【今週の労務書】『Wordで誰でもつくれる! 本当に使える業務マニュアル作成のルール』【2022年上半期 よく読まれた記事】

【今週の労務書】『Wordで誰でもつくれる! 本当に使える業務マニュアル作成のルール』【2022年上半期 よく読まれた記事】

【今週の労務書】『Wordで誰でもつくれる! 本当に使える業務マニュアル作成のルール』【2022年上半期 よく読まれた記事】の画像

労働新聞社Webサイトに2022年に掲載した記事で、2022年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。

2022年2月12日掲載【書評】

 業務の手順を伝えるマニュアルの必要性を感じた人が、黙々と一人で作っている――本書ではそんな「マニュアル作成あるある」をやめ、周囲を巻き込む手法を解説している。

 一人だけで作ったマニュアルは属人化しやすく、作った人だけが分かる・使えるものになってしまう。スムーズな人材育成と引き継ぎのためにも、プロジェクト形式で役割を決めることを勧めた。全体リーダー・部門リーダーを中心に、マニュアルを作る人、使う人も含めた全社員でミーティングを実施していく。

 冒頭では、マニュアルのサンプルを提示している。業務手順の洗出し方から、WordやExcelの操作方法まで説明しており、サンプルのような完成形に至るまでの過程を丁寧に学ぶことができるだろう。

(森田圭美著、同文館出版刊、TEL:03-3924-1801、税込1980円)

関連記事(外部サイト)