相次ぐ参入! コロナ禍で苦境の外食大手がチキンバーガーに頼るワケ?

外食業界は、どこかが当てた商品に他社が相次いで参入するのが常だ。ここ数年だけでも、タピオカドリンクやパンケーキが記憶に新しい。

長引くコロナ禍で、居酒屋やファミリーレストランの売り上げが大幅に崩れるなか、外食大手が新たに注目した商品がある。揚げたり焼いたりした鶏肉をパンで挟んだチキンバーガーだ。

■鳥貴族、焼肉ライク、ロイヤルホスト... 続々オープン

焼き鳥が主力の居酒屋チェーン「鳥貴族」を展開する鳥貴族ホールディングス(HD)は2021年8月23日、チキンバーガー専門店「トリキバーガー」の1号店をオープンした。店の場所は、東京都品川区にありながら下町のような雰囲気で、小さな飲食店が多いJR大井町駅近くだ。店内で飲食できるスペースを設けているほか、持ち帰りも可能だ。

午前10時30分以降に販売する看板メニューは、店の名を冠した「トリキバーガー」だ。約100グラムの鶏の胸の一枚肉を揚げて、レタスやレモンマヨネーズと一緒にパンで挟んだ。他にも鳥貴族らしさをにじませた「焼鳥バーガー」や「つくねチーズバーガー」なども用意。いずれもフライドポテトとドリンクとのセットで590円に設定した。午前10時30分まではモーニングメニューを提供する。

「鳥貴族」で提供する料理と同様に国産食材を使っているのも売りだ。鳥貴族HDは2021年4月までの9か月間の連結最終損益が14億円の赤字に沈んでおり、「トリキバーガー」オープン日に駆け付けた大倉忠司社長は、

「今後は国内外に進出して、世界のトリキバーガーにしていきたい」

と発破をかけた。

チキンバーガー専門店を巡っては、1人焼き肉の「焼肉ライク」を展開するダイニングイノベーショングループが7月、「ドゥーワップ」の1号店を東京都渋谷区の代官山駅近くに開店。ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」のロイヤルHDは5月、「ラッキーロッキーチキン」の1号店を東京都品川区の武蔵小山商店街にオープンさせており、期せずして3社がほぼ同じタイミングで参入した。

■「勝ち組」ファストフード業態に乗れ!

コロナ禍で、外食産業は営業時間や酒類提供に制限を課せられる一方、消費者の側も外出を自粛したり在宅勤務が増えたりして行動が変化した。居酒屋やファミリーレストランが大打撃を受けているのは、こうした環境の変化がマイナスに影響したせいだ。

だが、持ち帰りに対応している商品を扱う店舗は消費者の心をつかんだ。在宅時間は伸びたが、いつも自宅で料理を作っていては手間になるからだ。

コロナ禍でも活況な店舗の代表格はケンタッキーフライドチキンで、から揚げ専門店も参入が相次いでいる。コンビニ各社も、セブン−イレブンの揚げ鶏、ななチキ、ファミリーマートのファミチキ、スパイシーチキン、ローソンのLチキレギュラー、Lチキレッドチキンなど、力を入れている。

鶏肉は調達しやすく、揚げる調理は店舗運営として比較的容易である面も売り手にとっては魅力だ。この「鶏肉」と「持ち帰り」を組み合わせた先に導き出された答えの一つがチキンバーガーだったのだ。

日本フードサービス協会がまとめた2021年7月度の外食売上高(全店ベース)によると、業態別ではファミリーレストラン業態が20年同月比6.5%減、コロナ禍前の19年同月比28.8%減、パブ・居酒屋業態は20年比38.5%減、19年比70.0%減と大きく落ち込んでいる。

これに対してファストフード業態は20年比8.6%増、19年比でも3.9%増とプラスを確保しており、こうした業態による大きな違いが各社の戦略を方向付けている。(ジャーナリスト 済田経夫)

関連記事(外部サイト)