入社式「心に響く社長の挨拶」はコレ! 会社ウォッチ編集部が独断で選ぶ珠玉の言葉の数々【1:平和への願い編】

新年度がスタートした2022年4月2日、多くの企業で入社式が行われた。

ロシアのウクライナ侵攻による世界経済の後退、再びリバウンド傾向がみられ始めた新型コロナウイルスの感染拡大。

そんな非常時だからこそ、多くの社長さんが心の底から新入社員を歓迎し、「一緒にこの危機を乗り越えていこう!」と熱いエールを送った。

J‐CASTニュース会社ウォッチ編集が、「心に響く社長の挨拶」を独断で選んでみた。

■「今こそ、真心からの思いやりで自由と平和を守ろう」

やはり時節柄、ロシアによるウクライナ侵略を激しく批判するとともに、平和への願いを語りかける社長たちが多かった。

岡山市に本社があり、鉄道、タクシー、バス、運輸からIT、観光関連まで傘下に約50社を展開する「両備グループ」の小嶋光信代表は「たった一人の侵略者によって世界中が危険にさらされている」としてこう語っている。

kaisha_20220404184840.png

「何故、ロシアの指導者は人の命や生活、都市を破壊する戦争をしてまで強者になりたいのか理解できません」

そのうえで、進化論のダーウィンの言葉とされている「最も強いものが生き残るのではなく、唯一、生き残ることができるのは変化できるものである」を引用し、独裁国家を夢見るロシアは歴史から滅び去り、「時代にあわせて変化し続けることができた企業のみが生き残ると言えるでしょう」と新入社員に呼び掛けた。

両備グループ内の鉄道会社には、「たま駅長」を代表とする猫社員が6名(匹)以上いるという。

「両備グループを評して『任せれば猫も働く両備グループ』と言われているように、任された皆さんは猫も含めて活き活きと活躍しています」

と、ユーモアを交えながら同グループの経営理念をこう説いた。

「その中心になるのが経営理念の『忠恕=真心からの思いやり』です。どんな時代でも、誰にでも常に思いやりを持つことが時代や社会が変化しても支持していただけるベースです。(中略)社会への思いやりとして『社会正義』。お客様への思いやりとして『お客様第一』。社員への思いやりとして『社員の幸せ』......」

そして最後に、

「忠恕の発揮で自由と平和を守り続けることが生き続けることの大前提です。(中略)大いに真心からの思いやりを発揮して、立派な社会人として素晴らしい社会を一緒に築き上げて行きましょう!」

と結んだのだった。

■「情報革命で世界の人々に笑顔を」

ウクライナに現地法人を持つコニカミノルタの大幸利充社長は、避難生活を送る仲間の社員の救援活動をこう説明した。

kaisha_20220404184906.png

「当社のウクライナ販売会社の社員や家族が、ポーランドをはじめ周辺国へ避難していますが、周辺国のコニカミノルタ販売会社の社員が彼らの生活を支援してくれています。ほとんどはそれまでに面識のない人たち同士でが、コニカミノルタグループの下に『One Konica Minolta』として自主的に取り組んでいます。これには大変感激しました」

そして、新入社員たちにこう呼びかけた。

「これもまた、『人とのつながり』です。ぜひ、長持ちする『人とのつながり』を社内でも、社外とも構築していくように心がけてください。これから皆さんと一緒に仕事をしていけることを楽しみにしています。ともに頑張りましょう!」

一方で、「私は戦争に反対です」と強く訴えたのは、ソフトバンクグループの孫正義代表だ。約1300人の新入社員に向けて、

「まさかこんなに悲しい、胸の痛む戦争が、これほど我々の社会に、人々の心に、辛い思いをさせるのかと思います」「人間ってなんだろう、人間の幸せってなんだろう、人間の悲しみってなんだろうとつくづく考えさせられてしまいます」

kaisha_20220404185024.png

と語っている。そして、ソフトバンクの「使命」をこう説くのだった。

「人間の苦しみを一日でも早く、少しでもなんらかの形で和らげたい、助けたい、人々の笑顔が見たい、これがソフトバンクグループ創業一日目から、情報革命で成し遂げたいことです」「人々の人生には色々な形で貢献することができますが、私が言いたいのは『登る山を決めることで人生の半分が決まる』ということです」「(みなさんは)縁あって、同じ山を目指す、志を共にする同志となりました」

孫正義代表の熱を帯びた話は続き、新入社員たちを「桜の花」に例えた場面もあった。

「私にとって皆さんは、その咲き誇る桜の花のような存在です。一輪の桜の花も美しいけれど、志を共にして一緒に春を迎えよう、世の中を明るくしようという同志だと思っています。皆さんが志を共にして、世界中の人々の悲しみを少しでも減らし、笑顔を少しでも増やす」

そのためにこそ、情報革命で人々を幸せにしよう、と訴えたのだった。

■激動の時代だからマザー・テレサの言葉で自分に「軸」を

名古屋市東区に本社を構え、自動車のスパークプラグやセラミック製品などを製造・開発している日本特殊陶業・川合尊社長は、マザー・テレサの言葉を34人の新入社員に贈った。

kaisha_20220404185051.png

「ロシア・ウクライナ問題など、世界では想像もしないようなことが起こっています。昨日の常識が今日の常識ではなくなる、そんな激動の時代です。その中で日々をどう過ごしていけばいいのか、そんな思いを抱くこともあるでしょう」

そんな中で「あなたの軸は何か?」と問われる機会が多くあると川合尊社長は語りかけた。

「軸とは判断基準であったり、ポリシーであったり、立ち戻る場所のことを指します。ぜひ、社会人生活の中で自分の軸を持ってください」

そして、大好きなマザー・テレサの言葉を贈ったのだった。

「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから

この言葉を私はこう解釈しています。『よく考えなさい、そうすれば言葉が変わる。言葉に出しなさい、そうすれば行動につながる。行動しなさい、そうすれば習慣が変わる。習慣を見直しなさい、そうすれば性格が変わる。そして性格が変われば、運命が変わる。」

そして、力強くこう結ぶのだった。

「我々の運命は我々が決めていくものだと思っています。皆さん、ぜひこれからの日々の中で自身の存在価値を考え、示していってください。期待しています」

<入社式「心に響く社長の挨拶」はコレ! 会社ウォッチ編集部が独断で選ぶ珠玉の言葉の数々【2:ビジネスの心構え編】>に続きます。

(福田和郎)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?