50代、変化に対して億劫になってきたら黄色信号! 今から心の免疫力を高めておく【ひろ子ママの教訓 その81】

きょうは、企業にお勤めの50代のHさんがいらっしゃっています。

「40〜50代は使えないとか、生産性が低いとか、そんな記事をここ最近目にする機会が増えました。そういえば、先日のサントリーホールディングスの新浪剛史社長の『45歳定年』発言からかな。風当りが強いのは。もちろん、言いたいことはわかりますし、該当する年齢なので『このままじゃまずいな』という危機感はあります。とはいえ、会社員の私に何ができるでしょう。仮に雇用延長を受け入れるとして、会社でどうやっていけばいいのでしょう」

■変化に慣れる準備をしておく

先日、60歳で再雇用になったお客様がお見えになって、話をお聞きました。給与は現役時代の3分の1になったけれど、まぁ働き続けられるからいいのかなという気持ちと、やっぱりもう少し給与が高かったらいいなという気持ちが混ざっているということでした。

2021年の「改正高年齢雇用安定法」で、定年が70歳まで引き上げられたものの、日本の企業が右肩上がりで成長していれば別ですけど、さすがに賃金のベースアップを期待するのは難しいですよね。

そこで自ら変化に慣れる準備をしておきましょう。50代と60代では企業においての立場、社会からの評価が残念ながら変わります。代表取締役やそれに近い役職になっていないと、これまでの会社の肩書きはなくなると考えておいたほうがいいでしょう。役職なんて気にしていないと言っていた人も、いざ60代を迎えると

・給与が少なくなった
・役職がなくなった
・取引先の態度が変わった

など......。なかなか現実を受けられないという声も聞きます。

そのため、自分の中で変化に慣れる準備をしておきましょう。じつは私たちは40代〜50代と、だんだん変化しない生活に馴染んでしまっています。私もそうですが、洋服は決まったブランドやお店でしか買わなくなったり、決まった飲食店を選んでいたりと、無難なものを選んで、だんだんと冒険しなくなっているのを実感しています。

このように時間と労力を極力減らしながら、ふだんの生活から変化が少なくなってきているのです。ここに、いきなり「雇用延長」などで変化がドンとやってきても、なかなか受け入れられない人が多いのですね。

■やらないことを決める

たとえば、

・いつもと違うブランドの洋服を購入してみる
・新しい飲食店を開拓してみる
・新しい知り合いを作ってみる

でもいいと思います。

まずは自分の中に刺激を与えてみましょう。そうすることで変化に対しての免疫が少しずつできていくはずです。年下やまったく違う業界の知り合いを作っておくと、若い年代の考え方や世の中から、どんなふうに40代〜50代が見られているかなど、本音を聞けるかもしれません。

なかなか同じ会社の部下からは面と向かっては聞けないことなどを聞いておくと、心の免疫力が少しは高まるのではないでしょうか。

50代は、変化を求めるために闇雲にいろんなことを始めたり、手を出したりする時間はありません。人生のちょうど半分と言っても時間が限られているので、まずは「やらないこと」を決めてみてはいかがでしょう。

・飲み会に行くのをやめてみる
・八方美人であるのをやめてみる
・マウンティングをやめてみる

「〜しなくちゃ」「〜しなければならない」と義務でやっていたことを「やらない」と決めることで気持ちがスッキリします。

相手によく見せようとか、できる人に見せようとか、辞めてみると気持ちが楽になったりするのです。プライドの高い人ほど、役職がなくなることに対して、変化を受け入れられない人が多いと言いますが、少しずつ自分の中の殻を破っておくと、こだわっていたことが意外とたいしたことじゃないんだなと気づけるかもしれません。Hさんも今から何か始める前に、まずは何かをやめてみてはいかがでしょう。(ひろ子ママ)

関連記事(外部サイト)