半導体不足が解消に向かう? 台湾のTSMCが熊本に新工場を建設【馬医金満のマネー通信】

みなさん、こんにちは。馬医金満です。

スマートフォンやパソコン、自動車などに利用されている半導体。世界的な半導体不足で、半導体メーカーに注目が集まっています。

なかでも、半導体の受託製造で世界最大手の台湾のセミコンダクター・マニュファクチャリング(台湾積体電路製造=TSMC)の動きは、その一挙手一投足が気になります。TSMCの日本への投資計画について、見てみます。

■異例! 日本政府の手厚い支援

TSMCは2021年10月14日、21年第3四半期のオンライン決算発表の席上で、熊本に新工場を建設する計画を発表しました。雇用は約2000人を見込み、総事業費は8000億円規模にのぼるといわれており、かなり大規模な建設計画のようです。

これを受けて、経済産業大臣の萩生田光一氏は翌15日、「必要な予算の確保と、複数年度にわたる支援の枠組みを速やかに構築したい」と、手厚く支援していく姿勢をみせています。これは、かなり異例の対応といえるでしょう。

来年(2022年)に着工し、24年に稼働を開始するというスケジュールです。

ただ、製造される半導体については、じつは性能がトップクラスという製品ではないようです。TSMCは回路線幅が22ナノメートルから28ナノメートルという汎用性の高い製品であると説明しています。

「熊本」という立地については、大口取引先のソニーグループが持つ熊本県菊陽町の画像センサー工場の近くに建設するというもので、数年後にソニーの工場へ大規模に供給する予定なのではないかと、ささやかれているようです。

また、この建設計画にはデンソーも加わっており、トヨタ自動車グループ向けの需要も確保する狙いもあると考えられるでしょう。

TSMCのホームページによると、同社は世界各地に500を超える取引先があり、半導体メーカーなどからの受託で汎用性の高い半導体から微細化の技術を高めた最先端の半導体まで幅広い製品を製造しています。

米国や欧州、中国、韓国などに拠点を置いていて、2020年には米国に最新の工場を建設すると発表しました。TSMCは台湾内に9工場、国外に3工場を展開しており、海外の工場も米国と中国という、GDP(国内総生産)で世界1位と2位の超大国に建設しています。そう考えると、日本に工場が建てられるというのは快挙かもしれないと思っています。

半導体は現在、世界各地で不足が続いており、サプライチェーンにも影響が出始めています。その中にあって、日本に大きな工場が建設されることになったので、今後も注目していこうと思っています。

では、また。(馬医金満)

関連記事(外部サイト)