東京駅に「ハッピーターンのハッピー王国」 45周年で亀田製菓がコンセプトショップ

東京駅に「ハッピーターンのハッピー王国」 45周年で亀田製菓がコンセプトショップ

店舗イメージ(ハッピーターンのハッピー王国)

亀田製菓は、「ハッピーターン」の45周年を記念したコンセプトショップ「ハッピーターンのハッピー王国」を、東京駅八重洲側に広がる商業施設、東京駅一番街地下1階にある「東京おかしランド」イベントスペースにて6月2日〜8月30日まで期間限定で開催している。

「ハッピーターン」ならではの幸せや楽しさを体感してもらいたいという思いから、『揚げぱん味ハッピーターン』(8枚・税込価格810円)など新しいおいしさを提案する。同商品は、さまざまな揚げぱんの味を試した結果、相性の良いきなこ味を採用。「ハッピーターン」の生地に小麦粉入りの衣をコーティングし油で揚げることで、揚げぱんならではのコクと香ばしい風味を再現。

そのほか、『TOKYO限定 スモークハッピーターン』(12枚・同1千80円、6枚・同562円)や『TOKYO限定 オーブン焼きハッピーターン』(12枚・同1千80円)や国産米粉を使用した「ハッピーターンズ」も販売する。

また、7月15日からクッションやエコバッグなど「ターン王子のオリジナルグッズ」の販売も予定。さらに遠方で来場できない人のために、一部商品については7月15日から亀田製菓公式ネットショップでも発売する予定。

東京駅に「ハッピーターンのハッピー王国」 45周年で亀田製菓がコンセプトショップは食品新聞 WEB版(食品新聞社)で公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)

×