「厚切りジェイソン」のテラスカイ、社員の平均給与はいくら? 気になる業績推移や平均勤続年数もチェック!

上場企業の財務諸表から社員の給与情報などをさぐる「のぞき見! となりの会社」。今回取り上げるのは、東証プライム市場に上場するテラスカイです。

テラスカイは2006年創業。2014年に米Salesforce社と資本提携し、2015年に東証マザーズに上場。2018年に東証一部に市場変更。Salesforceのコンサルティングパートナーとして、国内トップクラスの導入実績を誇る会社に成長しています。

■売上好調も今期は最終赤字に転落見込み

それではまず、テラスカイの近年の業績の推移を見てみましょう。

kaisha_20220629161242.jpg

テラスカイは16期連続増益中で、ここ数期の売上高も急速に伸びており、2018年2月期からの4期間で2.6倍もの成長を遂げています。

一方、営業利益は増加傾向にあるものの、営業利益率は期によって大きく上下しています。2019年2月期には本社および名古屋支店の増床移転を行ったこともあり、営業利益率は1%台に減少しましたが、2020年2月期には7.8%まで改善しました。

2022年2月期は新たに設立したテラスカイ・テクノロジーズの費用がかさみ、営業利益率は5.2%に減少しました。こちらの新会社ではリスキング(職業能力の再開発)で育成したエンジニアを企業へ派遣するサービスを展開しています。直近ではエンジニア育成費用が先行して大幅な赤字計上となるものの、中期的に大きな収益を生みだす事業と見込んでいるようです。

テラスカイの2023年2月期は、拡大するクラウド市場、増加する案件数に対応するため、引き続き積極的な人材採用を計画中です。このこともあり、業績予想は、売上高が前期比26.1%増の158億5800万円と伸長する一方、営業利益が同99.4%減の400万円、最終損益は2億2300万円の赤字となる見込みです。

■主要事業は企業のSalesforce導入支援

テラスカイグループは、テラスカイと連結子会社13社で構成され、クラウドにおける「ソリューション事業」と「製品事業」の2つを展開しています。

お笑い芸人としても活躍する厚切りジェイソンことJason Danielson氏は、投資事業(報告セグメント外)を行う連結子会社テラスカイ・ベンチャーズの取締役を務めています。また、本体のテラスカイでは、グローバルアライアンス部の部長を務めているようです。

ソリューション事業は、「Salesforce」をはじめとしたクラウドシステムの構築、導入支援および保守を行っています。一方、製品事業は、Salesforceの画面をユーザ自身がプログラムレスで自由にデザインできる「SkyVisualEditor」や、SaaS型のデータ連携サービス「DataSpider Cloud」など自社クラウドサービスの開発、販売および保守を行っています。

2022年2月期の売上高構成比は、ソリューション事業が前期比16.5%増の111億5900万円と大半を占め、製品事業が同0.7%増の15億8000万円にとどまっています。

同セグメント別営業利益は、ソリューション事業が新会社の赤字を吸収しつつ、前期比11.4%増の17億200万円となりました。製品事業は、初期導入開発による一過性の利益減少もあり、1億300万円の赤字でした。

クラウド別の売上高は、Salesforceが64%を占め、残りの36%をIaaS(Amazon AWSとGoogle Cloud Platform関連の合計)となっています。このこともあり、有価証券報告書の「事業等のリスク」に「Salesforceへの依存について」という項目があります。

■平均年齢36.8歳、平均年間給与622.7万円

テラスカイの2022年2月期末の従業員数は単体430人、連結777人です。直近4期間で単体は1.6倍、連結は2.2倍に増えています。

連結売上高を連結従業員数で割ると、2018年2月期の一人当たり売上高は1366万円。2022年2月期は1619万円に増加しています。

そして、テラスカイの平均年間給与(単体)は、2022年2月期は622.7万円に。平均年齢36.8歳、平均勤続年数3年11か月です。平均勤続年数は微減傾向にあるものの、平均年齢は横ばいで、30代半ばの経験者の中途採用を積極的に行っていると推測されます。

kaisha_20220629161221.jpg

テラスカイの採用サイトを見ると、新卒採用のほか、エンジニア、営業、マーケティング・管理部門で中途採用を行っています。Salesforceエンジニアの求人は、年齢40代前半まで、学歴は高卒以上、想定年収幅は年俸400〜800万円(月30時間分の残業代含む)。賞与については、年間全社業績目標を超えた場合に、決算賞与の支給があります。

このほか、テラスカイグループの次の収益基盤を創り上げ、さらなる事業成長モデルを創出できる「経営幹部候補職」の募集があります。こちらの想定年収幅は年俸1000〜2000万円です。

■赤字見込みで年初来安値も底打ちで回復中

中途採用求人に「経営幹部候補職」があがっているように、増収続きのテラスカイもSalesforceのコンサルティング事業の「1本足打法」に満足していません。一時的な赤字も辞さずに新たな投資を行い、次世代の成長の芽を探しているようです。

テラスカイの株価は2022年1月4日に1776円の年初来高値を記録しましたが、4月14日の決算で今期の最終赤字予想が公表されて連日下落。5月12日には1156円の年初来安値となりました。しかしそこで底打ちした後は右肩上がりに回復、現在は1400円〜1500台で推移しています。

(こたつ経営研究所)

関連記事(外部サイト)