通販食品展示商談会㊤ 全国のご当地食品が一堂に コンテスト金賞商品も展示

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 通販食品展示商談会が東京で開催され、各地の名産食品が紹介された。
  • 健康食品や水産物が多く出展され、バイヤーとの商談が盛んに行われた。
  • 防災グッズ展も併催されたこのイベントは全国から多くの関係者でにぎわった。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

日本で唯一の通販・宅配食品に特化した展示商談会「通販食品展示商談会」が、このほど東京・有楽町の東京交通会館で開かれ、盛況のうちに終了した。

今回で13回目を迎えた商談会は、食品産業センター、日本スーパーマーケット協会、日本通信販売協会、食品新聞社で構成する「通販食品展示商談会」実行委員会が主催し、農水省や経産省など行政組織や多くの食品関係団体も後援した。

日本全国のご当地食品やギフトなど農・水産物商品、瓶・缶詰、飲料、レトルト食品、スイーツ、デザート、サプリメントなどが一堂に紹介されるが、今回は健康食品や水産物・水産加工品の展示が目立った。来場者の多くが通販食品に関わる担当バイヤーだけあって、多くの企業が商談につなげた。同会場では防災食品が通販でも扱われているとあって、併設開催として第2回防災グッズEXPOも開かれた。

中部食産の「奥美濃古地鶏」を使ったハム・ソー
中部食産の「奥美濃古地鶏」を使ったハム・ソー

中部食産(岐阜県恵那市)は、「奥美濃古地鶏」を使用したハム・ソーセージ、ウインナーを製造販売している。昔から伝わる熟成方法で知られ、じっくりと地鶏の旨味を引き出している。一般的な地鶏の飼育日数は約120日だが、「奥美濃古地鶏」は約90日と若く、肉質も硬過ぎず味が濃いのが特徴。通販のほか道の駅やサービスエリアなどでおみやげ需要としても人気で、県外からの購入者も増えている。

北海道下川町農産物加工研究所(北海道上川郡下川町)は、ふるさとの味100%のトマトジュース「ふるさとの元気」を販売。生食品種「桃太郎」と「宗谷の塩」だけで製造した100%果汁のトマトジュースは、トマトスープや煮込みハンバーグ、ロールキャベツなど料理にも使える。

金井農園の真田のコシヒカリ「小松姫」
金井農園の真田のコシヒカリ「小松姫」

金井農園(群馬県沼田市)は、真田のコシヒカリ「小松姫」を出展。小松姫は徳川四天王として勢威を振るった本多忠勝の娘で、沼田藩城主の真田信之の正室小松姫に因んだ。沼田城主だった真田信之夫人は、小松姫の発案で水不足に悩む領民を救うため真田用水を開削。合鴨を使って除草する合鴨農法により、早くもこの時代から循環型農法を取り入れていた。栽培方法にこだわった米は有機JASの認証を取得。お米のコンテストにも毎回出品し、金賞や特別優秀賞を受賞しているお墨付き米。通販やデパート、富裕層向けのホテルや旅館、レストランなどで販売。収穫した米は全量食味計で測定し、味値点数の高い順にスーパープレミアム米、プレミアム米、レギュラー米として販売。金井繁行社長は「測定結果の味値を封入箱に封入することで品質を保証している」と話す。

From Now On(東京都中央区日本橋)は、3月に設立された米粉と米ぬかの会社で、原料と製品を販売。一番の推しは米ぬか粉。新潟県南魚沼のコシヒカリを特殊な方法で製粉した米ぬか粉「トコリザ」は、甘みのある風味と、通常ビタミンEの約40倍あると言われるスーパービタミンE「トコトリエノール」を含んでいることが特徴。添加物は加えず、おいしく食べやすい。「販路を拡大したい思いから通販食品展示商談会に出展したが、出展社とのコラボも考えている」(同社)。

鈴香食品(富山県射水市)は、水揚げした甘エビや白エビの破棄していた殻をスープに仕上げている。「破棄した部分を使うことで、ゴミを出さず、食品ロス削減にもつながる」(同社)。従来は問屋任せで販売していたが、「通販だと直にお客さんに伝えたい思いが伝わるため、食べ方提案などを通販用の箱に入れて販売している」。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?