コカ・コーラ初のノンアルコールブランド「よわない檸檬堂」  “本来お酒を好む人があえてお酒を飲まなくなる”に着目して開発

コカ・コーラ初のノンアルコールブランド「よわない檸檬堂」  “本来お酒を好む人があえてお酒を飲まなくなる”に着目して開発

「よわない檸檬堂」350ml缶

 コカ・コーラシステムは25日、初のアルコール度数0.00%のノンアルコールブランド「よわない檸檬堂」を立ち上げたと発表した。
 350ml缶を2月7日にコンビニで先行発売し、同21日に全国発売する。希望小売価格は税別132円。

 ビアテイスト飲料やシャンメリーを除くノンアルコールRTD市場が近年成長していることと生活者の価値観や行動の変容に着目して開発した。

 同市場について、25日発表した日本コカ・コーラ の岸田卓真マーケティング本部アルコールカテゴリー事業本部ブランドマネージャーは「ノンアルコールRTD市場は21年に金額規模で17年の約1.5倍の規模にまで成長した。RTD(ビールを除くアルコール飲料)市場規模に比べるとまだまだ小さいが、近年の成長を考えると非常にポテンシャルのある重要な市場と捉えている」との見方を示す。

 生活者の行動変容としては、健康志向の高まりでアルコール飲用者の減少とアルコール飲用者の飲用頻度の減少に着目。この中で特に注目したのが“本来お酒を好む人があえてお酒を飲まなくなる”という価値観の変化。

 「自分の時間や家族との時間の充実、生産性の向上、心身のウェルビーイングを追求することで、あえて飲まない日をつくる行動が見てとれる。我々はこういった飲酒に対する行動・価値観の変化がノンアルコールRTD市場の成長の非常に重要なトリガーになっていると考えている」。

 岸田ブランドマネージャーによると、あえて飲まない日をつくる動きはソバーキュリアスが言われはじめた2、3年前から顕著にみられるようになり、その背景については健康意識の高まりを挙げ「身体のみならず心身の健康意識が高まりが起点になっている」と説明する。

 中味は、「檸檬堂」のレモンサワーの作り方を参考に、レモン果汁にジュニパーベリーのエキスを馴染ませることによってジューシーで濃厚なレモン感と本格的なレモンサワーらしい風味に仕立てられている。

 メインターゲットはレモンサワーとアルコールを飲んだときの気分を好む30―49歳の男女を想定し、「檸檬堂」とは別のブランドとしてマーケティング活動を展開していく。

 「我々が現在展開しているアルコールブランドでカバーし切れないシーンに、おいしさを届けることで楽しんでいただけて価値提供できるシーンが広がっていくと考えている。我々のアルコールブランドを楽しんでいる方々にも手に取ってもらうことも想定している」と語る。

コカ・コーラ初のノンアルコールブランド「よわない檸檬堂」  “本来お酒を好む人があえてお酒を飲まなくなる”に着目して開発は食品新聞 WEB版(食品新聞社)で公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)