「この会社に転職して本当によかった!」 心の底から大切な人にススめたい企業トップ30社...自由な風土の会社が続々ランクイン

「ああ、この会社に転職して本当によかった~!」。心の底からそう思えて、友人にもぜひススめたい企業はどこか――。

転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「Open Work」を運営するOpen Work働きがい研究所が「周囲にすすめたい転職先企業ランキング」を、2022年6月29日に発表した。

コロナ禍の打撃から経済回復を急ぐなか、労働市場は人手不足もあり、各企業とも優れたスキルを持つ人材の確保に懸命だ。転職を考えているアナタ、参考にしてはいかが。

■上位10社のうち9社、ITとコンサル会社

「Open Work」は、社会人の会員ユーザーが自分の勤め先の企業や官庁など職場の情報を投稿する、国内最大規模のクチコミサイト(会員数は約450万人、2021年12月時点)だ。「待遇の満足度」「20代成長環境」「人材の長期育成」など8つの項目に0~10点で答えて評価、コメントする仕組みだ。

今回の調査は、Open Workにクチコミ投稿した会員のうち、中途入社者に限定して自分が勤める会社を評価したレポート約30万3000件をもとに行った。基準はたった1つ、「あなたはこの企業に就職・転職することを親しい友人や家族にどの程度すすめたいと思うか」を、0~10点で評価するというもの。つまり、「友人・家族」として大切な相手に心の底から入社をススめたいか、というアツイ思いが込められたランキングなのだ。

その結果、1位に米国の巨大IT企業のFacebook Japan、2位にグーグル、3位に日本のエンジニア専門派遣会社リツアンSTC、4位に日本を拠点とする多国籍のITコンサルティング会社ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ、5位に米国のコンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社がランクインした。

また、6位に米国のクラウドコンピューティング会社ヴイエムウェア、7位に米国のコンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン、8位に米国の図面作成ソフトウェア開発会社オートデスク、9位に日本のコンサルティング会社ライズ・コンサルティング・グループ、10位に日本のインターネットメディアのユーザベースという結果になった=図表参照。

(図表)周囲にすすめたい転職先企業ランキング(OpenWork 働きがい研究所作成)

トップテンのうち6社が外資系企業だが、IT系企業とコンサルティング会社が3社ずつ独占した。日系企業も4社入ったが、こちらも2社がコンサルティング会社、1社がIT系企業、残り1社だけが人材派遣という顔ぶれ。いずれも個性的な企業が並ぶ。

たとえば、3位のリツアンSTCの本社は静岡県掛川市だ。ロケット、航空機から自動車まで、あらゆる分野のエンジニアに特化した人材派遣会社で、ソフトバンク、ホンダ、KDDI、ヤマハ、楽天などの大手企業と取引をする。「ピンハネ屋なんて言わせない」を志向するなど、マージン率を公開、業界ナンバーワンクラスの給与水準を誇る。

10位のユーザベースは2008年創業で、ソーシャル経済メディアの「News Picks」や経済情報サービスの「SPEEDA」などを提供する情報関連企業だ。同社はミッションを「経済情報で、世界を変える」としており、勤務時間の制約や出社義務がなく、服装も自由だ。

■トップのFacebook Japan、「自走力」が重要

各社の評判を口コミから探ると...(写真はイメージ)

上位にランクインした企業の社員のクチコミからは、自分で仕事を見つけて取り組む「自走力」を求められる組織風土であることがうかがえるという。また、そういった環境をおススメする転職者自身も、社会人経験による「自走力」を身につけていると言えそうだ。たとえば、トップのFacebook Japanの口コミを見ると――。

Facebook Japan「日本オフィスの営業職では新卒採用を行なっていないため、手取り足取り仕事を教えてくれるような体制はあまりない。自分で仕事を見つけ、自分で解決できるような能力が求められる。プラットフォームが優れているため、必死に営業をしなくてもある程度の成果は出せるが、その中でいかにユニークな仕事をするかが重要だ。受け身でいると評価に繋がらないため、積極的に仕事を取っていく姿勢が大事。またチームワークやコミュニケーション能力が重要視され、いわゆる『良い人』が評価される傾向があるように思う」(営業、女性)

Facebook Japan「良くも悪くも働く環境はかなりいい。プロダクトが強い分サボろうと思えばサボれる。そのままサボり続けてしまうと成長の機会はおそらくないと思う。自分で積極的に新しいことに取り組んだり、プロジェクトを作ったりすることでさまざまな経験、体験を得ることができる。きちんと自走できる人にとっては良い環境だと思う」(営業、男性)

Facebook Japan「バランスは日本中を見てもGoogleとFacebook以上にワーク・ライフ・バランスが調整しやすい環境はないと思う。皆仕事をしっかりする人が多い。普通に残業なしで17時ぐらいに帰宅する人も多く、それぞれに任せており、すごい自由。ただ、優秀な人たちの集まりなので、上記で成り立っているところがすごい」(マーケティングング・コンサルタント、男性)

Facebook Japan「入社を決めた理由は、広告プラットフォームとしての魅力・可能性、またフルファネルでのデジタルマーケティングに従事できるという面白さ。これまでの自分自身のキャリアがいい意味で発揮できたので妥当だったとは思う。認識しておくべきこととしては、とにかくスピードやインパクトを重視するため、これまでの働き方などをある程度リセットして自分の働く形を再度作り上げる感覚は絶対に必要。ただ、そのための土台やリソースはある程度揃っている」(GMS、男性)

■給与が高いリツアンSTC、家族との時間を大切にするヴイエムウェア

よし、新しい会社で頑張るぞ!(写真はイメージ)

転職の際には、求める職場環境や希望条件がかなうかどうかが選択の決め手になる。トップ30にランクインした企業の転職者の声を見てみると、公正な評価制度、希望する勤務地、ワーク・ライフ・バランス、フルリモート制度の有無といった希望条件や年収アップを入社理由として挙げる傾向がある。

いったい、それぞれの企業のどんな風土が働く魅力になっているのだろうか。クチコミから探ると――。

リツアンSTC「常駐先・派遣先の単価で給料が決まり、他の会社に比べて非常に高い給与水準が得られる。この会社の給与水準を確保できるのはフリーランスぐらいですが、フリーランスと異なり、規模が大きいため大企業・プライム案件に容易にリーチができます。世間一般SES(システムエンジニアリングサービス)の会社ではこの条件・案件は確保できないので、選ばない理由はないと思います」(Webデベロッパー、男性)

ヴイエムウェア「知人の紹介で、仮想化領域のデファクト(事実上の標準)であり、製品に競争力があることと、待遇面、担当アカウントが良かったため入社を決めた。コロナで2020年2月頃より完全在宅勤務、マネージャーにもよると思うが、成果を出していればマイクロマネジメントもなく、家族との時間を大切にする風潮も強いため非常にワーク・ライフ・バランスは良い」(営業、男性)

旭化成「友人やいろいろな媒体の情報から、日本のメーカーでは、働きやすさ、待遇、将来性の点でトップレベルであり、バランスがよくベストな会社だと感じたため。これからいろいろな環境変化の中でも、自分の持てる能力の全てを使い、この環境を全力で維持、向上させていきたい」(事務系、男性)

マスワークス「会社都合による転勤がなく、給与もソコソコいい。開発販売している商品が好きで、それを広める仕事ということでとっつきやすいと思った。技術職で入社する場合、自分の得意とする技術分野をしっかりと語れるように整理しておく必要があると思う。中途採用しかいないので、新入社員用の教育はほとんどなく、自分で聞いていかないと何も知らないまま時が過ぎる」(アプリケーションエンジニア、男性)

データの集計は、2017年以降にOpenWorkに投稿をした中途入社者による回答30万3146件を対象にした。

(福田和郎)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?