建設業の熱中症対策で事例集 新型コロナ感染予防も 東京・新宿労基署

建設業の熱中症対策で事例集 新型コロナ感染予防も 東京・新宿労基署

建設業の熱中症対策で事例集 新型コロナ感染予防も 東京・新宿労基署の画像

 東京・新宿労働基準監督署(中尾剛署長)は、「建設現場・店社における熱中症・新型コロナウイルス感染症予防対策の取組について」と題する冊子を作成した。暑さが本格的になり、熱中症と感染予防対策を同時に進めなければならないなか、新宿労基署管内の取組状況を集め、情報を共有するために事例集としてまとめたもの。写真をふんだんに使い、目で見てすぐに理解できるようになっているのが特徴だ。

 一例を挙げると、熱中症対策では、根切時にわざわざ地上の休憩所へ階段を登らなくてもいいように、根切底に移動式休憩所を設置した現場を紹介。暑さをしのぐため扇風機、クーラーボックス、スポーツドリンクを設置し、その場で水分補給ができるようにした。

 感染予防対策では、人が密集しやすい喫煙所の改善例を紹介している。使用人数を1人とした個室禁煙室を設置し、作業員同士で密にならないよう工夫した。

関連記事(外部サイト)