ホンダ、ヤマハ発動機...高齢者の「事故防止」「健康促進」研究&実証実験に挑戦中 移動の不便が招くQOL低下、解消目指して

自動車やバイクメーカーが大学や自治体などと組み、高齢ドライバーの事故防止や健康促進に取り組む動きが広がっている。キーワードはQOL(クオリティー・オブ・ライフ=生活の質)の向上という。

■ホンダ...体調データ活用して、高齢ドライバーの運転能力など共同研究

ホンダは2022年8月12日、大手製薬メーカーのエーザイ、大分大学、臼杵市医師会(大分県)と「高齢ドライバーの認知機能や日常の体調変化と運転能力の関係性を検証する共同研究を行う」と発表した。

ホンダの共同研究は、高齢のドライバーが腕時計のような「ウエアラブルデバイス」を手首に装着。睡眠、運動、ストレスなど日々の体調データを測定する。

大分大学医学部とエーザイは、高齢ドライバーの反応速度や注意力をはじめとする認知機能テストを行う。また、ホンダが開発した「ドライブシミュレーター」で、さまざまな交通状況における高齢ドライバーの運転能力を測定する。

参加者は臼杵市在住の65歳以上の100人で、9月1日から2023年3月31日までの半年間実施する。ホンダやエーザイなどは「日々の体調のデータや運転行動などをモニタリングすることで、ドライバーに体調不良や運転に関する認知機能の低下をお知らせする」という。

さらに、ホンダを中心に「一人ひとりの体調や運転能力の変化に合わせた安全運転のアドバイスやコーチングなども検討する」という。

■ヤマハ発動機...高齢者の「電動カート」利用、健康に役立つか実証実験

ヤマハ発動機は7月29日、大阪府河内長野市、奈良県王寺町などの自治体と協力し、高齢者が移動用の「電動カート」を利用した場合、健康促進や介護予防に役立つか実証実験を始める、と発表した。

具体的には、3列シートの電動カートを高齢者の移動用に走らせる。ドライバーは地元企業や自治会関係者が務め、公共交通の空白地帯で路線バスのように地域内を周回する。

ヤマハ発は、2021年10月から22年3月にかけても、千葉大学と電動カートを使った実証実験を大阪府や千葉県で行った。

その結果、移動用に電動カートを利用した高齢者は「家族以外の人と話す機会が増えた」「気持ちが明るくなった」など、外出することで「健康促進や介護予防に寄与しうる顕著な効果が見られた」という。

今回、ヤマハ発は7月25日から約6か月間、実証実験を行い、「電動カートを使った移動が健康促進や介護予防のほか、介護費や医療費の削減に寄与するか検証する」。実験の効果は、千葉大学予防医学センターが評価するという。

ホンダやヤマハ発の取り組みは、「近年、体調や運転能力への不安を理由に運転免許を返納する高齢者が増えている。その結果、移動に不便を感じるなど、QOLの低下が社会的な課題となっている」という問題意識がきっかけだ。

自動車やバイクメーカーが高齢者の移動と安全を確保することで、QOLの向上を目指す実証的な取り組みとして注目される。(ジャーナリスト 岩城諒)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?