北島義俊(大日本印刷会長)【佐藤優の頂上対決/我々はどう生き残るか】

 本の活版印刷から始まった技術を、包装用品や建築資材、さらには電子工学素材、ICカードにも応用し、近年は医療分野にまで印刷の力で挑む大日本印刷。今や出版物の割合は10%以下だが、一方で書店を傘下に収め書籍の流通網も整備する。巨大印刷会社から見た紙媒体の未来とは?

佐藤 北島会長は、大日本印刷に入られる前に、富士銀行(現みずほ銀行)にいらっしゃったそうですね。

北島 ええ。大学を卒業して、昭和33年に丸の内支店に入りました。

佐藤 実は他界した私の父も富士銀行でして、昭和27年の入社でした。技術者だったのですが、まず小舟町(こぶなちょう)支店に勤務して、その後東京事務センターにおりました。

北島 そうでしたか。私はその後、本店経理部の主計課に行きまして、父のいたこの会社に来ました。

佐藤 銀行での経験は、大日本印刷という会社の経営に役立ったのではないですか?

北島 直接ではなくても、何かはあるでしょうね。

佐藤 資料を拝見して、バブル期に株や不動産に手を出さなかったと知りました。それは銀行にいらした経験があるからじゃないかと思ったんです。

北島 ああ、それはあったかもしれませんね。

佐藤 いろいろな話が持ち込まれたでしょう。

北島 「融資するから、少し不動産をやったらどうだ」とか「ビルを造ったらどうだ」とか言われましたね。でも、それらを突っぱねてきたのがよかった。

佐藤 銀行員は、銀行が借金を剥がす時の恐ろしさをよく知っていますから。そのせいで、私の家の家訓は「借金するな」です。

北島 それはうちもそうですよ。

佐藤 その結果、大日本印刷は長寿企業として今、印刷業の範囲にとどまらない様々な事業を展開されています。

北島 当社は、1876(明治9)年に創業した「秀英舎」と、1907(明治40)年に創業した「日清印刷」が、1935(昭和10)年に対等合併し、現在の「大日本印刷」になりました。両社とも出版を中心としていましたので、創業から75年間は出版物の印刷一筋だったんですよ。

佐藤 日本の出版文化を支えてこられたわけですね。

北島 そこから多角化へ舵を切ったのは、1951年のことでした。出版印刷だけでは限界があるとして、紙だけでなくフィルムなどへの印刷へと展開して包装のパッケージや建築資材への印刷に事業領域を拡げていきました。

佐藤 建材などは、日本の住居に大きな変化を与えていますよね。

北島 当時、住友ベークライトさんが「デコラ」という建材(化粧板)を作っていて、その印刷を手がけたのが最初です。

佐藤 印刷という技術を様々な分野に応用されていった。

北島 よく「木に竹を接ぐようなことはうまくいかない」と言っているのですが、我々は印刷とかけ離れたことはできない。やっぱり印刷分野の製造業ですから、印刷技術を中心に事業領域を同心円状に拡げていく。そこでしか会社を発展させられないと思うのです。我々はそれを「拡印刷」と言っています。

佐藤 「脱印刷」ではなく、「拡印刷」なんですね。

北島 これは私の信念です。昔は、出版以外の仕事はしたくないという人がたくさんいました。パッケージや建材を手がける際には相当な反対があったと聞いています。ですが、それをやらなければ会社を発展させられなかったのは確かなことです。

佐藤 活字を組んでいた人たちは、職人気質を持っていますからね。

北島 そうなんです。だから出版物の印刷においても、活版印刷からコンピュータ組版(CTS)によるオフセット印刷に切り替える時が大変でした。

佐藤 それも日本の印刷文化を変えた大きな転換点ですね。

北島 原稿に従い、活字棚から鉛の活字を順番に拾って箱に納めていくことを「文選」と言います。これは熟練工の仕事だったんです。

佐藤 印刷後や増刷の際の文字直しは「象嵌」と言いますよね。修正する部分の鉛版を切り取ってそこに文字を埋め込む。

北島 そうです。でもそれができる人がどんどんいなくなっていきましたから、CTSに切り替えることは必然でした。今、私どもの会社でも、鉛の活字を見たことのない社員がかなり多いですよ。

佐藤 そうでしょうね。

北島 私どもがCTSを始めた時、なかなかうまくいかず、方々から叱られました。社内でも「あんなものやめてしまえ」という意見がたくさんあった。でもCTSに転換しなかったら印刷業を続けてこられなかったと思います。

佐藤 新しい技術が出る時には当然軋轢(あつれき)が生じますよ。

北島 CTSにしたことで、その後のデジタル化へと繋がり、今の様々な事業があるわけです。

佐藤 デジタル分野や、エレクトロニクスのインフラを支えるモノづくりを多方面でされていますからね。

北島 ええ。エレクトロニクス分野では、1958年にカラーテレビのブラウン管に使う「シャドウマスク」を手がけたのが最初です。テレビは、ブラウン管の奥から発射した電子ビームを蛍光体に当てて映像を作り出しますが、その際にビームを透過させる多数の穴が空いた金属板が必要になります。それがシャドウマスクで、写真製版技術やエッチングの技術などを応用して作ったんです。

佐藤 これまた生活に大きな変化をもたらした。

北島 これを使って翌年、東芝さんが国産初のカラーテレビを発表します。この時は株価が大きく上がりましたね。

佐藤 そこから様々なエレクトロニクス分野、例えば半導体などにも繋がっていく。

北島 会社としては、ICカードへの挑戦なども大きかったですね。当社は磁気カードを早くから手がけておりまして、その応用で1980年代に書き換え可能なICカードを開発しています。普及には時間がかかりましたが、電子マネーなどにも使われるようになり、現在は国内でトップシェアになっています。

■「撤退」が難しい


佐藤 こうしたアイデアは、どういうところから出てくるんですか。

北島 現場で、相手の方とお話ししている中で出てくることが多いんじゃないでしょうかね。

佐藤 北島さんが様々なところで強調されている「対話」ですね。

北島 ええ。ただ単に言葉を交わすということではなく、双方が相手の意図に気がつき、さらに内容を深めていくものという意味合いです。海外の従業員に私の言いたいニュアンスを伝えようと思ったのですが、どうしても英語にしにくいので、あえてローマ字にして「TAIWA」と言っています。「対話(TAIWA)」によっていろいろなアイデアが生まれてくると思っているんですよ。

佐藤 英語で言うと Dialogue、もしくは Dialectics ですかね。

北島 それに近いです。やはり当社だけではアイデアがそれほど出てこない。今、再生医療の分野にも進出していますが、これもきっかけは、半導体製造で使っているフォトマスクの技術を医学関係の方に見ていただいたら、「これは血管再生に使えるんじゃないか」と言われたのです。そこから研究が始まり、東京医科歯科大学とともに血管の模様(パターン)を複製することを通じて、毛細血管を形成する技術につながりました。

佐藤 これは寿命の延長に結びつく技術ですね。先日、文部科学省の役人と会って話をしたら、2050年生まれの子供が100歳を超える確率は54%なんだそうです。

北島 それはすごい数字ですね。

佐藤 血管再生でもっと延びる。ただ延びるのではなくて、健康寿命が延びるでしょうね。

北島 そうですね。

佐藤 医療分野は他にもやられていることがありますか。

北島 血管再生の技術を応用して、現在では、国立成育医療研究センターとミニサイズの腸の作製に成功しました。医薬品などの新しい試験ツールとして開発を進めています。

佐藤 バイオテクノロジーの分野は今後の社会変革の鍵ですから、非常に重要です。『サピエンス全史』や『ホモ・デウス』のユヴァル・ノア・ハラリの最新作『21 Lessons』では、AI技術とバイオテクノロジーが結びつく近未来の問題を描き出していますが、大日本印刷はその両方に足をかけている。

北島 何とかその両方をやっていきたいと思っています。

佐藤 北島会長が社長になられたのは1979年で、39年という長きにわたって社長をされてきたわけですが、経営の要諦はどのへんにあるとお考えですか。

北島 いくつかあるのですが、大切なのは「撤退」でしょうか。出るほうは簡単なんです。けれども撤退するのは非常に難しい。

佐藤 どんなことがあったんですか。

北島 例えば、外国からの撤退ですね。当社は早い時期、1964年に香港に進出したんですが、2003年に香港での印刷は難しいと判断して撤退しました。でも現場は違いますよね。そこでやっている人は、まだできますという気持ちがありますからね。

佐藤 昨年亡くなったのですが、日本債券信用銀行に勤めていた友人がいました。日債銀が潰れて、あおぞら銀行になった時、その有力なビジネスになったのが「撤退のコンサル」だったと言っていました。日債銀が各地で撤退せざるをえなくなった際、地元の従業員から恨まれずに、かつ費用を極小にして撤退するノウハウが蓄積され、それが商品になったんです。

北島 なるほどね。

佐藤 特に海外からだと、誘致の際に優遇措置を受けていたりしますから、政府とトラブルになったり訴訟になったりのリスクがある。

北島 香港では、それはなかったんですが、そこも難しいところですね。

佐藤 撤退の困難さは、情報の世界でも同じです。私は、外務省でいわゆる「情報屋」として活動してきましたが、情報源を開拓するのはそんなに難しくはないんです。しかし切るのは難しい。情報源として長く付き合ってきていますから、こちらの問題や関心を知られている。どんな依頼をされたか、それをしゃべられるとマズい。

北島 それはそうですね。

佐藤 だから若い頃は情報源を広げることに力を注いだのですが、関係を断つにはものすごいエネルギーがいることがわかると、情報源の獲得には非常に慎重になっていきましたね。


■知を支える流通網を


佐藤 「拡印刷」によって多方面で会社が発展していく一方、その原点である出版の世界は大きく衰退しています。今、出版の印刷が占める割合はどのくらいですか。

北島 10%以下ですね。

佐藤 ごく一部ですね。最近、印刷所と出版社の力関係が変わってきたのを皮膚感覚で感じることがあります。印刷所が早く閉まるからということで、締切が早くなった(笑)。

北島 それは力関係じゃなくて、そもそも無理が通っていたからですよ(笑)。

佐藤 特に年末です。

北島 年末に仕事が集中するところは、かなり変わりましたね。昔は、他の部署が打ち上げをして仕事終いをする時に「これから工場に行きます」なんて普通でしたからね。

佐藤 そこは私たちも調整して11月の半ばから早め早めに書いているんです。

北島 昔は印刷所に出張校正室がたくさんあって、締切を過ぎてからそこで書いていらっしゃる作家の方もいました。そこから逃げ出したなんていう話もありましたが、今はもうなくなりましたね。

佐藤 私は原稿の締切は守るので、出張校正室のお世話になったことはありませんよ(笑)。

北島 新潮社さんとのご縁は深くて、「週刊新潮」が誕生した1956年からその印刷を手掛けさせていただいています。それまで新聞社系の週刊誌はありましたが、印刷所を持たない出版社として初めて出された。当時は、100万部クラスの雑誌を一度に印刷するのは無理だといわれたものです。しかし、これによって当社にも大きな変化がありました。

佐藤 どうなったんですか。

北島 スピード感です。早く作る仕組みができた。それまでは月刊誌のスピードでしたから全然違います。

佐藤 出版業界全体が冷え込む中、大日本印刷は2008年に書店の丸善に、09年にはジュンク堂に資本参加し、10年には図書館流通センターなども加えて丸善CHIグループを設立されていますね。

北島 出版の力が衰えるということは、日本の「知力」が衰えることでもあります。ですから何とか少しでも力になりたかった。そこで新しい出版のサプライチェーンを確立しようと、書店をグループに迎えたのです。丸善CHIホールディングスの「CHI」は「知」です。わが国の知を支える流通網になれればという思いが込められています。

佐藤 今、アマゾンが世界的な規模で本の流通を変えつつありますが、それだけでは危うい。今後そのビジネスモデルが何かの拍子に倒れた場合には、出版界は焼け野原になってしまいます。

北島 そうです。街の書店はどんどんなくなっているわけですから。

佐藤 フランスでは値引きした商品を無料配送することを禁じる反アマゾン法ができるなど、逆の流れも始まっています。

北島 やはり書店には書店のよさがある。店内で本を見ていると、思いがけない本が見つかることがありますでしょう。

佐藤 そこが重要ですね。アマゾンだと、この人はどういう傾向の本を読んでいるかというデータに基づいてAIが本を推薦してきますが、それだと定向進化しかしない。

北島 新しいもの、違う傾向のものが目に入ってこないですね。

佐藤 書店を守るためには、資本投入してその体質を改善していくしかない。

北島 やはり返本率の問題があります。それが3割から4割もある状態なら、我々にも何かできることがあるはずです。

佐藤 4割も商品が返ってくるというビジネスはありえないですからね。

北島 ですから、いかに売るかという点でも努力していかなければならない。書店さんが本を推薦するとか、品揃えを工夫するとか、本と出会う機会を作り出す努力をしていかなければなりません。


■3次元の重要性


佐藤 紙の未来はどのようになるとお考えですか。

北島 今後、電子書籍がさらに普及していくことは間違いないでしょう。だからといって、紙媒体がなくなるとは思えない。電子で見るのと、紙の本で読むのは、本質的に違うことだと思います。

佐藤 書籍は3次元ですからね。私は自宅とは別にマンションに部屋を借りて書庫にしているんですが、そこに1万2千冊ほどあります。そのくらいなら、何がどこにあって、どんな内容か、だいたい覚えられますよ。

北島 すごいですね。

佐藤 パソコンで検索するより速く見つけられる。3次元であることが重要なんですよ。名刺の整理ソフトだって、あまり役に立たないでしょう。だいたい3千枚くらいだったら、名刺フォルダで処理できる。それは名刺フォルダが3次元だからですよ。

北島 確かに、だいたいこの辺にあったな、ということはわかりますね。

佐藤 それと背表紙がヒントになって、いろいろなことを思いつく。そうした3次元のインデックスって必要だと思うんですね。

北島 本でも、ページをめくったり戻ったりしながらものを考えますね。そういう機能は絶対に必要だと思います。ネットの情報量やスピードはすごいし、どんどん進化していくでしょうが、紙媒体は必要ですから、両者をいかに融合させて新しいサービスを作りだしていけるかが大事になってくると思います。

佐藤 そうなるとまた新しいビジネスが生まれますね。では、そうした事業を展開するにあたり、どんな人材が欲しいですか。

北島 やはり多様な価値観や立場の違いも踏まえて、相手の話にじっくり耳を傾けられる「TAIWA」ができる人ですね。

佐藤 大日本印刷は就職ランキングの上位に入っていますから、入社希望者が大勢来るでしょう。

北島 最近は女性が来てくれるようになりました。新卒入社の4割が女性です。いろいろなことにチャレンジできるということで、評価していただいていると思っています。

佐藤 しかもダイバーシティ推進室を作られたり、副業・兼業を認められたりと、様々な取り組みをされていますからね。

北島 副業を認めたのは最近のことで、2019年の4月からです。

佐藤 どういう人がいるのですか。

北島 当社にはIT関係の人材も多いものですから、休みを利用してプログラムを開発している人がいますね。あるいは自分の住んでいるところで地域創生のお手伝いをしているとか。あとは実家の家業をやる人が多いですね。

佐藤 大企業の人が家業を継ぐために辞めることはよくありますが、しっかりした番頭がいれば、フルタイムで働かなくてもマネジメントはやれるでしょう。伝統ある会社が副業を認めて、会社のためにもしっかり働いてもらう。そこで重要になるのは健全なる愛社精神だと思うんですよ。

北島 その通りですね。これからはやはり多様な働き方を認めていく時代なのだと思います。また少子高齢化社会ですから、高齢の人がどう働けるかを考えなければいけないとも思っています。

佐藤 それも大きなテーマですね。大日本印刷の開発した血管で、多くの人の寿命が延びるでしょうからね(笑)。

北島義俊(きたじまよしとし) 大日本印刷株式会社代表取締役会長
1933年東京生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。58年富士銀行(現みずほ銀行)入行。63年大日本印刷に入社、専務、取締役副社長を経て、79年から代表取締役社長。2018年代表取締役会長。また日本経済団体連合会常任理事、東京商工会議所新宿支部副会長などを歴任。07年に仏レジオン・ドヌール勲章コマンドゥールを受章した。

「週刊新潮」2020年1月16日号 掲載

関連記事(外部サイト)