嗚呼、デジタル庁「看板倒れ」 事務方トップだけじゃない? 辞める人続々【馬医金満のマネー通信】

嗚呼、デジタル庁「看板倒れ」 事務方トップだけじゃない? 辞める人続々【馬医金満のマネー通信】

デジタル庁職員も続々退職か

みなさん、こんにちは。馬医金満です。

デジタル庁の事務方トップである石倉洋子デジタル監(73)が近く退任することが、2022年4月23日に報じられました。体調不良などが理由だそうで、就任から1年足らずという短い期間で退くことになります。

突然のことで、デジタル庁の今後が少々気になります。

■久しぶりのニュースが石倉デジタル監の退任

石倉洋子氏はもともとマッキンゼーにて勤めた経験もあり、経営コンサルタントの第一世代の一人として知られています。近年では一橋大学名誉教授や、資生堂や積水化学工業の社外取締役を歴任し、公職ではデジタル監就任時、政府の行政改革推進本部規制改革委員会委員などを務めた経歴もあり、組織改革などの手腕を期待されていました。しかし、デジタルへの知見が少ないことや体調問題などがネックとなり、今年に入ってからは登庁機会や政府の会議への出席も減ってきていました。ちなみに、後任にはデジタル庁の浅沼尚チーフ・デザイン・オフィサーを充てる方向で調整しているもようです。

「誰一人取り残さないデジタル社会の実現」という理想を掲げて昨年9月に発足したばかりのデジタル庁。菅義偉前首相の肝いりでしたが、発足後は存在感が薄いというか、どうもパッとしません。

そんなところに、久しぶりのニュースが石倉デジタル監の退任ですから、もうがっかり。個人的には、日本の低い成長性を底上げしていくという側面から、デジタル庁には大きな期待を寄せていたので、とても残念なことだと思っています。

トップの退任という問題以外にも、組織全体の問題も所どころ見られるようになっており、最近になって離職率が高いなどのデジタル庁の暴露記事をちょくちょく目にするようにもなっています。

報道によると、昨年9月の発足時、職員600人のうち3分の1を民間から採用したそうですが、その民間出身者が大量に辞めているというのです。その多くが、通信大手や外資系コンサルティングファームなどに転職しているらしいのです。

背景には、会議や打ち合わせばかりで仕事になんの進展がないことや、処理しなければならない書類が山のようにあるなど、おおよそ「デジタル庁」らしからぬ、いわゆる「お役所仕事」的な旧態依然からの働き方が続いていることへの不満が積もり積もっているようです。

さまざまな関係各所の利益を調整する、非常に難易度の高い仕事だとは思いますが、政治の「遺産」とならないように成果を見たいと思っています。

ではまた!

(馬医金満)

関連記事(外部サイト)

  • 33

    >32 大変なのですね。 それを認めている人ならその状況を伝えさえすれば、システム会社は理解してくれますよ。 ただし設計書はしっかり書ききる覚悟は必要です。 メーカーに任せるとメーカー依存のシステムになりますから。 質の悪いメーカーの場合すぐ解約し別の会社にそれを見せてシステム構築できるものを作成してください。 システムとは業務におけるストレスを軽減するものです。 トレーニング方法として  『横断歩道の信号はどんなことがあっても守る』 あれは多くの人が不満を抱く運用ありきの最悪なシステムです。 どうすればストレスなく人が信号に従った運用が出来るかを日々考えて下さい。

  • 32

    役所勤めです。できのよくない人でも(適切に書いたらコメントガイドラインではじかれました)、大卒で入って長くいる人が上に行きます。優秀な人材は民間勤めの後入ってきたりしますが、勤務年数が長くないので、出世しません。 それと、適材適所の人事異動ではなく、適当にやっているので、長所をまったく生かすことができません。50過ぎの人が、新卒と同じように1から仕事を覚えるような、非効率的なことが、当たり前に起こっています。 能力のある専門家を育てるような意識は全くありません。ハッキリ言って禁止ワード2文字で書きたいがはじかれるので想像してください。

  • 31

    おそらく社内システム部門に業務経験やコンピューターの専門学校、資格も無く配属されている人は要注意人物です。 多くの会社で接客能力が無く問題を抱える人の最終受け入れ部署になっている。 社内での相談を担当している人は、それなりの知識や経験で作業されている人が大半ですが。 役職でもないのに外注担当や派遣社員だけを任されている人は  「この人、駄目社員だ。」 と判断して間違いないです。 社内で唯一、お客様扱いされる地位です。 そんな人との夜勤後は部署の上司から。  「昨日は?」 と気遣われます。

すべてのコメントを読む