社員の健康を守り、職場に活気を! ストレスチェックと産業医で実践(彌生ヂーゼル工業 細田健社長)

「健康経営優良法人」を目指す経営者が増えている。

2020年度は、全国で大規模法人部門1801法人、中小規模法人部門7934法人が認定を受けたという。健康経営優良法人の認定を目指す企業経営者に向け、「健康経営のススメ!」を連載している。これまでに認定を受けた企業や積極的に健康経営を推進している企業の先進事例を紹介。コロナ禍で社会的課題となっている従業員のストレス対策など、産業医のアドバイスを有効に活用している企業の事例など、できるだけ具体的なノウハウに焦点を当てる。

第7回は、東京都江戸川区で自動車整備業を営む彌生ヂーゼル工業株式会社。従業員は40人。経済産業省の「健康経営優良法人 2021」に認定された。代表取締役社長の細田 健(ほそだ・けん)さんに聞いた。

■会社負担で「がん保険に加入

――健康経営を始めようと思われたキッカケはなんですか。

細田健社長「企業は『社員のやる気』に支えられており、以前から『社員の健康』が職場の活気となり、企業の発展につながると考えていました。これまでも、社員満足度(ES)の向上に力を入れてきました。そんな時に、東京商工会議所と健康経営の導入実践で協働している保険会社さんの健康経営アドバイザーの方から『健康経営』を紹介され、2020年に『健康企業宣言』を行いました。東京都自動車整備健康保険組合ではじめて、『銀の認定証』を獲得できました」

――これまで、どんなことに取り組まれてきましたか。

細田社長「健康経営を導入する上での課題を特定するために、『健康習慣アンケート』を社員全員に受けてもらい、『健康に対する意識改革』を進めました。社員食堂に、『健康コーナー』を設置し、体温計・血圧計・体組成計を用意し、従業員が健康を意識する環境作りから始めました。同時に、従業員数50名未満の為、義務化されていないストレスチェックを実施し、さらに、保険会社が用意してくれた『健康経営ワンポイントアドバイス』を活用し、食生活の改善や運動機会を増やすためのレクチャーを行い、禁煙についても、タバコやニコチンの悪影響について啓蒙しています。また、インフルエンザ予防接種も、会社負担で実施しました。
昨年から、社員がガンに罹患しても早く職場復帰できるよう、会社の負担で『ガン保険』に加入し、罹患しても、社員本人とその家族が安心して治療に専念できる福利制度を整えました」

■目指すは「社員とその家族が安心して働ける職場」

――今回、産業医プログラムも活用されました。導入の経緯を教えてください。

細田社長「これまでの実施済みのストレスチェックは法定要件を満たさないものであることがわかり、総務部長と法定要件を満たすストレスチェックの実施を検討している時に、健康経営を提案してくれた保険会社さんから『産業医プログラム』の提案を受け、採用しました。高いストレスがある社員が出た場合、スポットオンライン産業医面談が利用できることがポイントでした。今秋(2021年)の『健康経営優良法人認定』の取得にも効果があると期待しています。

――健康経営に取り組まれて「効果があった」「よかった」と思われるようなことはありますか。

細田社長「『社員が健康を維持できてはじめて企業として成長できると考えてきました』『会社の財産である社員に、長く働いてもらえる環境を整備することができた』と達成感があります。健康経営の取り組みが社員を守り、さらに操業を止めないことで、安全な交通社会への責任も果たせると考えています」

【企業概要】
彌生ヂーゼル工業 株式会社

彌生ヂーゼル工業株式会社 (彌生ヂーゼル工業提供)kaisha_20211201152444.jpg

代表取締役社長 細田 健さん

当社は、自動車の整備を通して安全・安心な自動車輸送により日本の物流業界に貢献するとともに、社員一人ひとりの幸福を目指すことを経営理念としています。
戦後間もない1946(昭和21)年5月に創業し、自動車事故が起きないように、また安心・安全に運転していただけるようにと願い、一貫して自動車整備に取り組んできました。当社社員一同、お取引先様はもとより、会社・家族に対して常に「感謝の気持ち」を持ち日々業務に励んでいます。
今後ますます事故の起きないクルマ、環境に優しいクルマが増えてきますが、当社は今後も安全や環境技術の進化に伴う高度な整備技術に磨きをかけていきます。
従業員は正社員40人。東京商工会議所会員、江戸川支部役員。
https://www.yayoidizel.co.jp/

関連記事(外部サイト)