大学卒業式「心に響く学長の挨拶」はコレ! 会社ウォッチ編集部が独断で選ぶ珠玉の言葉の数々【2:とらわれない視点編】

2022年3月、多くの大学で卒業式が行われて、卒業生たちが巣立っていった。

コロナ禍、ウクライナ危機という未曽有の歴史の大転換のさなか、それぞれの大学の学長・総長たちは、社会の荒波に飛び込んでいった教え子たちにどんな激励のエールを贈ったのか。

どう社会と向き合い、どうやって生きていくか。教え子たちを思う熱情にあふれた言葉の数々。J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部が、独断で選んでみた。

■「早く行きたければ一人で進め、遠くまで行きたければ皆で進め」

京都精華大学 ウスビ・サコ学長(公式サイト:学長からのメッセージより)

<大学卒業式「心に響く学長の挨拶」はコレ! 会社ウォッチ編集部が独断で選ぶ珠玉の言葉の数々【1:平和への願い編】>の続きです。

やわらかい話題やたとえ話からかみ砕くように、人生の荒海に漕ぎ出しいく卒業生にエールを送る学長・総長も多かった。

京都精華大学のウスビ・サコ学長は、アフリカのマリ共和国出身だ。日本に来て30余年。現地の言葉であるバンバラ語をはじめ、英語、フランス語、中国語、そして関西弁が堪能だ。卒業生に贈る挨拶は、「AW NI CHE, AW NI SEGUE, AW NI BARA」というバンバラ語で始まった。

「さきほどの私のバンバラ語の挨拶には、祝福の意味のほかに『ご苦労さまでした』という意味が含まれています。困難な道のりをたどって本日、卒業あるいは修了という地点にたどりついた皆さんの精神力をたたえたい。(中略)皆さんが手に入れたのは、様々な専門知識はもちろんですが、それ以上に、ともに学んできた学生、教職員との信頼関係と深い友情です」

そして、アフリカの「ことわざ」をもってして、こう伝えたのだった。

「アフリカには、『If you want to go fast, go alone. If you want to go far, go together. 早く行きたければ一人で進め、遠くまで行きたければ皆で進め』ということわざがあります。『遠くに行くためには皆で進め』からは、組織の多様性についての示唆をえることができます」
「似たような価値観を共有する仲間うちで意思決定するなら、摩擦も少なく、効率的に物事を進められるかもしれません。しかし、その場合、私達は誰でもが思いつく手近なゴールしか目指せません。それよりも遠くへ行くためには、オープンで多様性にとんだ組織になることが必要なのです」

つづいてサコ学長は、ノーベル物理学賞を受賞した米国プリンストン大学上席研究員の真鍋淑郎さんの受賞コメントを話題にした。「(自分は)日本で調和の中で生きることはできない」といった趣旨の言葉だ。サコ学長は自分の日本での経験を引き合いにこう語った。

「長く日本に住む私にとって、真鍋さんが言及した『調和』という言葉は、とても京都っぽい皮肉にも聞こえました。日本人であれば、ここで『調和』と言われているのは『同調圧力』のことだとすぐに気がつくでしょう」
「『出るくいは打たれる』ということわざが示しているように、個人の能力よりも集団の調和を過剰に重視するのが、日本の慣習になっているようです。しかし、せっかくの能力が埋もれてしまってはもったいなくないでしょうか? そして『もったいない』というのも日本独特の表現ではなかったでしょうか?」

そして、卒業生たちにこうエールを贈ったのだった。

「みなさんの進路は、会社員、公務員、作家、クリエーター、フリーター、ニート(「自由人」とか?)、大学院生などさまざまです。(中略)キャリア教育で、皆さんは『自分の好きを仕事にしてください』と教えられたはずです。その『自分の好き』を貫きながら、さらに社会の変革、いわゆるソーシャル・イノベーションにもチャレンジしてください。失敗を恐れず、もし壁にぶつかったときには、常に京都精華大学という皆さんの原点に立ち帰って下さい」

■「赤毛のアン」の尽きない好奇心と底抜けの明るさ

京都大学 湊長博総長(公式サイト:湊 長博総長からのメッセージより)

京都大学の湊長博総長は、新たな旅立ちへのワクワク感をこう表現した。

「100年以上前に発表されたカナダのモンゴメリー夫人による小説『赤毛のアン』の主人公アン・シャーリーの言葉を送っておきたいと思います。
『I love bended roads. You never know what may be around the next bend in the roads.』
私は曲がり角のある道が大好きだ。次の角を曲がったら、一体どんな景色なのか、どんな人と出会いどんな出来事が待っているのか、わくわくする、といったところでしょう」
「この大河小説の底流に一貫しているのは、人生と自然への自由で尽きない好奇心と他者への限りないエンパシー、そして底抜けに明るい楽観主義です。これから先の皆さんの人生には多くの曲がり角が出てくると思いますが、近道や最短距離を歩く必要はありませんし、回り道や遠回りをすることを恐れる必要もないと思います」

さらに、アップル創業者のひとりスティーブ・ジョブズが米スタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチを紹介して、卒業生を励ましたのだった。

「『The only way to do great work is to love what you do. If you haven't found it yet, keep looking until you find it. Don't settle』
さらに、スピーチの最後を『Stay hungry, Stay foolish』という有名な言葉で結んでいます。この『foolish』という言葉には、『clever』である必要はない、回り道を恐れるな、という意味が込められていると私は思っています」

岡山商科大学 井尻昭夫学長(公式サイト:学長メッセージより)

「Stay foolish」は、ジョブズの多くの名言の中でも、いろいろな意味に解釈されているため、魅力的なせいだからだろうか、岡山商科大学の井尻昭夫学長も卒業生に贈った。ただし、京都大学の湊長博総長とは少しとらえ方が違っていた。

「Apple創業者の一人である故Steve Jobs氏が、2005年にスタンフォード大学の卒業式で学生に贈った言葉を、諸君にお伝えします。
『Stay hungry,Stay foolish.』
直訳すると、『空腹であれ、愚かであれ』となってしまいますが、私はこの言葉を『自分を信じ、我が道を究めなさい』と理解しています。そのためにはまず、健康でなければなりません。心も体も健康であって初めて、諸君の夢が実現できるのです。
『Stay hungry,Stay foolish. 』
諸君のご健闘をお祈りし、お祝いの言葉といたします」

■「負ける」からこそフロンティアが広がる

大阪大学 西尾章治郎総長(公式サイト:総長からのごあいさつより)

京都精華大学のウスビ・サコ学長をはじめ、今年は「多様性」という言葉を盛り込む学長・総長が目立った。大阪大学の西尾章治郎総長は、生き物の世界から人々の多様性をわかりやすく例えた。

「生物学者で2025年大阪・関西万博のプロデューサを務める福岡伸一氏は、生態系が長い年月をかけて多様性を作り上げるにあたり、『重要なのは、負けること』と説明しています。一度負けることによって、その種は新しい選択をせざるを得なくなります」
「たとえば、昼間は狙われるから夜に活動する。地上では食べるものがないから木の上で生活する。このようにして、『負けたこと』を契機に、少しずつ自分の居場所を他とは異なるフロンティアに求め、それが種を確立し、結果として豊かな多様性を作るというのです」
「この『負けること』を恐れず、そこから新しい居場所を作っていこうという心構え。あるいは、周囲に合わせることが辛くなったときに、そこから少し距離をとって行動すること。これらのことが、これからを生きる皆さんに必要なのではないか。私はそう思うのです」

そして、西尾総長は卒業生にこう呼びかけた。

「あなた達が、もし競争に負けたとしても、あるいは大きな失敗をしたとしても、『負けたら終わり』『失敗したら終わり』などということは、決して考えないでほしい。そんな時こそ、あなた方は、フロンティアを確立する絶好のチャンスを手にしたと考えていただきたいのです」

西尾総長は最後に、詩人の石垣りんの「表札」という詩をひいて、卒業生へのプレゼントとした。

「『自分の住むところには 自分で表札を出すにかぎる』で始まるこの詩の終わりには『精神の在り場所も ハタから表札をかけられてはならない』とあります。何のレッテルも、肩書も、同調圧力も、他者の目も関係ない、本当の『あなた』の色は、明日はどんな色となって輝くのでしょうか」
「自分が、住みにくい社会にいると感じたとき、それに耐えるのではなく、『やれやれ、住みにくい世の中だ』とつぶやいてから、目の前の一つひとつの『住みにくさ』を確実に拾い上げ、取り除いていく。(中略)そんなあなたの後ろ姿に、勇気づけられる人が多くいるでしょう。私たちは、そんなあなたに、力強いエールを送ります」

(福田和郎)

関連記事(外部サイト)