「呪術廻戦」デザインの缶コーヒー 人気沸騰「鬼滅の刃」に続くダイドーの大型コラボ 流通各社も期待

「呪術廻戦」デザインの缶コーヒー 人気沸騰「鬼滅の刃」に続くダイドーの大型コラボ 流通各社も期待

"呪術廻戦"缶コーヒーに期待

ダイドードリンコは10月4日から、大人気アニメ「呪術廻戦」デザインパッケージの缶コーヒー3品全28種を6か月の期間限定で販売する。昨年も大人気アニメ「鬼滅の刃」とコラボした缶コーヒーを発売し、発売3週間で5千万本、最終的には1億本を突破するなど、当初の3か月(10〜12月)限定販売から6か月に延長するほど人気を博したことで今秋の取り組みが注目されていた。

同社は売上の約8割が自動販売機という特徴があり、残りの約2割が流通ルート。流通へは大手コンビニ3社や量販など、ほぼ採用が決まっており、流通各社も昨年の実績があるだけに、流通側からも大きな期待が寄せられている。

コラボする3品は昨年のコラボと同様の3品で、ダイドーブレンドの「ダイドーブレンドコーヒーオリジナル」「絶品微糖」「絶品カフェオレ」。呪術廻戦の22の人気キャラクターで全28種類デザインされている。

内訳は「オリジナル」が8種、「絶品微糖」が12種、「絶品カフェオレ」が8種。加えて今回は缶正面だけでなく、缶の横や裏のサブ面にもキャラクターを配している。

「オリジナル」は正面キャラクターと関係の深い別キャラクターを、「微糖」と「カフェオレ」はコラボ記念のオリジナル描き起こしとして人気キャラクターが同社製品をアピールしているデザインなど、工夫を施している。このオリジナル描き起こしデザインは、昨年は1種類だったが今回は15種類と大幅に拡大させた。

呪術廻戦は、「週刊少年ジャンプ」で連載している人気漫画で、20年10月から21年3月にはアニメとしてテレビ放映され、今年の12月24日からは呪術廻戦で初の映画となる劇場版が公開される。

同社は今後の展開について「いろいろな仕掛けを考えている」とし、消費者キャンペーンや自販機アプリを使用した楽しみの提供などを展開し、さまざまな取り組みで前年実績クリアを目指す。

缶のサブ面にもキャラクター(ダイドーブレンドコーヒー)
缶のサブ面にもキャラクター(ダイドーブレンドコーヒー)

「呪術廻戦」デザインの缶コーヒー 人気沸騰「鬼滅の刃」に続くダイドーの大型コラボ 流通各社も期待は食品新聞 WEB版(食品新聞社)で公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)