令和3年の労災 死亡者数はほぼ倍増 休業4日以上では「転倒」めだつ 東京労働局・集計

令和3年の労災 死亡者数はほぼ倍増 休業4日以上では「転倒」めだつ 東京労働局・集計

令和3年労災 死亡者ほぼ倍増

令和3年の労災 死亡者数はほぼ倍増 休業4日以上では「転倒」めだつ 東京労働局・集計

令和3年の労災 死亡者数はほぼ倍増 休業4日以上では「転倒」めだつ 東京労働局・集計の画像

 東京労働局が取りまとめた「令和3年労働災害発生状況」によると、死亡者数は77人で前年39人から倍近く増加した。休業4日以上の死傷者数は1万2876人で21%(2231人)上昇している。死傷者数のうち新型コロナウイルス感染症の罹患者数は2834人だった。

 事故の型別では、死亡者のうち最も多かったのは「墜落・転落」の35%(27人)だった。一方、休業4日以上の死傷者では「転倒」が20%(2582人)を占め、「動作の反動・無理な動作」が16%(2049人)、「墜落・転落」が12%(1504人)で続いている。

関連記事(外部サイト)

  • 3

    そりゃあ、人員を減らしておいて「今まで以上に働け」とか言われたら、安全面の動作を端折るよなぁ。 (製造業50代)

  • 2

    職人としての体の勘は短時間で失われるのかもしれない。

  • 1

    パンデミックで、給付金つきの休業できる層との格差ありそうな職種?

すべてのコメントを読む