1本70円「ガリガリ君」の苦悩 アイスも軒並み値上げの中でいつまで耐えられるか

1本70円「ガリガリ君」の苦悩 アイスも軒並み値上げの中でいつまで耐えられるか

ガリガリ君"価格据置き"の訳

1本70円「ガリガリ君」の苦悩 アイスも軒並み値上げの中でいつまで耐えられるか

ガリガリ君

 テレ朝newsは6月27日、「【速報】東京都心で3日連続の猛暑日 6月としては観測史上初」の記事を配信し、YAHOO!ニュースのトピックスにも転載された。

 ***

 記事タイトルの通り、異常とも言える猛暑が続いている。

 だが、経済的な観点に立つと、夏季の平均気温が1度上昇すると数千億円の経済効果が得られると言われている(註1)。

 暑さで売上が伸びる商品の代表といえばアイスクリームと氷菓だ。担当記者が言う。

「アイスは気温が22度を超えると売れ始め、28度が売上のピークと言われています。更に上昇すると、氷菓やかき氷が人気を集めます。また10年ほど前から、アイス業界の売上は基本的に右肩上がりです。かつては子供のおやつでしたが、近年は大人向けの商品がヒット。消費者の裾野を拡げることに成功したからです」(註2、3)

 日本農業新聞社は6月21日、「21年度アイスクリーム販売額 2年連続過去最高に プチぜいたく需要取り込み」の記事を掲載した。

《アイスクリームの2021年度の市場規模が5258億円となり、2年連続で過去最高を更新したことが20日、日本アイスクリーム協会のまとめで分かった。新型コロナウイルス下の「プチぜいたく」需要を取り込み、高価格帯の商品が売り上げをけん引した》


■明治と森永


 だが今後、アイス業界では値上げラッシュが起きる。これは売上にどのような影響を与えるだろうか。

 まずは値上げの状況を見てみよう。例えば朝日新聞は4月7日、「明治、アイスクリーム値上げ」の記事を朝刊に載せた。

 記事によると、値上げは6月1日出荷分から。「エッセル スーパーカップ 超バニラ」(200ミリリットル)は税別価格(以下同)で10円アップの150円になるという。

 4月6日に明治が発表した広報資料によると、値上げされるアイスは21品目。「チョコレートアイスパフェ」(185ミリリットル)が140円から150円、「宇治金時」(65ミリリットル×6本)が350円から380円という具合だ。

 また「エッセル スーパーカップミニ 各種」(90ミリリットル×6)が450円から480円となるように、“詰め合わせ商品”も値上げの対象となっている。

 森永乳業も6月1日出荷分から値上げを行うと発表した。人気の「ピノ」、「PARM(パルム)」、「MOW(モウ)」は140円から150円となる。

“詰め合わせ商品”も同じで、「PARMチョコレート(6本入り)」(55ミリリットル×6)は450円から480円に値上げされる。


■値上げラッシュ


 日本食糧新聞は4月27日、「ロッテ、アイスと菓子を値上げ」の記事を掲載した。

 値上げとなるのは、市販用マルチアイスクリーム16品、レディーボーデン各種15品、業務用アイスクリーム79品、アイス自動販売機商品9品、市販用パーソナルアイスクリーム18品だという。

 特に「爽」(190ミリリットル)、「クーリッシュ」(140ミリリットル)、「モナ王」(160ミリリットル)、「雪見だいふく」(47ミリリットル×2)などの人気商品は、7月1日出荷分から140円を150円に値上げする。

 また「爽」(90ミリリットル×4)などの“詰め合わせ商品”をロッテは「マルチアイスクリーム」と称している。こちらは6月1日出荷分から350円を380円に値上げする。

 他にも江崎グリコや井村屋、ハーゲンダッツジャパン、オハヨー乳業……などなど、ありとあらゆるアイスの値上げが発表されている。

 その中でも注目を集めているのが、赤城乳業の値上げだ。まず、新聞記事を引用させていただこう。


■値上げしなかった赤城乳業


 時事通信は6月10日、「ガリガリ君ソーダ箱値上げ=1本売りは76円維持−赤城乳業」の記事を配信した。

《赤城乳業(埼玉県深谷市)は10日、アイスキャンディーなど29品目を9〜10月に値上げすると発表した。人気の「ガリガリ君ソーダ」は9月1日、7本入りの箱商品を税込み378円から410円に引き上げる。1本売り商品は「子どもたちに長く食べてもらいたい」(担当者)として76円で据え置く》

 なぜ、ガリガリ君で有名な赤城乳業が値上げを決断すると、世間は注目するのか。その謎を解く鍵は、同社の“経営姿勢”にある。

 日経ビジネスは2021年12月15日、「『ガリガリ君』安さ追求への執念 10円の値上げ、議論は2年越し」の記事を配信した(註4)。

 記事は2016年4月、赤城乳業がガリガリ君の値上げに際し、“お詫び広告”を出して話題を読んだことから始まる。

 25年間据え置いてきた60円を70円に値上げしたためだ。赤城乳業は日経ビジネスの取材に「10円値上げするために、2年以上も議論した。こんな会社は他にないだろう」と答えている。


■尋常ではない“企業努力”


 同社ができるだけ値上げを避けてきたのは、苦い経験があるからだという。

《1979年、オイルショックの余波で当時の主力商品「赤城しぐれ」を30円から50円に値上げした。すると売り上げが激減。会社が危機にひんするほどの打撃を受けた。社内には「値上げは最終手段」という教訓が根付いた》

 更に、ガリガリ君の場合、《81年の発売当初から「小学生が気軽に買える」というコンセプト》を大切にしてきた。

《消費税導入の影響から91年に一度値上げしたものの、その後の25年間は60円を維持した。これを支えたのは地道なコスト改善の積み重ねにほかならない。2010年には、約100億円(註5)を投じて大量生産向けの新工場を建設。生産ラインの専用化による生産効率の向上や販売増により、上昇するコストを吸収し続けた》

 ここまで値上げを避け続けた企業が、とうとう値上げを決めたのだ。

 例えば9月1日出荷分からは、「ガツン、とみかん」(90ミリリットル)が140円から150円、10月1日出荷分からは「練乳最後まで赤城しぐれ」(100ミリリットル・スティックタイプ)が100円から110円という具合だ。


■相次ぐ値上げラッシュ


 ただし、注意していただきたいのは、赤城乳業が値上げするタイミングは9月と10月だということだ。今夏はガリガリ君だけでなく、他の商品の価格も据え置かれることになる。

 これほど値上げに慎重な姿勢を示す会社が、どういう背景から値上げを決めたのか、赤城乳業開発マーケティング本部に話を聞いた。

「何より原材料の値上げラッシュが続いているのが大きいです。チョコレート、植物油脂、卵、包装紙、プラスチック、いずれも数十%以上の値上げとなっています。輸送コストや保管コストも上昇しています。トラックのガソリン代や、倉庫で必要な電気代が上昇することなどで、追い打ちをかけられた格好です」

 そういう事情なら仕方ない──と思った人は決して少なくないだろう。実際、赤城乳業には「無理しないでください」、「値上げしてください」という声が寄せられているという。

 だが、今回の値上げで一件落着とはならない。なぜなら、今回の値上げにはウクライナ情勢や円安の影響は「含まれていない」からだ。


■ウクライナ情勢


「今回の値上げは、ポスト・コロナで原材料の獲得合戦が起きたことを反映したものです。感染拡大が沈静化に転じ、全世界で需要が復活。各国が争って資源や原材料を求めるようになって価格が高騰しました。また、物流が混乱したことも価格を上昇させました。そのため、例えば円ドルのレートで言えば、今回の値上げは1ドル123円を想定したものです。今の130円台は計算に入っていません」(同・開発マーケティング本郡)

 となると、ロシア軍によるウクライナ侵攻が長引いたり、1ドルが140円台を突破したりすれば、更なる値上げが必要な事態もあり得る。

「弊社の場合は今のところ全くの白紙ですが、食品業界全体の報道を見ると、『第2弾、第3弾の値上げは折り込み済み』と予想されています。ウクライナは農業国ですから、戦乱で小麦が出荷できず、アフリカなどでは飢餓の可能性が懸念されています。私どもの業界でも、アイスクリームのコーンは小麦粉ですので無関係ではありません。更に、ウクライナ産果汁の減産の影響がヨーロッパに波及し、その影響が出ています」(同・開発マーケティング本郡)


■企業理念との関係


 これほど厳しい状況でも、赤城乳業は9月まで値上げをせず、その後もガリガリ君の1本売りは価格を据え置く。なぜなのだろうか。

「テクニカルな面では、アイス業界は薄利多売です。そして、100万円の商品も、100円の商品も、基本的に物流と倉庫保管にかかるコストは変わりません。アイスや氷菓の場合、原材料の高騰は値上げで吸収できたとしても、物流やエネルギーコストは難しいものがあります」(同・開発マーケティング本郡)

 その上で、赤城乳業が“経営姿勢”として、値上げをできるだけ避けてきた歴史が加わる。

「昔、アイスは子供のおやつでした。ところが、長年、値上げせずに頑張っていると、かつてガリガリ君を買ってくれた子供が大人になっても買ってくれるようになります。値段が変わらないことで、『価格が昔のままで懐かしい』とか、『こんなに安かったんだ』と手に取ってくれるのです。値段を上げること自体は簡単です。しかし、今、ガリガリ君を買ってくれている小学生が40年後も買ってくれるためには、価格を据え置くべきだと判断しました。私たちの企業理念を踏まえた判断です」(同・開発マーケティング本郡)


■夏は価格据え置き


 たとえ猛暑で売れに売れたとしても、値上げは9月からだ。赤城乳業にとっては我慢の夏になる。

「最悪の場合、減益減収は覚悟しています。今年の夏が会社の収益にどのような影響を与えるのか、注視しながら商品を提供していきたいと思っています。また、政府からは節電も要請されています。熱中症に気をつけるためにも、アイスや氷菓を食べていただき、健康に気をつけてもらえればと願っています」(同・開発マーケティング本郡)

註1:猛暑になるとアイスクリームが売れないってホント?(週プレNEWS:2013年7月22日)

註2:アイスクリームの謎 売れる気温、サンデーの語源(NIKKEI STYLE:2015年7月24日・小林明編集委員の署名原稿)

註3:アイス市場が低成長の日本で伸び続ける理由 「大人」や「冬」も取り込む戦略が奏功(東洋経済ONLINE:2018年5月20日・経済ジャーナリスト、経営コンサルタント、高井尚之氏の署名原稿)

註4:連載企画「貧しいニッポン」の第5回、同誌の橋本真実記者の署名記事。

註5:赤城乳業によると約150億円とのこと。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)