コツコツ利益積み上げる明大、ビットコインの上昇に乗った職業大(第13節)【暗号通貨バトル Aグループ】

ビットコインの価格が好調に上がっている。そのビットコインを保有する職業能力開発総合大学校のさっちんは、順調に上がっている勢いに乗り、しっかり利益を手にする。明治大学の城正人さんは、引き続き、NFT(非代替性トークン)の動きが気になる。世界的な盛り上がりをみせるなか、「暗号通貨の投資家ばかりが盛り上がっている」と、冷ややか。イーサリアムを継続保有して、含み益を積んでいる。

体調がすぐれない同志社大学のしがないトレーダーは今週も取引を見送り。コツコツと利益を積み上げる明治大と職業大学校に追いつくためにも、早い回復が待たれる。

■続くNFTバブル、盛り上がる投資家(明治大学 城正人さん)

◆ 今週(8月16日週)の出来事
まずはなんと言っても、NFT(非代替性トークン)バブルの継続でしょう。世界最大のNFTマーケットプレイスopenseaでは、2021年8月の取引高がすでに10億ドルを超え、これまでに類を見ない盛り上がりを見せています。

ただ、個人的な感想としては、今回のNFTバブルは前回と比較すると、盛り上がっているのは暗号通貨の投資家ばかりで、一般の株式投資家の盛り上がりはかけていると思います。

また、先週(8月9日週)の話にはなってしまいますが、Solana(ソラナ)上でDegenerate Ape AcademyというNFTに関するプロジェクトが公開され、類人猿(ape)の絵がおよそ8分で完売したようです。

また、ここで生成されたNFT画像はSolanartというマーケットで取引されており1200万円もの価格で取引されたものもあります。

さまざまな要因はありますが、こうした出来事を経てSolanaなどのNFT関連銘柄は上昇を続け1週間で60%もの上昇を見せました。

そして、ついに日本の「はんこ」がNFT化されました。今回のNFT印鑑は、特徴的なハンコを販売していることで有名なシヤチハタ社が開発しました。このNFT印鑑は印影とID情報などを紐付け、押印すると押印した時間などのデータとともに電通や朝日新聞社などと共同管理するブロックチェーンに記録されるというもののようです。

私にはどのような点で役立つのか想像が難しかったのですが、シヤチハタ社は「通常の電子署名では印影がなく未決裁なのか、決裁済なのかがわかりづらい、その点を改善した」とのことです。

流行に乗った製品を出すのは、面白い試みではあると思います。しかし、しばしば「ブロックチェーン!」「NFT!」とそれっぽい言葉だけ並べて話題だけ作って終わりというプロジェクトも見受けられます。

現状でも電子署名という素晴らしい方式があるわけですから、本当にブロックチェーンを利用したほうが、うまく行くのかどうかという点について検証する必要があるでしょう。さまざまな意見はあると思いますが、私は現状の電子署名で十分でわざわざNFT印鑑にする必要があるのか懐疑的な目線で見ています。

◆ まとめ
今回触れたSolanaは秒速5万トランザクションを処理することができ、ブロック生成速度はわずか0.4秒という特徴を持ちます。これは既存金融の処理速度と比較しても遜色ありません。

もはや、はるかに上回る性能を出しています。おそらく、この超高速なチェーンは金融取引だけでなく、さまざまな分野でブロックチェーンを利用する際に役立つことでしょう。

もちろん、いろいろな観点から他のブロックチェーンと比較する必要がありますから、Solanaがあればビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は不要だ、または既存金融は不要だというような、そんな結論にはなりません。

NFT印鑑についても同じことがいえますが、電子署名とNFT印鑑、SolanaとETHとBTCなど、それぞれの特徴や個性をうまく引き出し、より面白く、便利な世の中になって欲しいものです。

今週は取引なし。総資産残高は、1万5320円 (イーサリアム=0.035ETH、現金2755円)で、7円の含み益。

◆ 児山将のワンポイントアドバイス
ソラナ(SOL)は7月の安値から3倍以上に上昇。時価総額ランキング10位となりました。バブル的な相場だった5月の高値をも更新し、史上最高値を付けているのですから驚きです。
NFT(非代替性トークン)の高額取引を見ると、アートという芸術作品がほとんどのため、素人には理解できない価値が付いているモノが多々あります。本当にこの価値があるのか、非常に疑問である部分が多いものの、市場が急速度で拡大していることは、便利なサービスが増え、暗号資産交換業者がそうであったように、正しい枠組みができることにつながるのではないでしょうか。

保有する暗号通貨    イーサリアム
前週からの損益      プラス7円
8月20日現在      1万5320円

明治大学 城正人(じょう まさと)
明治大学 城正人(じょう まさと) 経営学部2年。明治大学投資サークルBreakouts!に所属。暗号資産が今後の社会に与える影響に魅力を感じ手当たりしだい勉強中。これまで暗号資産のトレード経験はほぼなくETH(イーサリアム)ガチホを続けてきました。ポテンシャル、技術の面を中心にそれぞれの通貨の特徴を見極めて投資していきたいと思います。

■順調に上がるビットコインに乗る (職業大学校 さっちん)

みなさん、おはようございます。さっちんです。

今週(8月16日週)は543円の利益となりました。経緯は、先週(8月9日週)に1BTC(ビットコイン)=500万7040円の時に1万142円分を購入。16日時点で1万243円になり、6069円分を売却。4174円分は保持したままにしていました。

その後、ビットコインの価格は上昇。8月21日時点で1BTC=530万円になりました。その結果、4717円になりました。

順調に上がってきているおかげで、しっかり利益が出ているのでよかったです。しばらく放置して様子見してもいいかなと考えています。

最近、面白いなと感じたニュースは、ブロックチェーン分析会社Chainalysisが日常的にビットコイン(BTC)などの暗号資産を使用している国のランキングを発表しました。

ランキングによると、1位はベトナム、2位インド、3位パキスタンとなっていた。2020年度の1位ウクライナ、2位ロシア、3位ベネズエラから、変化していることがわかった。

Chainalysisでは「仮想通貨採用指標」を用いており、取引量だけではなく一般の人々の取引や貯蓄などの暗号資産の動かし方に着目している。受信されたブロックチェーン上の取引記録の仮想通貨額、送信されたブロックチェーン上の個人に対する販売額、P2P(ピアツーピア)取引所における取引量という3つの指標から154か国を評価している。

分析の結果として、新興国と先進国で異なっている。新興国市場では、多くの人が自国通貨の切り下げ備えた貯蓄の保護、資金の送受信、ビジネス取引を行うために暗号資産を使用している。

一方、北米、西欧、東アジアでは機関投資家によるものが多かったという。また、ベネズエラやベトナムなどの国がランキング上位になる理由としては中央集権型取引所(ビットフライヤーなど)にアクセスできないことが多く、P2Pプラットフォームでの取引量が大きいことが主な理由であることが考えられています。

では、また来週!

◆ 児山将のワンポイントアドバイス
東南アジアで暗号通貨の利用が盛んに行われていることは有名です。海外の暗号資産交換業者でも、一定の取引人数を誇っていると聞いたことがあります。これは、その国の法定通貨の安定性以外にも、暗号通貨のエアドロップが関係しているようです。物価が5倍や10倍違うため、日本人や欧米人とはもらえる金額のインパクトが違うのだとか。
そして、YouTubeでも積極的に暗号通貨の投げ銭を狙うユーチューバーが多いそうです。驚いたのは、インドルピーが比較的安定しており、暗号通貨の利用でインドが2番手に位置していることです。
かつての中国のように、暗号通貨を価値の保存や外貨との交換手段としているのかもしれません。ますます、インドの暗号通貨に関する法律のニュースは見逃せませんね。

前週からの損益     プラス543円
8月13日現在       1万1455円

職業能力開発総合大学校 さっちん
職業能力開発総合大学校 さっちん 職業能力開発総合大学校 電気専攻4年。どうも、おはようございます。2020年度も参加させていただきました。今年度は、みなさんが朝からフフッて笑える取引を目指していきたいと思います。応援のほどよろしくお願いします。

◆ 体調不良のため、今週も取引をお休みしました(同志社大学 しながいトレーダー)

前週からの損益   プラス・マイナスゼロ
8月20日現在           1万円

同志社大学 しがないトレーダー
同志社大学 しがないトレーダー 同志社大学法学部2年。茶道部に入っており、趣味は読書と映画鑑賞。父親の影響もあり、幼いころから投資への関心が強く、2017年から暗号通貨市場に興味を持つ。夢は、積立投資で早期リタイヤし、やりたいことをして幸せに生きること。トレード自体は始めたばかりなので、初心者。半年間で暗号通貨を知り尽くすのが目標。

◆ 大学対抗 1万円からはじめる暗号通貨バトルのルール
・元本は1万円です。
・投資する暗号通貨の選定は自由です。ただし、国内で購入できる暗号通貨に限ります。
・レバレッジは、かけられません。
・20%を超えて下げた場合は、強制的に取引を停止(ロスカット)します。
・元本割れは1回まで。リベンジ(再投資)可能ですが、2度、資産(合計で2万円分)を失った場合は、その時点でリタイアとなります。
・順位は、11月26日時点の運用損益で決めます。

学生投資連合USIC

「学生の金融リテラシー向上」を理念に全国26大学1000人以上で構成。企業団体・官公庁との勉強会の開催、IRコンテストの運営、金融情報誌「SPOCK」を発行する。
http://usic2008.com/

関連記事(外部サイト)