外食業界 緊急事態宣言で「休業要請避けて」 日本フードサービス協会が要望書

外食業界 緊急事態宣言で「休業要請避けて」 日本フードサービス協会が要望書

外食業界 緊急事態宣言で「休業要請避けて」 日本フードサービス協会が要望書の画像

日本フードサービス協会(赤塚保正会長)は19日付で、緊急事態宣言発令に対する要望書を西村康稔経済財政政策大臣、小池百合子東京都知事に提出した。発令に伴い、飲食店・大型施設などの休業あるいは週末の休業要請が検討されていることに対し「(国民生活を担うインフラ産業として)生活者に多大な影響を及ぼし、飲食店に壊滅的な打撃を与えることから避けてほしい」と強く要請した。

また、仮に休業要請を行う場合であっても、現状の支援策は不十分であり、外食店の閉鎖・倒産の経営危機に直面するとし、「協力金の増額および迅速な支給」「6月末が期限となっている雇用調整助成金の特例措置延長」「事業再構築補助金の見直し」を求めた。

外食業界 緊急事態宣言で「休業要請避けて」 日本フードサービス協会が要望書は食品新聞 WEB版(食品新聞社)で公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)

×