外国食品を多く扱う「カルディコーヒーファーム」あるいは「ドン・キホーテ」が想定されるが、こちらはアジアに特化していないぶん、「亜州太陽市場」のほうが特色を打ち出せているように感じた。

 上記の国々の商品のほか「亜州太陽市場」にはラオスのビール「ビアラオ」も置かれている。「亜州太陽市場」と取引しているビアラオの正規代理店・寮都産業株式会社の村松賢志代表は、同店について「“在留外国人のインフラ”になることも想定していますね」と、次のように語る。

「弊社ではラオスのほか、ベトナムやタイといったアジアの国々の食品の卸も手掛けており、日本国内で暮らす外国人の方々を相手にするお店とも取引をさせて頂いています。そうした取引先は、コロナ禍でさらに増えました。ベトナムの食品を扱うお店の数でいえば、これまで10軒ほどだった取引先が全国で300軒ちかくにもなったのです」

 出国が制限されて帰れず、“母国の味”を求める人びとの需要がまずある。また、コロナで不振の飲食店から食品を扱う小売業に業態転換、もしくは食品販売でなんとかウイルス禍を乗り越えようという店が増えたことが、その背景にあると考えられる。

 村松代表の会社の取引先だけを見ても、いわゆる外国人コミュニティ向けの店が、日本にこれだけの数あることに驚かされる。折しも岸田政権が、外国人労働者の受け入れを拡大すると報じられた。こうした外国人向け小売りの需要は今後ますます高まるはずで、それを大企業ならではの品揃えで応えるのが「亜州太陽市場」の狙いなのだろう。村松代表によれば、イスラム法にのっとって作られた「ハラル認証」食の需要は高いという。日本国内の生産だけでは、こうしたニーズに応えるのは難しいことだろう。


■中国企業のスピード感


 かつて化粧品会社の開発に携わっていた頃、ラオックスが大阪に「ラオックスビューティー」を新規出店するにあたり、取引をしたことがあった(この店舗もコロナで閉店してしまったようだ)。新規出店の話が立ちあがってから、わずか一カ月でオープンとなり、そのスピード感に驚かされた記憶がある。

 免税店の不振を受け、まったく異なる業態の「亜州太陽市場」に挑むことができたのも、中国企業ならではのスピード感ゆえのものだろう。相次ぐ閉店も判断の速さと言える。万策を講じて新規ビジネスを始める日本企業との違いを感じた。

渡辺広明(わたなべ・ひろあき)
マーケティングアナリスト。株式会社ローソンに22年間勤務し、店長、スーパーバイザー、バイヤーなどを経験。現在は商品開発・営業・マーケティング・顧問・コンサル業務など幅広く活動中。フジテレビ『FNN Live News α』レギュラーコメンテーター、静岡朝日テレビ『とびっきりしずおか!』、ニッポン放送『垣花正あなたとハッピー!』レギュラーコメンテーター。

デイリー新潮編集部

2021年11月30日 掲載

関連記事(外部サイト)