野村証券元社員「シャンパン王子」の投資詐欺で被害は億超え! 不祥事多発の企業体質

■現役社員が鵜飼いの鵜になった「野村証券」同時多発サギ(2/2)


〈当社元社員による投資詐欺の疑いについて〉と、野村証券が注意喚起を行ったのは、さる7月2日のこと。ニュースリリースは「中村成治(なかむらせいじ)」なる元社員の実名が挙げられ、異例の内容だ。複数の投資家が週刊新潮に被害のほどを語るが、中村の詐欺行為には、野村証券の複数の現役社員も関与しているのだ。

 ***

 この「中村案件」の被害は野村証券内で広域化している。名古屋支店にいた社員から中村を紹介されたと話すのは、京都府在住の会社経営者だ。

「中村を連れてきた野村の社員と私は、彼が学生時代に祇園のクラブでボーイをしていた時からの付き合い。野村に就職したと言うから、私は会社の名義で口座を作ってあげて1億円くらい運用していたんです。そんな矢先、彼の同期の中村という男から1千万円貸して欲しいと言われまして」

 3カ月で50万の金利がつくと説明されたが、昨年11月頃から支払が滞るようになったそうだ。

「旧知の彼に大丈夫かと尋ねたら、“中村を紹介したのは自分なんでケツ拭きます”と、今でもちょっとずつ返してくれているからね。こちらもあまり大事にするつもりはないけど……」(同)

 金持ちケンカせずとはいえ、大人たちの義理人情につけ込み、中村たちは野村の優良顧客から金を集めては、湯水の如く溶かしてしまったのである。


■「シャンパン王子」


 中村を知る野村証券OBが言う。

「野村の社員時代、中村は週末になれば、勤務していた姫路からわざわざ新幹線で大阪まで行き、同期の社員たちと繁華街のクラブで女の子をナンパしまくっていましたよ。中村はチャラくて女好き。六本木の高級クラブでも、泡のお酒を奮発するから『シャンパン王子』と呼ばれていたとか」

 分かっているだけでも被害総額は優に億を超え、未遂に終わったが優良顧客を中村に紹介しようとした本店勤務の営業マンもいて、より多くの社員の関与や被害の実態が明らかになる可能性もある。エリート証券マンだった中村たちは、なぜ悪魔に魂を売ってしまったのか。

「伝統的に野村は“ノルマ証券”と呼ばれるほど上司の締め付けが厳しい職場の割に、業績が揮(ふる)わなくなってからは待遇が良くない。中村の同期は450人ほどいましたが、3分の1ほどが辞めましたね。それだけ現場の不満がたまって“闇営業”に走りやすい環境ではありました。顧客には関連企業の野村不動産ではなく、自分の息のかかった不動産屋を紹介してマージンを稼ぐ輩もいた。中村は仮想通貨にのめり込み損を出したようです」(同)

 事実、19年3月期決算で野村HDは10年ぶりの最終赤字に陥っている。野村証券の会長を務める野村HDの永井浩二CEOは、1400億円のコストカットと国内支店の2割削減を発表したばかり。社内の士気低下は顕著で、今年だけでも信じられない不祥事が続発している。

○1月 野村証券横浜支店の社員が、顧客6人の口座から計5300万円を引き出し着服、詐欺と窃盗容疑で逮捕

○1月 同小岩支店の社員2名が、社員寮内で大麻を所持していたとして逮捕

○5月 野村HD及び証券が、東証の非公開情報を一部の顧客に漏洩したとして金融庁から行政処分

○6月 野村証券社員2名が合コンで知り合った女性を泥酔させて、性的暴行を行ったとして逮捕

 顧客の大事な資産を預かる会社に、およそ似つかわしくない犯罪者の巣窟と化してしまっているのだ。


■「顧客はいいカモ」


「このご時世、証券会社にとって顧客はいいカモだと思われているので、気をつけた方がいいと思います」

 と警鐘を鳴らすのは、『投資なんか、おやめなさい』(新潮新書)の著者で、経済ジャーナリストの荻原博子氏である。

「野村証券は最大手であるがゆえ大量の社員を抱えていますから、足で稼ぐ古い営業体質を変えられない。人員削減に繋がるオンライン化も進まず、新規参入のネット証券や投資信託を始めた銀行にまでパイを奪われているので大ピンチなんです。だから、野村の社内は上層部から末端に至るまで、少しでも美味しい儲け話があれば我先にと飛びつく。倫理観が吹っ飛んだ組織だからこそ、これだけ不祥事が頻発するわけです」

 斯様(かよう)な状況を踏まえた上で、荻原氏はこうも言う。

「投資とは経済全体が上がり調子の時にやるものですが、7月1日に報じられた日銀短観は2期連続の悪化。要は日本経済は下がり調子なわけで、近いうちに増税も行われる。加えて米中貿易戦争など世界経済も不安定要素が多い状況の中で、投資に手を出すのは控えた方がいいでしょう」

 改めて、主犯格の中村に代理人を通して再三取材を求めたが、期限までに回答は得られなかった。

 また現役社員の関与について、野村HDグループ広報部にも問うてみたが、

「警察に相談しておりますので、コメントは控えさせていただきます」

 と言うばかり。ならばと、野村証券の森田敏夫社長を自宅前で直撃したところ、

「プレスに発表させていただいた通りの話なので。それ以上はノーコメントで」

 と言葉少なに答えるのみ。最後まで顧客である被害者たちへのお詫びの言葉を聞くことはできなかった。

 被害男性の一人は、近いうちに刑事と民事双方で告発する準備を進めている。

 多くの詐欺事件で被害者代理人を務める加藤博太郎弁護士の解説によれば、

「今回の事件で詐欺罪が適用されると、過去の判例を踏まえれば実刑は免れない可能性が高い。現役社員も共同不法行為を働いたと見做されれば、彼らに損害の全額賠償を請求することもできます。もともと野村証券は顧客の資産管理を提案するのを生業としていますので、野村の複数の営業マンが元社員の融資案件を持ってきたとなれば、被害者が野村ブランドを信用して買ったと言える。野村証券の業務と、外見上、見られるようであれば、民事上は会社にも使用者責任を問える可能性があります」

 詐欺師に操られた鵜の如く、顧客の資産を喰い散らかした証券マンたち。貴方の資産も鵜飼いに狙われぬよう、どうかご用心――。

「週刊新潮」2019年7月18日号 掲載

関連記事(外部サイト)