高宮敏郎(SAPIX YOZEMI GROUP共同代表)【佐藤優の頂上対決/我々はどう生き残るか】

 浪人生の代ゼミと、難関中学を目指すトップ小学生の通うサピックス。学校が対応できない双極を併せ持つSAPIX YOZEMI GROUPには、日本の教育がどう見えているのか。偏差値の弊害から世界に後れをとる大学の閉鎖性まで、日本の制度の問題点を洗い出す。

佐藤 代ゼミがサピックスを傘下に収めてから10年ほどですが、難関中学受験では圧倒的な存在感がありますね。すでに日本の若いエリート層では、サピックス出身者が大多数を占めている。

高宮 かつては創業者の孫として「代ゼミの高宮」と言われることが多かったんです。それが最近は「サピックスの高宮さんです」と紹介されるようになった。だから昨年末からは代ゼミカラーである赤いネクタイをしているんですよ。「代ゼミの高宮」だぞって(笑)。

佐藤 代ゼミとサピックスというのは面白い組み合わせです。

高宮 代ゼミはやっぱり浪人予備校で、失敗した生徒をサポートしてこそ、という心意気が先生にも職員にもある。一方サピックスは、なるべく失敗しないように今から頑張っていこうね、というスタンスですから、違いはあります。ただ生徒たちが授業に集中できるよう、環境をきちんと整えるという点では同じです。

佐藤 両方あっていいと思います。定向進化は怖いし、ハイブリッドのよさが出てくると思う。

高宮 もう一つの共通点として、先生たちにも教えることだけに向き合える環境を用意しています。

佐藤 そこが学校とは違う。

高宮 今の学校の先生は、授業以外の色々な部分で時間もエネルギーも取られて、授業に集中するのが大変だと思うんですね。

佐藤 教材研究が先生の意欲に任されてしまっていますから、やる人とやらない人で大きく変わってくる。

高宮 ここでは先生たちが自分で入試問題を解いて、テキストを作って試験もやりますから、その中で教授力が磨かれていきます。

佐藤 私は母校の同志社大学で教えているのですが、大学の立場から見て大丈夫かなと思うのは、一部の人を除いて、大学の先生たちは入試問題作りから逃げることばかり考えているんですね。

高宮 研究者ですから。高校生が何をどう学んだかは専門じゃない。

佐藤 同志社は自前で問題を作っていますが、関西の有名私大では、入試問題を予備校に作らせているところがありますよね。

高宮 そういうこともあるでしょう。

佐藤 大学が自前で入試問題を作らないと、高大接続、高校から大学への教育の連続性が失われてしまう。すると大学に入っても授業を理解できない学生が出てくる。

高宮 大学もたいへんですよ。先日、大学の入試担当職員を対象にした大学入試研究会を行ったんです。

佐藤 入試制度が変わりますからね。

高宮 今年で3年目、研究会としては第4回なのですが、「もう改革についていけない」とか、「どうすればいいんだ」というお問い合わせがたくさん来るんです。これまでは、大学が実施する試験の情報を整理して高校の先生や受験生にお届けするのが仕事だった。それが逆に大学から質問されるようになってきた。

佐藤 英語の民間試験のみならず、国語、数学の記述式問題を巡り、国会でも議論が紛糾していますから、現場は相当混乱してるでしょうね。

高宮 受験産業はこれまで受け身で大学と付き合ってきたんですが、これからは私たちからアプローチできることがあるかもしれない。

佐藤 受験産業にはいろいろ批判もありますが、小学校、中学校、高校、大学と、教育機関に欠けている部分をアウトソーシングしていく役割があると思います。

高宮 これは就職活動中の学生さんによくお話しするんですが、我々受験産業は、教育の側面もあるけれどもビジネスでもある。学校教育はやっぱり長い年月をかけて評価されるべきもので、30年、40年後に、あるいは死ぬ時に「ああ、あの教育はよかったな」と思えるようなものがいい教育なんです。一方、受験産業は、中学受験であれば、東京は2月1日に、大学受験ならセンター試験当日にベストパフォーマンスを発揮することが求められている。やはり短い限られた時間の中で目に見える結果を出すことが重要です。

佐藤 受験に求められるのは、総合マネージメント能力です。与えられた条件の中でどう極大の効果を出すかですから、これはどこに行っても必要とされる能力ですよ。

高宮 そうですね。受験技術は、他では役に立たないことをやっているわけではなく、本質的には学問に沿ったものです。創業者で祖父の高宮行男は、学問がやりたかったのに家庭の事情で神官になり、戦後はいろいろな商売をやって予備校を始めました。だから根本には「学問への憧れ」がある。もちろん受験屋ですから、問題も当てたいし、短期間で結果を出したいと思いますが、根っこにあるのは、それなんですよ。

■学校は作らない


佐藤 教育機関のアウトソーシングといえば、グループでは発達支援事業にも乗り出している。今後はさらに多角化していきますか。

高宮 塾でも予備校でも(学校教育法の)1条校である「学校」を作るところがありますが、グループとしてはあくまで受験産業が生業です。私たちは学校は作らない。

佐藤 それはなぜですか。

高宮 私は米国ペンシルベニア大学に留学して大学経営学を勉強してきましたが、アメリカの大学のランキングって100年前から基本的に変わっていないんですよ。ランキングを急激に上げた大学は二つしかなくて、スタンフォード大学とニューヨーク大学です。この2校は100年前は下位にいたのが、いまは上位に位置しています。

佐藤 この二つの大学に対する評価は現在、とても高いです。

高宮 私は中学から慶應ですが、慶應のような人脈を作る学校だったり、知を生み出す東大・京大のような学校だったり、いわゆる名門校をあとから作るのは非常に難しい。それよりは制度の外にいて、教育のお手伝いをすることの方が社会的に大きなインパクトを与えられるんじゃないかと思うんです。

佐藤 私が大学の専任教員にならないのと同じ発想ですね。大学にはそれぞれルールや伝統など、内在的な論理があって非常に面倒くさい(笑)。客員とか学長の特別顧問として外から関わっているほうが、実は刺激を与えられるし、学校もそれを必要としているんです。

高宮 もう一つの理由は中立性です。グループが教育事業をやっている中で学校を持てば、中立性が失われます。例えば、中高一貫校なら、どうしてもサピックスに通っている子供に来てほしい、というバイアスがかかる。

佐藤 全面的に賛成です。乱暴な言葉で言うと、正規の学校は建前をやるところです。学習指導要領があって、文系科目も理系科目も、家庭科だって芸術系の科目だって同じウェイトでやる。特に難関校ほどその建前を保たなければならない。それは受験には関係ないけれども、20年30年経つと役に立つ場合が出てくる。

高宮 おっしゃる通りです。

佐藤 もしサピックス学園ができたとしたら、保護者は当然、サピックスが持っているノウハウに期待し、生徒たちもその手法でやりたいとなる。すると東大に100人入れる学校にはなるけれども、生徒たちがそれでハッピーかというと、それはわからないですね。サピックスが持っているノウハウは、中学、高校、大学に合格するという目的合理性だから。

高宮 教育にはサイエンスの部分とアートの部分があります。東大合格者を数多く出す難関校がどんな教育をしているかというと、アートの部分がきちんとあって、それぞれユニークな校風を作りだしていますね。

佐藤 受験に特化しているわけではない。生徒会やったり、バンドやったり、絵を描いたり。

高宮 文化祭や体育祭もがんばる。

佐藤 それでちょっと外国行ってみるか、とか。おそらく灘、開成、桜蔭、筑駒などに通っている生徒に共通しているのは、読解力の高さです。サピックスは12歳の彼らを送り出しているわけですが、数学と英語を除いて、その時点で難関大学の授業についていける子供たちですよ。だから彼らへの教育法ってないんです。一方で、コツコツ勉強して東大に入る生徒もいる。こちらはカリキュラムを細かく組んで積み上げていくことで成績が伸びる。

高宮 ええ。

佐藤 ただ、そこで怖いのは偏差値です。偏差値には二つの機能があります。一つは加熱です。どんどん勉強させて上を狙わせる。その次は冷却で、実際に受験となったら、あなたの偏差値はこのくらいだから、このレベルにしなさいと諦めさせる。この加熱と冷却をくり返すとどうなるか。

高宮 ヤキを入れるって話ですね。

佐藤 そう。熱した金属を冷やしてヤキを入れると、キレはよくなるけど脆くなる。これは同志社大学の松岡敬学長の言葉です。だから偏差値は上手に使いながら、メンタルのタフネスを作っていかなきゃいけない。

高宮 採用試験で大学生の面接をする時、出身高校について質問するんです。すると「地域の進学校です」とか「地域の2番手校です」という言い方をするのは、ほとんど公立高校の出身者です。私立は「こういう学校です」と少なからず学校のキャラクターを教えてくれる。受験戦争だ、偏差値の弊害だという批判では、私立の進学校のほうが俎上にのぼりますが、実はその物差しの影響が強いのは、公立高校ではないでしょうか。

佐藤 公立高校は原則1校しか受験できませんからね。加熱と冷却の仕組みがはっきりする。学校選びのトラウマがみんなありますから。

高宮 いま公立高校のトレンドは、学区を大きくして能力の高い生徒たちを集めることです。例えば、学区をやめてどこからでもトップ校へ通えるようにする。その高校の東大合格者は増えているんですが、2番手校の生徒たちにヤキが回ってくる。

佐藤 まさにそこが問題です。

高宮 全県区にすると、俺はトップ校じゃないから、地元の国立大学でいいんだ、となってしまう。

佐藤 それが深刻な状態になっている公立高校が首都圏にはいくつかあります。ある女子校の入学偏差値は73もあるのに、進学先のボリュームゾーンはMARCH(明治、青学、立教、中央、法政)です。これだと偏差値65くらいの学校と変わらない。女子校であるとか、浪人をさせないとか、いろいろ原因が挙げられるのですが、どうも納得できない。これはロールモデルがないからだと思います。優秀だなと思っている先輩がそこそこのところに進学すると、後輩もそうなってしまうんじゃないか。

高宮 東大の女子学生の比率が2割を越えられないという問題がありますよね。受験生の中での合格比率に男女差はないので、受験していないわけです。アメリカのトップ校では、私が留学していた2000年代初頭でハーバード大学は半々近くになっていて、いまは非開示になっている。おそらく男女比を出す意義がなくなったんでしょう。やはり国内では女子が東大受験する環境やロールモデルが少ないということでしょうね。

佐藤 そうですね。多くの生徒が東大か医学部を目指す桜蔭という女子校もありますから、環境をどう作るかですよ。

高宮 桜蔭の生徒は理科三類(医学部)に10人近く入ってしまう。ただ、今は全体として少し数は減っています。

佐藤 医学部志向が強いから。東大でなくてもどこかの医学部へ進んでいるんでしょう。

高宮 医者は非常に大事な仕事ですから優秀な生徒が行くのはいいのですが、桜蔭に限らずあまりに医学部志向が強いのは、国としてバランスが悪いんじゃないかと思いますね。

佐藤 それは子どもたちの問題ではなくて、保護者と学校の問題かもしれない。

高宮 それもあります。また地方では、高収入で社会的地位が高いロールモデルはお医者さんくらいしかないという事情もあるでしょうね。


■日本の大学は別の生態系


高宮 トップ校では、進学先として外国の大学に直接行くという選択肢も出てきています。開成高校が海外大学合格実績を発表するようになったのは2013年です。その翌年に、私どもも海外大学の受験をサポートする部門を新設しました。ただ世界の大学の競争が激しくなる中、なかなか日本の高校生がダイレクトに行くのは難しい。

佐藤 この7年ほど毎年、東京の私のもとへやってくる灘校生のグループに講義をしていますが、灘はイエール大学に進む傾向が強いですね。彼らからはよく「東大も受けた方がいいでしょうか」と聞かれます。もう海外の大学に決まっているけれど、東大も気になる。これには「将来日本に戻ってくる気があるのなら、東大に入っておいて秋に中退しなさい」と答えることにしています。海外の大学は秋入学ですから。

高宮 勉強の仕方が違うので、両方受かるのはとても大変ですよ。

佐藤 ただし、灘の生徒は勉強法が身についているので両方合格しますね。やっぱり読解力の高い子たちなんですね。両方受かって、私の助言通りにした生徒もいますし、MIT(マサチューセッツ工科大学)とプリンストン大、ハーバード大と受かって、MITに行った生徒もいます。

高宮 それはすごいですね。全体としては、日本の子供たちはアメリカの大学を含め、トップの大学には行きにくくなっていると思うんです。日本の大学との差がどんどん開いていますから。毎年秋に世界の大学ランキングが発表されますね。日本の大学は200位以内に東大と京大の2校しか入っていない。いい生徒がランキングの高い学校に集まるという正のスパイラルになって、ますます差が開いているのではないかと思います。

佐藤 それはそうですね。

高宮 開成への実進学者の6割くらいがサピックス卒業生ですが、開成としては東大が低評価だと困る。東大が評価されない大学になると、38年間合格者数が一番でも意味がなくなる。その意味ではサピックスとしても東大には頑張ってもらわなければならない。

佐藤 日本の1億2600万人という人口は、中途半端な規模なんです。たいていのことは日本語ですんでしまうし、その中で教育も商売も成り立つ。でも韓国の5100万人だと、国内向けでは限界があるから、英語でやらざるを得ない。論文も英語で書かないと通用しない。だから世界から見ると、日本は別の生態系なんです。

高宮 なるほど。

佐藤 ちなみにロシアもロシア語だけで通用してしまうから、別の生態系です。ロシアの教育は、17歳で中等教育が終わり、大学は5年制です。私は1992年から95年までモスクワ大学で教えていましたが、教育レベルは非常に高かった。でも閉ざされた知の体系になっていた。

高宮 日本もそうなんですね。

佐藤 ええ。それでも日本は西側世界で、アメリカには開かれている。そこでもう一つ言えるのは、私が見るところ、いまだに日本の大学教育は、後進国が先進国の手法を取り入れるキャッチアップ型なんですよ。明治維新の時に、とにかく早く西欧列強に追いつこうと、全国から記憶力と情報処理能力の高い子供ばかりを集めた。多くの分野は薩長土肥が占めたけれど、教育を受ければかなりのところまで上昇できた。その意味では教育がキャリアパスに重要な役割を果たしたわけですが、そのやり方がうまくいかなくなっている。

高宮 いわゆる進学校は、先ほど話に出たアートの部分があって、勉強以外のところでも様々なことをしています。私どもとしては、偏差値ではない部分でも学校を見て欲しい。

佐藤 それぞれ特徴がありますからね。

高宮 やっぱり学校は、その国や地域に根ざしたものなんですよ。それぞれにカルチャーがある。それを切り離して偏差値だけで見てはいけない。この間、ラグビーを観ていて気がついたのですが、アメリカンフットボールはすごく分業化されていますよね。それぞれ専門職で、パンターと呼ばれるボールをキックするだけの選手は、シューズを履かない人もいる。でもラグビーは、フォワードだって最後までフォローしてトライすることもある。この分業化した戦いと全人的な戦いの違いは、英語試験にも表れているんじゃないかと思ったんです。

佐藤 IELTSとTOEFLの違いですね。

高宮 そうです。英語の「読む、聞く、話す、書く」の4技能試験で、イギリスのIELTSは面接官がいて、やっぱりトータルで試験を見たいと考えている。一方アメリカのTOEFLはCBT(コンピュータ・ベースド・テスティング)で、それぞれを機械が採点する。

佐藤 両者の違いはアナロジカルに理解できますよね。

高宮 世界観が違う。私どもには、アメリカの寮制の中等教育機関であるボーディングスクールへの入学をサポートするコースもあるんですが、どんな部活が多いのか調べたら、一番多いのはサッカー。アメフトとか野球は設備にお金がかかるので少なく、特徴的だったのは、格闘技系がものすごく少ないことでした。

佐藤 理由があるんでしょうね。

高宮 アメリカで合気道を教えている知人に聞いたら、「建国時から腰に銃をぶら下げてきたので、近接戦の土壌がない」と言うわけです。

佐藤 闘う前に撃てばいい。

高宮 逆に私の母校の慶應高校は、格闘技・武術系の部活が13もあるんです。これもその合気道の知人に言わせると「福沢諭吉が武士だったからに決まっているだろう」と。

佐藤 なるほどね。

高宮 グローバルに行き来する中では、そうした地域に根ざしたカルチャーが重要になる。私たちとしては、様々な学校に送り出す時に、こうした学校のカルチャーや、ここで何が勉強できるのか、どんな先生がいるのかなど、数字には表せない情報も伝えていきたいと思っています。

高宮敏郎(たかみやとしろう) SAPIX YOZEMI GROUP共同代表
1974年東京生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)に入行し、2000年から代々木ゼミナールの母体である高宮学園に入る。その後、ペンシルベニア大学で教育学博士号を取得(大学経営学)、09年から副理事長。現在はSAPIX小学部などを運営する株式会社日本入試センター副社長も兼務する。

「週刊新潮」2019年12月5日号 掲載

関連記事(外部サイト)