「大豆がパスタになりました」好評、販路拡大 ハウス食品

「大豆がパスタになりました」好評、販路拡大 ハウス食品

「大豆がパスタになりました」(ハウス食品)

ハウス食品は2021年1月に数量限定で発売して好評だった「大豆がパスタになりました」を9月15日から「LOHACO(ロハコ)」と一部の量販店で発売した。大豆粉を粉原料当たり50%配合した半生タイプの「リングイネ」で、200g(100g×2食)入り税別参考価格598円で販売する。

丁寧に粉砕した大豆粉を50%使い、もっちり食感のタピオカと同じ澱粉を合わせ、食べやすいおいしさに仕上げた。生パスタのしなやかで食べ応えのある食感を目指したことも特徴。同社独自の「大豆ほんのり製法」(特許出願中)で、大豆特有のクセを抑えることにも成功した。

糖質と食物繊維の量に配慮。イソフラボンも含むため、罪悪感なくおいしいパスタを食べられる。カルボナーラやミートソースなどのメニューにすることで、植物性たんぱく質と動物性たんぱく質を同時に摂取することができる。

製品パッケージ裏面のQRコードから「エリンギとトマトのペペロンチーノ風」「ココナッツオイルで作るサバ缶とレンコンのパスタ」「アボカドとサーモンのヨーグルトパスタ」といったおすすめレシピへアクセスできることもポイントだ。

「大豆がパスタになりました」好評、販路拡大 ハウス食品は食品新聞 WEB版(食品新聞社)で公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)