「バルミューダフォン」寺尾社長が弾いた算盤 新たな価値とデザイン性、高価格でも売れる商品で勝負!

国内で流通しているスマートフォンのメーカーと言えば、米アップルが過半のシェアを握り、残りを韓国サムソンや中国ファーウェイなどのアジア勢、ソニーやシャープといった日本勢で奪い合う構図だ。

採算が合わずに撤退する日本メーカーが相次ぐなか、あえて新興家電メーカーのバルミューダが新たに参入した。そのデザインや機能を巡ってインターネット上で早くも賛否が分かれている。果たして勝算はあるのか――。

■地中海の国々を放浪、ミュージシャン... 異色の経歴

「現在のスマートフォンがあまりにも画一的になっている」――。バルミューダがスマホに参入したきっかけは、寺尾玄社長のこうした疑問だった。

2021年11月16日に発表した同社として初めてのスマホ「バルミューダフォン」は、基本ソフト(OS)にアンドロイドを搭載し、通信規格は「5G」に対応。予定管理などの基本アプリやホーム画面はカスタマイズが加えられている。バルミューダは企画・デザインを手掛け、生産は京セラに委託した。販売は自社のオンラインストアや直営店で行うほか、携帯電話会社では、ソフトバンクが取り扱う。

特徴的なのはデザインだ。4.9インチの画面は現在のスマホの中では小ぶりだが、持ちやすいサイズを優先した。背面が湾曲しているのも、自然に手になじむ形状を目指したため。正面から見ても形状が緩やかなカーブを描いており、「一か所も直線を含まない唯一のスマートフォン」とPRしている。

デザインに特徴がある「バルミューダフォン」(画像は、公式サイトより)

このデザインを手掛けたのは、代表取締役社長兼チーフデザイナーである寺尾氏。1973年生まれの寺尾氏の経歴は異色だ。高校中退後、地中海沿岸の国々を約1年間にわたって放浪した。帰国してからはミュージシャンとして活動し、ロックスターを目指していた。

そんな日々の中で、米アップルの共同設立者の一人であり、デザイナーでもあったスティーブ・ジョブズらパソコン創世記に活躍した人物を描いた著作を読み漁り、20代後半でものづくりの世界に転身した。2003年に前身のバルミューダデザインを創業し、2020年には東証マザーズ上場を果たした。

■大ヒット、扇風機やトースターに見る「必勝」パターン

バルミューダの名を世間に知らしめたのは、2010年に発売した扇風機だろう。家電量販店には数千円程度の製品が並ぶなか、バルミューダは3万円台の製品を投入。自然界の風と同じような気持ちよさを目指したコンセプトが受け入れられ、累計50万台を超えるヒット商品となった。

2015年にはスチームトースターを発売。炭火で焼いた食パンの味を再現しようと、蒸気と温度を制御する技術を編み出した。こちらは累計販売は120万台を超えている。自前で製品を開発して、生産は社外に委託する「ファブレス」の手法を取る。

扇風機とトースターに共通するのは、市場が大きく、かつ成熟し尽くしているという点だ。バルミューダは新たな価値を加えてデザインを重視した高価格品を開発し、低価格品がひしめく市場に投入。既存品に物足りなさを感じていた一定数の消費者のニーズをすくい取った。この勝ちパターンをスマホでも狙っているのだ。

バルミューダフォンの発表後、「SIMフリー」モデルで10万4800円の価格が性能に見合っていないと指摘したり、デザインの物足りなさを嘆いたりする記事や投稿がインターネット上に相次いだ。裏を返せば、バルミューダの製品は注目されるようになっており、期待のレベルも高く設定されているということだろう。実際に日々、使うユーザーの評価がどのあたりに落ち着くかが、ひとまず注目点だ。(ジャーナリスト 済田経夫)

関連記事(外部サイト)