前澤友作氏がユナイテッドアローズとアダストリアの株を取得。不況のアパレル業界を救う一手となるか?

前澤友作氏がユナイテッドアローズとアダストリアの株を取得。不況のアパレル業界を救う一手となるか?

前澤友作氏がユナイテッドアローズとアダストリアの株を取得。不況のアパレル業界を救う一手となるか?の画像

ZOZOの創業者である前澤友作氏がユナイテッドアローズとアダストリアの株式を約75億円で取得し、両企業の大株主となりました。今後は両企業に対して前澤氏の助言や提案が行われることが予想されており、両企業の株価が高騰するなどすでにその効果についても期待されています。

ZOZOTOWNの創業者・前澤友作氏がユナイテッドアローズとアダストリアの株式を約75億円で取得していることが両企業が提出した大量保有報告書から判明しました。この株式の取得により前澤氏はユナイテッドアローズ株の7.9%、アダストリア株の5.6%を保有することとなり、両企業において第二位の大株主となりました。両企業ともZOZOTOWNに出店しており、ZOZOTOWN内でも売上上位を占める重要な取引先であることから、この2社の取得に至ったものと考えられています。

ユナイテッドアローズの広報担当者によれば、前澤氏からは「お世話になったため純投資がしたい」との連絡があったのみで、それ以上のことは聞いていないとされています。前澤氏は現在でもZOZOの第二位の大株主でもあるため、ZOZOとの提携を含めた提案やZOZOの創業・運営によって得たノウハウをもとに助言を両企業に対して行っていくものとみられています。

アパレル業界は新型コロナウイルスの影響によって苦境に立たされている業界の一つであります。すでに多くのアパレルが倒産や撤退を決定しており、生き残りをかけて新たな経営方針を模索する必要に迫られています。

新型コロナウイルスの影響によってこれまでに数多くのアパレル企業が倒産や撤退の決断に迫られてきました。国内では「ダーバン」や「アクアスキュータム」を手掛けていた老舗アパレルメーカー・レナウンが倒産し、海外でもウォール街の銀行家を中心に愛された「ブルックスブラザーズ」が破綻し、ミシェル・オバマ前大統領夫人が愛用していたことで知られる「J.CrewGroup」も倒産しています。

こうした新型コロナウイルスの影響によって厳しい状況に立たされているアパレル企業に対して、前澤氏はZOZOTOWNでのノウハウをもとに助言する可能性が指摘されています。アパレル業界全体では実店舗での販売が困難になっていることから販売不振が続いている一方で、コロナ禍によって通販での服の購入が増えた人が増加している調査結果もあるため、ZOZOTOWNでの販売に関するノウハウは今後、アパレル企業の生死を分ける重要なノウハウとなりえます。

前澤氏の助言や提案による業績回復への期待から、ユナイテッドアローズの株価は前日比14%高、アダストリアの株価は5%高と高騰しています。今後は前澤氏の助言や提案によって実際にユナイテッドアローズやアダストリアの業績が回復するのか、またどのような施策を行うのかについて投資家・アパレル業界双方から注目を集めることになりそうです。

関連記事(外部サイト)