懐かしさで思わず手に取る「カルピスウォーター」 復刻商品に50〜60代から支持 好調受け販売期間延長

懐かしさで思わず手に取る「カルピスウォーター」 復刻商品に50〜60代から支持 好調受け販売期間延長

「カルピスウォーター」と「同 レモン」(アサヒ飲料)

濃縮飲料の「カルピス」のおいしさをいつでもどこでも楽しめないかと研究を重ね、1991年に発売された「カルピスウォーター」。

高校生の青春を応援するブランドだが、発売30周年を記念して6月に発売開始された「カルピスウォーター レモン」は50〜60代を中心に支持され好調に推移している。

この好調要因についてアサヒ飲料は、すっきりとした爽やかなレモン風味の味わいへの好評に加えて「復刻商品である本品に対し当時を懐かしむ気持ちやどんな味だったか試してみたいという理由から手に取る機会が多かったと推測している」とコメント。

「カルピスウォーター レモン」は、1993年2月に初の「カルピスウォーター」のフレーバー展開品として発売されたものの復刻商品。当時の商品コンセプトである「レモン水で作った『カルピス』」を現代版にアレンジし、凍結レモンエキスを純水で希釈したレモン水を使用している。冷凍でも楽しめる設計で、この点も人気のポイントとなっている。

同社は販売好調を受け、販売期間を当初の9月末から12月末まで延長する。

懐かしさで思わず手に取る「カルピスウォーター」 復刻商品に50〜60代から支持 好調受け販売期間延長は食品新聞 WEB版(食品新聞社)で公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)