「アピタ稲沢」全面改装 食品フロアは品質と安さの「いなざわマルシェ」に ユニー

「アピタ稲沢」全面改装 食品フロアは品質と安さの「いなざわマルシェ」に ユニー

「いなざわマルシェ」として刷新した食品売場(アピタ稲沢店)

ユニー(愛知県稲沢市、関口憲司社長)は3月26日、アピタタウン稲沢店の核店舗「アピタ稲沢店」を全面改装した。

アピタ稲沢店は1996年に開業し今年で25周年を迎えている。段階的に店舗規模を拡大しながら、現在はテナント約90店舗が並ぶ大型ショッピングモール「アピタタウン稲沢店」として利用されている。昨年から実施しているアピタ・ピアゴの改装での成果を生かして、これまで客層の中心だったシニア層に加え、ニューファミリー層や若い世代もターゲットにした店舗づくり。

改装では、1階の食品売場を「いなざわマルシェ」に刷新。「鮮度・品質は良いが、価格が高い」という要望を受けて、鮮度・品質は維持しながら、安さが感じられるよう価格を訴求した。火曜特売などの割引デーではさらにお買い得価格で提供する。

売場では、精肉売場を拡大。ニューファミリー層向けの価格、容量の商品を増やしたほか、即食ニーズに対応した味付け肉、ストックのしやすい冷凍肉も拡充。店内調理のローストビーフ丼も販売する。

他店舗で人気の高い直営寿司コーナーも新設。握り寿司や海鮮丼などを並べる。

また、レトルトカレーを強化し、全国各地のご当地カレーを幅広くラインアップした。

さらに1階の住居関連品があったエリアには、直営のドラッグストア「パワフルプライス ユードラッグ」と、家庭用雑貨、文具、玩具を専門量販店化した「雑貨倉庫」を配置した。

「ユードラッグ」では、健康食品やサプリメントの売場を拡張。美容ダイエット、サプリメント、機能性菓子などの商品を並べている。このほか、化粧品やスキンケア商品の品揃えを厚くした。「雑貨倉庫」ではキッチン用品、清掃用品に加え、筆記用具の品揃えに特化した文具コーナーやパズル・ゲームなどのホビーに特化した玩具コーナーなどに分かれている。

2階では、キッズ、レディース、メンズ、インナー、シューズの5分野を16のショップとして区分け。各ショップで商品に適した売場作りを進めている。

「アピタ稲沢」全面改装 食品フロアは品質と安さの「いなざわマルシェ」に ユニーは食品新聞 WEB版(食品新聞社)で公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)

×