ソース嫌いなあなたへ「Jソース」 常識捨て、甘さ抑えたすっきり味に ブルドックソース

ブルドックソースは18日、都内で新商品発表会を開き、「日本の新しいソース」と位置付ける新商品「Jソース」の魅力を紹介した。石垣幸俊社長執行役員は「ソース嫌いなあなたをソース好きにさせます」をコンセプトに挙げた上で、「そのためにソースの常識を捨てた」「新しいソースを知っていただき、新しいソースを味わっていただきたい」と強調した。

佐伯舞マーケティング部長は発表会で、ソースについて「常識だと思っていた濃くて甘い味を不満に思っている方が非常に多いことが分かった。量が多くて使い切れないという声も聞くようになった」と指摘。「Jソース」について「ソース嫌いの方に対し、食べたくなる、そんな新しい、常識を打ち破ったソースを作ろうということで開発に着手した」と語った。

「Jソース」の特徴はお好み焼、とんかつなど、粉もの、揚げ物のどちらもおいしく食べられる「スッキリ旨い」味わいにある。新スパイスのジュニパーベリー、かつおと昆布の和のうまみ、レモンとお酢のさわやかな酸味を組み合わせて「スッキリ旨い」味わいに仕上げた。

「重要なポイントは新スパイスのジュニパーベリー」(佐伯部長)。肉や野菜との相性が良く「これを入れることでメニューを最後までおいしく食べられる味わいになる」(同)という。塩分をなるべく抑え、添加物を使わない味作りを行ったこともポイントだ。

「日本の新しいソースに」と語る石垣社長(ブルドックソース)
「日本の新しいソースに」と語る石垣社長(ブルドックソース)

発表会では、味覚分析の手法を使い、さまざまな食材との相性分析を行った結果を報告した。粉もの、揚げものに合うほか、ステーキなどの肉メニュー、ウニ、ポテトチップス、餃子、納豆などの意外な食材との相性が良いことを紹介した。

同社は今回、「開けやすく、かけやすく、捨てやすく、ちょうど良い量の容器」(同)も新たに開発した。また、Webでのキャンペーン、小袋20万包のサンプリングを実施する。「実際に食べていただき、おいしさを実感していただきたい。それにより、皆さんの定番の調味料にしていきたい」(同)考えだ。

発表会では、高橋真麻さん、霜降り明星のせいやさんと粗品さんがゲストとして登壇。トークセッション、ゲストによる試食や食の相性ゲームなどを通じて「Jソース」の魅力を紹介した。

ソース嫌いなあなたへ「Jソース」 常識捨て、甘さ抑えたすっきり味に ブルドックソースは食品新聞 WEB版(食品新聞社)で公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)

×