ウクライナ危機で上がる株 注目したのは重工業! 日本製鐵【企業分析バトル 北海道大学 FiNaancier】

こんにちは。北海道大学金融研究会チームFiNaancierのあきぞーんこーのーと中島脩です。金融について勉強したての僕たちですが、温かい目で見守っていただければと思います。

では、企業分析を始めたいと思います。まずはあきぞーんこーのーから企業概要と事業分析について説明させていただきます。

僕たちは社会の動きから株の変動を読もうとしています。そこで、最近トレンドになっているウクライナ危機に焦点を当てました。ウクライナ危機に注目して、有事に上がりそうな株で、まだあまり上がっていない企業に投資しようと思い、企業を探し始めました。

有事には重工業が栄えることを歴史で学んだため、日本製鐵(5401)に注目しました。

■全体の9割を占める製鉄事業の売り上げ

日本製鐵は国内最大手の鉄鋼メーカーで、粗鉄生産は世界3位の規模を誇ります。歴史的には八幡製鉄の後継の新日本製鐵と住友金属工業が合併した新日鐵住友株式会社が、合併や再編の末に誕生した鉄鋼メーカーです。

主要事業は主に製鉄事業で、エンジニアリング事業、化学事業そしてシステムソリューション事業などにも進出しています。

製鉄事業が全体の売り上げの約9割を占めており、製鉄事業として船舶などに用いられる厚板や、自動車や電気製品などに使用される薄板を製造しています。

この企業の株価が上がるかどうかを判断するにあたりテクニカル分析の一つロウソク足を用いてチャートを分析してみることにしました。

ロウソク足は江戸時代に本間宗久が米取引の相場を見る指標として考案したもので、現在世界中の投資家が基本的なチャートの一つとして利用しています。

6/1日時点でロウソク足が三本続けて上がっていて、これら三本のロウソクが平均線が離れていっていたので、相場が上がっていると見ました。

ここからは中島が担当します!

2022年5月10日に日本製鉄の2021年度決算が発表されています。ここで注目すべき点は2点あります。

まず一つ目に、3年ぶりに経常利益、当期純利益が黒字に転じ、過去最高益に持って行ったことです。2020年度決算では、連結事業利益が1100億円であったのに対し、21年度の連結事業利益は9381億円と大幅に伸びていることがわかります。そのうち6900億円は実力ベースで得たものだと決算説明会で述べています。このコロナ禍以降の原材料の高騰などの不安定な外部環境に囲まれる中で、経営統合後の過去最高益をたたき出した経営力の強さがうかがえます。

過去最高益となった要因として、主力商品である鋼鉄材の値上げと業務サイクルの見直し、海外事業の好調などがあげられると思います。

日本製鉄の2021年度決算の概要(日本製鉄の決算発表資料より)

■キャッシュフローに注目! 高まる今期への期待

次に注目すべきポイントは、2021年度のキャッシュフローです。大幅な資産圧縮に加え、過去最高益による営業キャッシュフローの増加によって今年度のフリーキャッシュフローは前年度から2000億円超の大幅な増加となっています。そして投資キャッシュフローの欄でも5400億円の設備投資を行い、カーボンニュートラル関連の設備や技術開発に大きく力を入れています。このキャッシュフローからも、今年(2022年)度の決算への期待が高まります。

今回の通期決算でかなりの好調ぶりを見せたため、次回の第1四半期の決算で通期業績予想がさらに引き上げられれば株価もさらに上がると期待できそうです。

以上の投資判断をもって、6月1日終値で900株を購入したいと思います。

日本製鉄(5401)
年初来最高値(2021年9月14日)  2359円
年初来最安値(2021年11月30日) 1700円
購入時の株価(2022年6月1日)   2211.5円
取得株数              900株

あきぞーんこーのー
あきぞーんこーのー 北海道大学総合教育部1年
株式投資をするためには自分が投資する企業を知る必要があるが、機会がなければ分析方法を勉強することはなく......。そんな時に、このような機会に出会えていただき、諸手を挙げて賛歌/参加させていただきました。出場するからには、全力で頑張りたいと思います。
中島 脩(なかじま・おさむ)
中島 脩(なかじま・おさむ) 北海道大学総合教育部総合文系1年
もともと大学生で起業をしようと志していたものの、企業や経済を理解していなければそもそも起業どころではないと気付き、金融研究会に入会。株式投資は未経験。これを機に触れてみたいと思っています。趣味はデパ地下めぐり、西洋芸術鑑賞。好きなものは肉。まだ初心者ですが、精一杯頑張ります!

企業分析バトル(株式投資)大学対抗戦 競技ルール
・月200万円の投資金額を上限に、銘柄(企業)を選び分析するバーチャル投資とする。
・投資対象は、国内上場企業の現物取引。
・株式の売買価格は任意の時間の価格とする。
・競技期間は6か月。順位は、投資した銘柄(企業)の運用・売買で得た6か月の合計の利益額で決める。

学生投資連合USIC「学生の金融リテラシー向上」を理念に全国26大学1000人以上で構成。企業団体・官公庁との勉強会の開催、IRコンテストの運営、金融情報誌「SPOCK」を発行する。
http://usic2008.com/

関連記事(外部サイト)