転倒災害対策で 5割以上指標に 厚労省・14次防

転倒災害対策で 5割以上指標に 厚労省・14次防

転倒災害対策で 5割以上指標に 厚労省・14次防の画像

 厚生労働省は、2023年度からの中期5カ年計画である「第14次労働災害防止計画」を策定する。労働政策審議会の了承を得た。今回から取組みの実施率などを確認するアウトプット指標と、期待される数値の目安を示したアウトカム指標という2つの指標を新たに採用。転倒災害対策に取り組む事業場割合を2027年までに50%以上とするというアウトプット指標を設定した。高齢者対策を謳ったエイジフレンドリーガイドラインも同様の水準としている。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?