家庭用油脂、紙パック容器を拡充 「スマートグリーンパック」シリーズ J-オイルミルズ

家庭用油脂、紙パック容器を拡充 「スマートグリーンパック」シリーズ J-オイルミルズ

「スマートグリーンパック」シリーズ(J-オイルミルズ)

J-オイルミルズは、環境配慮と使用性を両立した容器提案を加速する。昨年秋に発売した家庭用油脂の紙パック容器製品のラインアップを拡充。紙パック容器を採用した家庭用油脂の名称を「スマートグリーンパック」シリーズに統一し、店頭展開を広げる。

3月発売の家庭用油脂新製品で、「スマートグリーンパック」シリーズから新たな油種3種類(エクストラバージンオリーブオイル・こめ油・大豆の油)を追加。既存の紙パック製品「さらさらキャノーラ油700g」「ごま油好きの純正ごま油」と合わせ、紙パック容器採用の「スマートグリーンパック」シリーズは全5種6品体制に拡充する。

昨年秋に発売した紙パック容器採用の家庭用油脂2品は、SDGsや地球環境への意識が高まる中で、生活者からは「小さくたためて燃やすごみに入れられるので、容器の処分が楽」「プラスチックごみを減らせる」などの点で評価されているという。「もっと油の種類を増やしてほしい」という声もあり、今春の新製品で、「エクストラバージンオリーブオイル」「こめ油」「大豆の油」を追加。地球環境と使いやすさに配慮した「スマートグリーンパック」シリーズの展開を広げる。

同社では、企業理念「Joy for Life〜食で未来によろこびを〜」を目指すべき未来(ビジョン)として掲げ、おいしさ×健康×低負荷で人々と社会と環境へのよろこびを創出するため、プラスチック廃棄物やごみ容積の削減、CO2排出量の削減を優先的に取り組む課題としている。

具体的な取り組みとして、紙パック容器の「スマートグリーンパック」は従来の同容量帯容器と比べて、プラスチック使用量を約60%削減、CO2は約26%以上の削減につながるという。また、注ぎやすさや持ちやすさ、廃棄のしやすさなどにもこだわり、地球環境だけでなく使用性にも配慮した商品として、家庭用食用油売場での展開を強化していく方針。

パッケージも店頭で見つけやすく、油種の違いや容量が一目で分かるデザインにも配慮した。「スマートグリーンパック」シリーズのラインアップは、「さらさらキャノーラ油」「大豆の油」「こめ油」(各700g)、「純正ごま油」(500g)、「エクストラバージンオリーブオイル」(500g、300g)。3月から順次全国発売する。

家庭用油脂、紙パック容器を拡充 「スマートグリーンパック」シリーズ J-オイルミルズは食品新聞 WEB版(食品新聞社)で公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)