テレワーク 労使双方が相談可能なワンストップの窓口を開設 大阪府

テレワーク 労使双方が相談可能なワンストップの窓口を開設 大阪府

テレワーク 労使双方が相談可能なワンストップの窓口を開設 大阪府の画像

 大阪府は、テレワークの導入から定着までの支援を総合的に行う「サポートデスク」を10月12日に開設した。企業・労働者のワンストップ窓口として、テレワークに関する課題や悩みについて相談を受け付け、解決を支援する。

 企業向けには、労務管理に関するソフト面、環境整備に関するハード面などの支援を行う。他方で労働者に対しては、テレワークで働く際に感じる孤独感や不安の解消をめざすメンタル面でのサポートを実施していく。

関連記事(外部サイト)