油脂・油脂加工品・大豆たん白を値上げ 2月14日から 不二製油

油脂・油脂加工品・大豆たん白を値上げ 2月14日から 不二製油

油脂・油脂加工品・大豆たん白を値上げ 2月14日から 不二製油の画像

不二製油は2月14日納品分から、油脂製品・油脂加工製品・大豆たん白製品・大豆たん白加工食品の価格改定を実施する。油脂製品・油脂加工製品は4月と9月に、大豆たん白製品は5月に価格改定を実施したが、その後も原料コストの上昇が続いており、再値上げに踏み切る。改定内容は次の通り。

▽油脂製品類=30円/s以上、斗缶製品500円/s以上
▽ショートニング類=50円/s以上
▽マーガリン類=40円/s以上
▽フィリング類=30円/s以上
▽ホイップクリーム製品類=35円/s以上
▽チョコレート製品類=45円/s以上
▽粉末状大豆たん白製品類=50円/s以上
▽粒状大豆たん白製品類=30円/s以上
▽大豆たん白加工食品類=50円/s以上

同社では、大豆相場は北米の減産により米国産大豆が高値で推移しており、中国の旺盛な需要が牽引し高止まりが続いていることや、パーム油についてもインド・中国の需要が旺盛なことに加え、バイオ燃料の生産拡大による食糧需要との競合が起きていると説明。さらにコロナ感染拡大による労働力不足を背景とした穀物や油脂原料の減産、原油の高騰によるバイオ燃料需要の拡大、海上コンテナの輸送停滞、エネルギー・包装資材コスト、円安進行による輸入コストの上昇と、あらゆる場面で製品コストの上昇に歯止めがかからず、「従来の製品価格を維持することが極めて困難となっている」と説明している。

油脂・油脂加工品・大豆たん白を値上げ 2月14日から 不二製油は食品新聞 WEB版(食品新聞社)で公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)