株式分割前の買いは吉か凶か!? DX関連事業のグローバルウェイ(同志社大学 SYさん)【企業分析バトル】

8月も終え、徐々に暑さが和らいでくる頃。そんなことは裏腹に、新型コロナウイルスの感染拡大がさらに猛威を振るう。デルタ株の驚異的な広がりに、緊急事態宣言が発令されたが驚きはない。もはや、緊急事態宣言の期間のほうが長いように思うほど。大学はまたもオンラインになりそうな予感......。

さて本題だが、今回注目した銘柄は「グローバルウェイ」(3936)だ。じつは先月(2021年8月)の三井金属と迷い、最終的に選ばなかったのがこの銘柄。かなり後悔している......。

参考リンク:「脱炭素の切り札は『全固体電池』だ! 三井金属を買ったワケ(同志社大学 SYさん)【企業分析バトル】」(J-CASTニュース 会社ウォッチ 2021年8月15日付)

■システム開発者向けのプラットフォームの展開

グローバルウェイ「プラットフォーム事業の事業概要と今後の戦略について」より

参考リンク:グローバルウェイ IRTV「プラットフォーム事業の事業概要と今後の戦略について」

「プラットフォームビジネス」――。今回、この点に最も注目した。プラットフォームとは、「システムやサービスを稼働させるための基盤」を指す。たとえば、GAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)や、中国版GAFAともいわれるBATH(バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ)などといった、誰もが聞いたことのある企業もプラットフォーム企業の一つだ。

日本は、このプラットフォームビジネスという面が非常に遅れているように思う。

日本企業はどうしても横のつながりが強く、企業間でデータの共有をしようという意識が非常に低い。このことによる弊害は、さまざまな面で現れている。

プラットフォームビジネスは、参入する企業が増えればさらに社会的便益が増えるとされている。経済学的に言えば、サイド間ネットワーク効果(顧客が増えれば増えるほど、ネットワークの価値が高まり、顧客にとっての便益が増えていくこと)が大きく働く。

この分野は今後非常に重要性が増すと考えるが、リスクも高い。やはり、GAFAをはじめとする巨大企業に割って入ることは非常に難しい。この点は考慮しないといけないが、今回は、短期的な目線で見るため、あまり考えないとする。

具体的な業績を見ても、2021年第1四半期のプラットフォーム事業の業績は前年同期比プラス15.1%と順調な伸びを示している。

■セールスフォース、リクルーティング事業も魅力

グローバルウェイはプラットフォーム事業以外にも、セールスフォース事業・リクルーティング事業・シェアリングビジネス事業・メディア事業など多岐にわたり事業を展開している。

セールスフォース、これはアメリカのセールスフォースドットコムの事業を引き受けている。セールスフォースもまた、プラットフォームの一つである。私自身のアルバイト先も今年度からセールスフォースを導入し、今までは紙で行っていた管理をすべてオンライン上で行っており、脱炭素・ペーパーレスと環境にも良いものになっており、ますます日本でも広がりを見せるのではないだろうか。

そして、今回買いに至った大きな要因として、株式分割を挙げる。グローバルウェイは、現在の株式を1対5の比率で、2021年9月16日に株式分割すると発表した。

参考リンク:グローバルウェイIR情報 株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更に関するお知らせ

では、なぜ株式分割というポイントに注目したのか。それは、株式を分割し、一株当たりの価格を引き下げることで、株が買いやすくなるからだ。

日本株は100株からの購入の企業がほとんどであるため、なかなか手を出しにくいが、今回の株式分割で少しは手を出しやすくなるだろう。そうすれば、必然的に出来高が増え、株価の安定性が増す。株価が上がるか下がるかは別として......。

グローバルウェイ(参考:Yahooファイナンス)

これらのポイントを考慮したうえで、8月は運用資金を使い切ってしまっているため、2021年9月1日の始値で200株を買う。直近のチャートを見ると乱高下を繰り返しており、おそらく短期的な運用になると見込んでいる。

グローバルウェイ(3936)
年初来高値(2021年8月12日)  8390円
年初来安値(2021年7月21日)  1099円
購入時の株価(2021年9月1日) 6340円
購入株数             200株

同志社大学 SY 政策学部2年。投資サークルに所属。未成年なので、株式投資は親の口座で少しだけ。じつは体育会系の部活に所属している(本当はいけないのだが......)。趣味は野球観戦とアイドルの動画を見ること。企業分析バトルを通じて、知識向上に頑張ります!

関連記事(外部サイト)