米国の早期金融引き締め観測で株安に長期金利の上昇... 引き続き懸念材料に(1月17日〜21日)【株と為替 今週のねらい目】

米国の早期の金融引き締め観測に、米国株が下落に転じるとともに長期金利が急上昇。ドル円相場も下落した。引き続き、米国の金融政策のゆくえには注目。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大も、景気回復の足を引っ張りそうだ。

どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

■東京株式市場 日銀の金融政策決定会合に注目

日経平均株価予想レンジ:2万7500円〜2万8500円

2022年1月14日(金) 終値 2万8124円28銭

今週の東京株式市場の日経平均株価は、もみ合いか。

前週の日経平均株価は2週連続で大幅続落し、一時2万8000円を割り込んだ。米国の早期の金融引き締め観測に米国株が下落。米国の長期金利が一時1.8%台に上昇したことも嫌気された。また、日本銀行が2%のインフレ目標を達成前に利上げを開始できるかを議論している、との観測報道が出たことも売り材料となった。

今週の日経平均株価は、上値が重いなか、もみ合いとなりそうだ。引き続き、米国の早期の金融引き締め観測が懸念材料だが、日経平均株価は2万8000円割れの水準では、値ごろ感からの買いも入っている。

25〜26日にFOMC(米連邦公開市場委員会)を控え、米国の金融政策関連の報道に、神経質な動きが続きそうだ。一方で、日銀の利上げ観測記事が出たことで、17日からの金融政策決定会合にも注目が集まっている。政策変更の可能性はないと予想されるが、どのような議論が行われるのかが焦点となりそうだ。

■東京外国為替市場 米ドル、上値が重い展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=112円80銭〜115円50銭

2022年1月14日(金)終値 114円20銭

今週の外国為替市場でドル円相場は、ドルの上値が重い展開か。

前週のドル円相場は、ドルが下落した。週初、1ドル=115円後半まで上昇していたドルは、米国の早期の金融引き締め観測が強まったことで、一時、1ドル=113円台半ばまで下落した。日銀の利上げ観測報道も円買い・ドル売り材料となった。

今週のドル円相場は、ドルの上値が重い展開となりそうだ。基本的に米国の金融引き締めはドルの支援材料だが、急激な動きはリスク回避のドル売りにつながる。米長期金利が一時1.8%台に上昇するなど、長期金利の急上昇もドル売り材料になる。

このため、米国の早期金融引き締め関連の報道などに神経質な展開となりそうだ。ただ、目先の円買い材料にも乏しく、ドルの大きな下落はないと予想される。

経済指標は、国内では17日に日本銀行の金融政策決定会合(18日まで)、11月の機械受注、18日に日銀の黒田東彦総裁会見、20日に12月の貿易収支、21日に日銀金融政策決定会合議事要旨(12月16〜17日開催分)、12月の全国消費者物価指数などが予定されている。

海外では、17日に中国の10〜12月期GDP(国内総生産)、中国の12月の鉱工業生産と小売売上高、19日に米国の12月の住宅着工件数、20日に米国の12月の中古住宅販売などが予定されている。

(鷲尾香一)

関連記事(外部サイト)