アマゾンプライム千円値上げ、いつか年額1万円に?

アマゾン・ジャパンがプライム会員年会費を値上げ 再値上げ必至で年額1万円も

記事まとめ

  • アマゾン・ジャパンが4月、「プライム会員」年会費を3900円から4900円に値上げした
  • 今回の値上げで、ざっと30億〜40億円の利益が転がりこんでくる計算だという
  • アメリカでは年額約1万3千円で、日本でも年額1万円になっても不思議ではないそう

アマゾンプライム千円値上げ、いつか年額1万円に?

アマゾンプライム千円値上げ、いつか年額1万円に?

日本も収穫の季節(アマゾン公式サイトより)

 いきなり、約25%のアップである。

 4月12日、アマゾン・ジャパンが「プライム会員」の年会費を3900円から4900円に値上げした。プライムに加入していると、注文から最短2時間で品物が届いたり、一部の映画が無料で見られたりするほか、様々な特典がある。だから、いったん加入すると、なかなか止められないという利用者も多い。アマゾンは、この会費を大幅に引き上げるというのだ。

「日本のアマゾン利用者は約4千万人。そのうちプライムに加入しているのは300万〜400万人と言われています。今回の値上げで、ざっと30億〜40億円の利益が転がりこんでくる計算です」(経済部記者)

 日本で「プライム」のサービスが始まったのは2007年のこと。以来、一度も値上げしてこなかったのに、なぜ今なのだろうか。

「日本でもアマゾンによる“刈り取り”が始まったということです」

 とは、ITジャーナリストの三上洋氏である。

「アマゾンの“プライム”は、アメリカにもありますが、向こうで加入すると年額119ドル(約1万3千円)取られます。しかし、日本では、この会費を戦略的に安くしてきました。その理由は、国内に『楽天』という強力なライバルがいたからです」

 が、今やアマゾンの日本における売上げは約1兆5300億円。ライバルの楽天(電子商取引〈EC〉事業は約8千億円)を大きく引き離している。

「アマゾンのやり方は、シェアを奪うために徹底的に価格を引き下げるというもの。一方で、そのコストを納入業者に負担させ公正取引委員会から立ち入り検査を受けているほど。そうやって市場を奪ったあとは“収穫”に入るだけです」(同)

 先にECトップの座を不動にしているアメリカで、アマゾンは「プライム」の年会費を2回値上げしている。いずれ日本も再値上げは必至。年額1万円になっても不思議ではない、と三上氏は言うのだ。

「週刊新潮」2019年4月25日号 掲載

関連記事(外部サイト)