プロレスラーで「消防応援団」の蝶野正洋さんが「命を守る」ために訴えたいこと!【防災を知る一冊】

9月1日は「防災の日」。1923(大正12)年9月1日に関東大震災が起きてから、もうすぐ100年になろうとしている。また、近年は9月に大型台風が上陸したり、長雨が続いたりして、各地で風水害も発生している。9月は防災、自然災害、気候変動、地球温暖化をテーマにした本を随時、紹介していこう。

プロレスラーの蝶野正洋は、日本消防協会「消防応援団」の一員として、防災活動のPRに努めている。本書「防災減災119」(主婦の友社)は、蝶野さんが企画・発案し、防災アドバイザー(東京消防庁OB)の加藤孝一さんが監修した防災マニュアルだ。

地震、火災、風水害、災害後の4つのパートからなり、119の防災減災のポイントをまとめている。すべてのページにわかりやすいイラストが付いているので、頭にすぐ入る。

「防災減災119」(蝶野正洋企画・発案 加藤孝一監修)主婦の友社

■料理中に揺れが来たら、まず頭を守る

蝶野正洋さんは「消防応援団」のかたわら、2014年、「ニューワールドアワーズスポーツ救命協会(NWHSLA)という地域防災・救命救急の啓発を行う組織をつくった。救命救急の講習を受けた際、脳幹出血で亡くなったプロレスラーの同志、橋本真也選手と試合中の事故で亡くなった三沢光晴選手のことが頭に浮かび、AED(自動体外式除細動器)の使用法や心肺蘇生法を知ってもらう消防イベントなどに協力している。

蝶野さんは、命を守るために、まずは自分で自分を助ける「自助」を身につけよう、と本書で訴えている。

119のポイントは、どれも具体的だ。たとえば、キッチンで夕食を料理中に大地震が発生したらどうしたらいいのか? 火を消すことよりも、「まずはダイニングテーブルの下に潜り、頭を守って」とアドバイスしている。揺れが収まった後に火の始末をし、出口を確保。いつでも避難できるよう、玄関のドアや部屋の窓を開ける。その際は飛散した食器やガラスで足をケガしないように、底の厚いスリッパを履く。

1980年代以降は、マイコンメーター(ガス遮断装置付きガスメーター)の普及により、震度5程度以上でガスは自動的に止まるようになった。慌てて火を止めに行くより、身の安全を図ったほうがいい。

トイレの最中に揺れが来たらどうしたらいいのか? 家の中では比較的安全といわれてきたトイレだが、ドアがゆがみ、閉じ込められることもある。「すぐにドアを開けて出口を確保。揺れが収まったら、玄関などの安全な場所へ移動する」。ドライバー1本を用意しておけば、閉じ込められた時にドアをこじ開けるのに役立つそうだ。

■火災は通報・初期消火・避難が原則

火災の項目では、消火も避難も、重要なのはひとりではなく、周辺にいる人たちの協力、「共助」も重要だ、と書いている。

たとえば、雑居ビルで火災に遭遇、何か手伝えることはあるのか? 火災の対応の原則は、「通報(周囲へ大声や火災報知機で知らせる、119番への通報)」「初期消火」「避難」だ。消火器を見つけたら、「ピ・ノ・キ・オ」の順に対応する。「ピンを抜く」「ノズルを持つ」「(3メートルほどの)キョリをとる」「(レバーを)オす」」という意味だ。ちなみに初期消火は天井に火が移ったら、素人には限界なので、即避難すること。

避難の心得は「お(押さない)・か(駆けない)・し(しゃべらない)・も(戻らない)」と覚えておこう。

黒い煙がまん延したら、消火よりもまずは逃げることだ。火災初期の白い煙は水分を含むが、黒い煙は不完全燃焼による一酸化炭素が多く含まれ、非常に危険だ。低い姿勢で廊下・壁に沿って外へ避難しよう。

腕をやけどした子どもを発見した時の応急処置の方法は? 「やけどは水道水の清潔な流水で、10分以上冷やすことが基本」だ。ちなみに冷水や氷のうを患部に当てるのはNG。内出血を起こしたり、凍傷になったりすることもあるので、絶対に避けること。また、消毒液や軟膏を自己判断で塗るのも避けよう。やけどの状態で処置は変わるため、よく冷やしたら、必ず医師の診断を受けよう。

■身近なモノで在宅避難が便利に

「災害後」の項目では、在宅避難をすることになった時、身近な役立つ物の利用法を紹介している。ペットボトルの水をスマホのライトで照らした状態でセットすれば、即席の照明になる。懐中電灯にレジ袋をかぶせても、同じように照明として使用可能。ろうそくや懐中電灯では一部分しか照らせないが、広範囲を明るくすることができる。

水道が止まっている間は、食器を洗う回数を減らしたい。そこで重宝するのが「フィルムラップ」。皿に巻いて使うことで、食事後は剥がせばいい。洗う手間も省ける。

水道とガスが使えない時は、ポリ袋調理が便利だ。ポリ袋に加熱したい食材を入れ、袋の口を結んで、カセットコンロで沸騰させたお湯の中に入れるだけだ。一度に複数の調理が可能な上に、食器や鍋が汚れないから洗う必要もない。

災害時には自治体の応急給水拠点(水道局庁舎、公園、学校など)から、飲料水の供給を受けられる。その場合、1人1日3リットルが目安だ。弁当やパンなどの食料は避難所にいる人が優先になる。だから、家族分×1週間分の食料と水を備蓄することが大切だ。

監修した加藤孝一さんは、普段から地元の消防本部のホームページにアクセスして、防災減災情報をチェックすることを勧めている。暮らしの安全につながるさまざまな情報が載っているそうだ。

蝶野さんは最後に、日頃から家族で避難経路を一緒に歩いてみたり、備蓄品を確認したり、休日にはキャンプを通して、防災減災に役立つサバイバルスキルを身につけよう、と呼び掛けている。防災の常識は日々進化している。水や食料とともに、こうしたマニュアル本も常備したいものだ。(渡辺淳悦)

kaisha_20210910192018.jpg

「防災減災119」
蝶野正洋企画・発案 加藤孝一監修
主婦の友社
1320円(税込)

関連記事(外部サイト)