かけるオイル 年間400億円市場へ 健康とおいしさ、変幻自在に

かけるオイル 年間400億円市場へ 健康とおいしさ、変幻自在に

かけるオイル 年間400億円市場へ 健康とおいしさ、変幻自在にの画像

食用油の新たな使い方として、かけるオイルの需要が広がっている。内食化で家庭用食用油の販売は好調だが、従来の揚げる・炒めるなどの加熱調理に加え、健康やおいしさの面から、さまざまなオイルをかけて楽しむスタイルが定着し、市場を牽引している。

日清オイリオグループによると、オリーブオイルやごま油、アマニ油、えごま油を中心とした、かけるオイルの市場規模は上期で約210億円と推定。14年度上期比199%と倍増し、年間400億円市場に達する見通しだ。

アマニ油やえごま油など、オメガ3脂肪酸の健康効果への期待に加え、コロナ禍で家庭内での調理機会が増え、普段のメニューにオイルをプラスする新たな楽しみ方が広がっている。

製油メーカー各社もオリーブオイルやごま油、アマニ油・えごま油などのプレミアムオイルの展開を強化しており、かけるオイルの需要拡大に力を入れる。

日清オイリオは今秋の新商品で「日清 有機えごま油」を発売。かけるオイルのラインアップを拡充し、簡単・おいしい・健康を切り口としたメニュー提案や、期間限定のスヌーピーボトル発売、各種キャンペーンなど積極的なプロモーションを展開。クリスマス・年末商戦でも店頭露出が目立っている。

J―オイルミルズも、19日から放映を開始した「AJINOMOTOオリーブオイル」新CMで、仕上げにオリーブオイルを加えた「オリーブミルク鍋」を訴求。大野智さん扮する「さとしポパイ」の話題性もあり、CMメニューの注目度は高い。

これ以外にも、レシピサイトやSNSでオリーブオイルやごま油、えごま油・アマニ油などを使った多彩なレシピを発信し、若年層など新たなユーザーの開拓にもつなげている。

コロナ禍の内食需要を追い風に、家庭用食用油市場は上期10%増と伸長。金額ベースでは1千600億円到達も視野に入ってきた。サラダやパスタなどの定番メニューだけでなく、かまぼこにオリーブオイル、アイスにごま油など、新しい組み合わせのおいしさが注目されており、巣ごもりが予想される年末年始の食卓でも、かけるオイルの登場機会は増えそうだ。

かけるオイル 年間400億円市場へ 健康とおいしさ、変幻自在には食品新聞(食品新聞社)で公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)