キッチンカー導入を総合支援 飲食事業者と出店場所のオーナーつなぐ ハウス食品グループ本社

キッチンカー導入を総合支援 飲食事業者と出店場所のオーナーつなぐ ハウス食品グループ本社

キッチンカー導入を総合支援 飲食事業者と出店場所のオーナーつなぐ ハウス食品グループ本社の画像

ハウス食品グループ本社は3日、新規事業として、キッチンカープラットフォーム「街角ステージweldi(ウェルディ)」の正式提供を開始した。飲食事業者と遊休地を持つスペースオーナーをつなぐサービスで、飲食事業者のキッチンカー導入から運営までをトータルに支援する。キッチンカーの導入にかかる初期費用を無料にすることで、ニューノーマル時代の新たな飲食業態の展開を促進する。2022年には事業規模として月間売上高500万円を目指す。

同社は「飲食業界の活性化を図ることは総合食品企業としての使命」ととらえ、19年9月から事業可能性の調査検証を実施。平日ランチ時間帯のみでの展開にもかかわらず、都内8か所にキッチンカーを設置し、飲食事業者46社に参画してもらったところ、合計3万5千食を販売した。事業のさらなる成長が見込めることから、ブランド設定を経て「街角ステージweldi」の正式提供を開始した。

これまでのキッチンカーサービスでは、飲食事業者にとって、キッチンカーの購入やレンタルにかかる費用、調理をする仕込み場所やキッチンカーを設置する販売スペース、契約や事務作業にかかる時間がハードルになっていた。

「weldi」の最大の特徴は、飲食事業者がキッチンカー事業へ簡単かつ素早く参入できること。キッチンカー導入から運営までに必要な要素をワンストップで提供するため、新型コロナウイルス感染症拡大などの影響を受けている飲食事業者の支援につながる。また、新たに飲食事業を始めたい人が、初期費用をかけず、簡単かつ素早く、必要最小限の人件費で事業を始められることもポイントだ。

キッチンカーの出店場所として遊休地を活用することも特徴。スペースオーナーにとっては、遊休地のマネタイズにつながる。また、キッチンカーの日替わりランチを利用することで、オフィスや自宅の近くで安く手早くバラエティーに富んだランチを楽しむことができる。オフィス街や住宅街でのランチのマンネリ化解消につながることも特徴だ。

出店場所は3日現在で3月開始予定の1か所を含む都内4か所、出店時間は午前11時30分〜午後2時。出店者はスペインクラブ、雲辣坊、赤い壺、ネクストミーツなどで、曜日ごとに変わる。1日当たりの手数料は販売場所とキッチンカーの利用で販売金額の25%と5千円、販売場所とキッチンカー、さらに仕込み場所の利用で販売金額の35%と5千円。キッチンカーは6台で、22年には15台にする計画だ。

キッチンカー導入を総合支援 飲食事業者と出店場所のオーナーつなぐ ハウス食品グループ本社は食品新聞 WEB版(食品新聞社)で公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)

×