知られざるアナログゲームの世界...意外なアイテム、大喜利ゲーム、ゴジラも登場 ゲームマーケット2022春をリポート!(2)

国内最大のボードゲームの祭典「GameMarket(ゲームマーケット)2022春」が2022年4月23〜24日、東京ビックサイト西展示棟1・2を会場に開催された。主催は株式会社アークライト(東京千代田区)。

ゲームマーケットは、「電源を使用しない」アナログゲームの振興とユーザの交流を目的とした「みんなでたのしく」過ごせるイベントだ。

スタートアップ企業や新規ビジネスの取り組みに注目した前回記事<知られざるアナログゲームの世界...スタートアップの参入&ユニークな新提案に注目 ゲームマーケット2022春をリポート!(1)>につづいて、今回は出展企業の想いにフォーカスして、ゲームマーケットの様子を伝える。

■ゲーム本体だけでなく、カルチャーとしてのグッズも提案

ボードゲームの面白さだけでなく、ボードゲームが好きという想いを身に着けたい――。そんなニーズにも応えるために、Tシャツやバッグなど幅広いアイテムを取りそろえていたのが、ゲームコミュニティー「Anaguma(アナグマ)」だ。訪問者が絶えないアナグマのブースに行ってみると、初日でありながら、オリジナルゲーム「あいうえバトル」(ゲーム作家の米光一成氏との共同開発)がすでに完売するなど、高い人気を博していた。

アナグマは、今回、オリジナルのバッグやTシャツの販売も行っていた。デザインを担当した、なおさんとあやさんによると、サウナ好きの方が「サウナに関連したTシャツなどで好きを現している」のがちょっとカッコよく見えて、「ゲームが好き」ということが伝わるアイテムがあったら素敵だなという想いで製作したそうだ。「ゲーム本体だけでなく、カルチャーとして広く楽しんでもらえたら嬉しい」と笑顔で語ってくれた。

訪問者が絶えない「Anaguma(アナグマ)」のブース(撮影:会社ウォッチ編集部)

コロナ禍ながら、新作ゲームを出し続けるアナグマ。その活動に新型コロナウィルスによる影響はあったのか、アナグマ主宰のミッチーさんに話を聞いた。

ミッチーさんによると、新型コロナウィルスの影響から、昼間のリアルのイベントは中止が増えた一方で、夜に使える時間が増えて、ゲーム作りの発想に充てる機会が増加したメリットもあったという。アナグマの特長は、「あそ部」と「つくる部」を組織していて、遊ぶだけでなく作ることにも取り組んできたこと。そのため新作も生まれやすいのだそうだ。

「あいうえバトル」を持つ、アナグマ主宰のミッチーさん(撮影:会社ウォッチ編集部)

なお、オリジナルゲーム「あいうえバトル」はテレビでも取り上げられるなど問い合わせが増えている。ボードゲームは一部のマニアックな人の遊びではなく、一般の誰でも楽しめる遊びとして認識が広まっているという手ごたえがあるそうだ。

■新型コロナウィルスによる市場変化に奏功したのは...

パーティー系のゲームを多く手掛ける「JELLY JELLY GAMES(ジェリー ジェリー ゲームズ)」は、新型コロナウィルスの影響でリアルイベントが減る向かい風の中、以前から開発を続けてきた家庭でも遊べる大喜利系のボードゲームが功を奏したという。

ゲームマーケットで同社の一押しだったゲームが「ミタイナ」だ。「○○みたいな○○」を考える大喜利ゲームで、家庭でも楽しめるという。

パーティーイベントの自粛が続く中、家庭でも遊べるゲームのリリースができたことは市場変化にうまく対応できた事例ではないだろうか。

「ジェリー ジェリー ゲームズ」ブースの栗原さん(左)とあられさん(右)(撮影:会社ウォッチ編集部)

■ゲームマーケットの主催企業「ARCLIGHT(アークライト)」のイチオシは?

ゲームマーケットの主催企業「ARCLIGHT(アークライト)」は、ゴジラの新作ゲーム「KAIJU ON THE EARTH LEGENDS ゴジラ」をメインに展示を行っていた。ゴジラと言っても初期のゴジラのイメージで展開するので、ゴジラから人々を守るというゲーム内容になる。プレイヤーは避難ルートを考えたり、攻撃手法を考えたり、マスコミを味方につけるなど、さまざまな作戦を組み立てていくストーリーだ。

ゲーム「KAIJU ON THE EARTH LEGENDS ゴジラ」を持つARCLIGHTの鈴木健右さん(撮影:会社ウォッチ編集部)

同社の鈴木さんによると「KAIJU ON THE EARTH LEGENDS ゴジラ」は、往年のゴジラファンにとっては、ゴジラ作品の実際のシーンにも似た状況がボードゲームで再現される場合もあるという。新作でありながら、思い出も交えて楽しめるような作品となっているのだ。

ゲーム「KAIJU ON THE EARTH LEGENDS ゴジラ」を展開した様子(撮影:会社ウォッチ編集部)

ゲームマーケットの主催企業でもある、「ARCLIGHT(アークライト)」の鈴木さんは、今回の催しについて「多くの皆さまに来場いただけたことに感謝申し上げたい」と語っていた。

今回、1日かけて取材してみたが、コロナ禍ながら、会場内での大きなトラブルもなく、好きなゲームを購入したり、仲間と交流したり、プレイスペースで実際にゲームを楽しんだりする参加者の笑顔が印象的だった。

そして、「ゲームマーケット」の会場や出展者・来場者の全体的な様子を見る限り、感染症の予防対策に気を付けながら、徐々にリアルイベントが増えていく兆しを肌で感じた。来場者の行動もリアルを求めていたように思う。

そんな機運の高まりから、いよいよ企業活動もウィズ・コロナ時代の本番に突入し、リアル・コミュニケーション寄りにシフトしていくのだろうか。

(会社ウォッチ編集部)

関連記事(外部サイト)