飲料大手、ECを強化 ラベルレス商品がトレンドに 背景に増加する家飲み需要

飲料大手、ECを強化 ラベルレス商品がトレンドに 背景に増加する家飲み需要

増加傾向にあるラベルレス商品。写真はアサヒ飲料の製品

飲料EC、市場規模2000億円突破の勢い

飲料大手各社は、ラベルレス商品を中心にECチャネルへのアプローチを強めている。新型コロナウイルスの影響で家飲み需要が増加したことが背景。「家庭でいつも飲む飲料を手軽に安くまとめ買いしたい」というニーズの高まりにより、お茶・水・炭酸水のコモデティのカテゴリーがECで販売される飲料全体の半分程度を占める。容量では小型のパーソナルサイズが大型以上に伸長しており、各社とも引き続き小型に注力の構え。この中でラベルレス商品は、飲み終わった際にはがす手間が省けるほか、プラスチック使用量削減につながることからエシカル消費やSDGsの機運の高まりを追い風に拡大している。

ラベルレス商品の販売チャネルはECと一部の小売業態。ラベルに記載している原材料名などの一括表示を外装の段ボール(ケース)に記載する必要があるためケース単位で販売されている。

今年3月に省令の一部が改正されたことで、ケースに収められている個別容器に従来貼り付けていたリサイクルマークなどを記載したタックシールが不要となったことで、完全ラベルレス化が実現した。

これを機に、4月から初のラベルレス商品として「い・ろ・は・す 天然水 ラベルレス」を販売してEC市場に本腰を入れたのはコカ・コーラシステム。8月には「綾鷹」「カナダドライ ザ・タンサン・ストロング」「爽健美茶」のラベルレス商品を追加した。

日本コカ・コーラの調べによると、国内飲料のEC市場は14年から年平均成長率10%で伸長しており、19年市場規模は約1千600億円と推定。今年1-6月は家庭内需要の増加を追い風に前年同期比30%以上伸長したとみている。

この中で、コカ・コーラシステムの販売実績は「い・ろ・は・す 天然水 ラベルレス」やトクホ商品が寄与して1-6月に市場の伸びを上回る46%増を記録。同期間、「い・ろ・は・す」ブランドのEC出荷数量は69%増を記録し、「期間をラベルレス発売後の4月からにすると、ほぼ倍増になった」(日本コカ・コーラ)という。

国内飲料のEC市場規模は今年、2千億円を突破する見通し。

日本コカ・コーラでは、新しい生活様式やテレワークが普及していくことで今後も30%以上の成長が続くとみており、この中でコカ・コーラ社商品については「来年に関しては昨年と比較して2倍以上(の出荷)を目標としている」と意欲をのぞかせる。

この動きに対し、サントリー食品インターナショナルは顧客から寄せられた「PETを処分する際、商品のラベルやシールをはがす手間が面倒」との声を受けて、11月3日からEC向けに「サントリー天然水スパークリングレモン ラベルレス」と「伊右衛門 ラベルレス」を新発売する。

アサヒ飲料は1-6月、ECチャネルで約30%増を記録した。ラベルレス商品や同社独自素材を活用した健康飲料、炭酸飲料の「ウィルキンソン」の売上げが牽引役となっている。

同社は、EC市場の需要拡大に対応する目的で14年9月に通販営業グループという専門組織を立ち上げ、EC専用商品の発売や定期購入が多い炭酸飲料や健康飲料の販促を強化したところ、EC市場での売上げは19年まで6年連続で伸長した。

近年はラベルレス商品が成長を牽引。同社は18年に「おいしい水」ブランドからラベルレス商品を発売し、19年には「十六茶」「十六茶麦茶」「守る働く乳酸菌」からもラベルレス商品を発売開始。20年からは「ウィルキンソン タンサン」のラベルレスボトルをAmazon限定で発売し、直近では10月6日に緑茶飲料のラベルレス商品を投入した。

ラベルレス商品以外のアプローチで攻めるのはキリンビバレッジで、同社は1-6月、ECで約30%増の販売を記録した。

EC専用商品としては「キリンのやわらか天然水」「キリン ヨサソーダ」「キリン 生姜とハーブのぬくもり麦茶moogy(ムーギー)」のデザイン性を追求した小型容器をラインアップしているほか、「アルカリイオンの水」「生茶」「午後の紅茶おいしい無糖」2?PETの9本入をEC限定で展開している。

伊藤園と大塚グループは健康を軸足にECを強化していく模様。両社はかねてから自社公式通販サイトでの販売にも取り組んでいる。

紙製飲料容器のカートカンでECにアプローチするのはポッカサッポロフード&ビバレッジで、カートカン使用の「旨みまろやか緑茶」と「ほのかに香るレモン水」を2月から展開している。

飲料大手、ECを強化 ラベルレス商品がトレンドに 背景に増加する家飲み需要 は食品新聞(食品新聞社)で公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)