たった16枚で世界を驚かせた!日本発ボードゲーム「ラブレター」10周年...リニューアル&スペシャル版話題、人気の秘密は?【前編】/アークライト代表・福本皇祐さんに聞く

たった16枚のカードを使って、運、推理、駆け引きを駆使して、集まったみんなで盛り上がれるカードゲーム「ラブレター」をご存じですか?

ボードゲームデザイナーのカナイセイジさんが手掛けた「ラブレター」は国内外で累計300万セット以上を売り上げ、世界を驚かせた日本発のボードゲームとしてファンが多いことでも知られている。

そんな「ラブレター」が2022年、誕生から10周年を迎えた。このアニバーサリーイヤーを盛り上げようと、リニューアル版となる「ラブレター 第2版」が満を持して登場したほか、10周年記念の企画が続くなど、話題を集めている。

そこで今回、「ラブレター」を見いだした一人、発売元のアークライト代表・福本皇祐さんに、「ラブレター」の魅力を聞いた。

■「毎月1つは新作を!」ボードゲーム市場の下地をつくる

――「ラブレター」10周年に先立ち、まずはアークライトの成り立ちや、ボードゲームのこれまでを教えていただけますか。

福本皇祐さん「話せば長くなるので(笑)、ポイントをかいつまんでお話しすると、アークライトの設立は1998年です。前身となったのが、当時、私が所属していたテレビゲーム開発会社のデジタル部門の新規事業部。私が任されていたこの部署を分社するかたちで生まれた会社です(私自身は、その前にいた会社でボードゲームの営業、イベント運営の業務などに10年ほど携わっていました)」

kaisha_20220914165934.jpg

福本さん「分社化前の状況はというと、テレビゲーム開発ではどんどん機能が高まってきていて、開発環境の面で、当時いた開発会社ではそのクオリティーに追いつけなくなりそうな状況でした。
テレビゲームの世界はもう芽がないかもしれないな......そう思っていた1990年代半ばごろ、ゲーム界隈では世界初のトレーディングカードゲーム(TCG)『マジック:ザ・ギャザリング』の人気が出てきます。日本語版もヒットしました。
それを機に私は、デジタルのテレビゲームではなく、『マジック:ザ・ギャザリング』のような『紙』を使ったアナログの分野でも、革新的なゲームが生まれていることに着目、可能性を感じました。そこで、アナログゲームの事業へと舵を切り、チャレンジすることにしたのです。当初は、TCGの受託事業、テーブルトークRPG(※)の開発、店舗運営などを手掛けていました」

(※)TRPG=会話型RPG。紙や鉛筆、サイコロなどを使って、会話をしながら自分の役割を演じ、ゴールを目指していくゲーム

――いまでは、アナログゲームの総合メーカーとして存在感を発揮するアークライトですが、ボードゲームの事業はいつから?

福本さん「最初に手掛けたのは2005年、アメリカのファンタジーフライト社が出した『ルーンバウンド 第2版』です。ご縁にも恵まれて、ライセンスを取得でき、アークライトから日本語版を発売したのです。ちなみに『ルーンバウンド』は、ごく簡単に言うと、テレビゲームのRPGをボードゲームで楽しめるようなもの、と表現したらわかりやすいでしょうか。この『ルーンバウンド』がかなりヒットしてくれました」

――当時のボードゲーム市場はどんな状況だったのでしょうか?

福本さん「日本ではまだボードゲームをつくるメーカーもあまりなく、したがって売り場もないような状態でした。この時に打ち立てた目標は、毎月1つはボードゲームの新作を出したい、というものでした。そうしたら、ボードゲームファンも毎月目標を持って買ってくれるよね、と。......そんな話を、関係者との交流会でもよく話していました。その後はおかげさまで、弊社でもいくつかのヒット作が生まれ、また、他社も新作をリリースする流れができ、売り場も整っていきました」

■それまでのボードゲームと一線を画した「ラブレター」の衝撃

「ラブレター 第2版」。キャラクターが、顔にフォーカスしたものから上半身までのイラストに変更に。ルールブックもわかりやすくなった

――福本さんたちの働きかけもあって、ボードゲーム市場が盛り上がっていったのですね。そんなか、2012年に登場したのが「ラブレター」でした。
「ラブレター」は、簡単にいうと、最後まで持っていた手持ちのカードの強弱を競うゲーム。ただし、各カードにはさまざまな「効果」があって、その指示に従わなくてはならない......。だから、山札からカードを引く運、相手が持つカードを推理する力、駆け引きが必要になる。そして、そこが面白い!

福本さん「基本の遊び方では、使うカードの枚数はたった16枚です。ルールはシンプルで(詳しくは『ラブレター』10周年記念プロジェクトの特設サイトなどもご覧ください)、プレイ時間も最短5分くらい。繰り返し遊べて、しかも、いろんな展開が楽しめる――これが大きな魅力だと思います」

kaisha_20220914170020.jpg

福本さん「込み入った話をすると、『ラブレター』以前のボードゲームは、コンポーネントリッチというか、長時間かけて遊ぶスタイルが、どちらかといえば主流でした。それに対して『ラブレター』は一線を画していて、短時間で本格的にプレイできる遊びとして、ボードゲームファンの間でも話題に。また、手軽でルールもわかりやすいから、多くの人に受け入れられたのだと思います。飲み会の最初や、修学旅行でみんなが集まった時に遊んで盛り上がった――そんなお声もよくいただきます」

――さらに、2022年8月には、リニューアル版となる「ラブレター 第2版」が登場して話題になりました。

福本さん「基本の16枚に追加したり差し替えたりして遊べる『追加カード』を用意したことがポイントですね。かねてから、カードの種類を増やして、遊びの幅を広げたいと考えていました。今回それが叶って、『ラブレター』をやり込まれている人にとっても、新しい遊びを体感できるはずです」

――それと、「ラブレター」10周年にあわせ、「ラブレター 10周年記念版」を発売(クラウドファンディング支援者への限定版。受付終了)、23年春にはまだ詳しい情報も明かされていない「ラブレター・ストーリーズ(仮)」の登場も予定されています。

福本さん「実は、『ラブレター』はシンプルなルール設定だったからこそ、カードの『効果』の部分を変えたいろんなバリエーションが国内外で展開されています。なかには、映画『STARWARS』の世界観に浸れるものもあります。そういったさまざまなバリエーションのうち、基本ルールと主要な16のバリエーションルールが楽しめる特別なパッケージが『10周年記念版』となっています」

kaisha_20220914170053.jpg「ラブレター 10周年記念版」

福本さん「一方の『ラブレター・ストーリーズ(仮)』について。『ラブレター』では、姫に手紙を渡すというストーリー設定があるのですが、このストーリーにフォーカスした商品になる予定です。遊ぶごとに新しい物語に出会える、いろんな結末を楽しめる......そんなストーリーを基盤にしたゲームを開発中です。社内では8月中旬ごろ、初めてテストプレイをしました。ぜひ続報をお楽しみに!」

アークライトでは、国内最大規模のアナログゲームイベント「ゲームマーケット」を主催しています。この秋も2022年10月29日(土)、30日(日)に開催予定です。ここで、「ラブレター」に匹敵する新たなボードゲームが話題になるかもしれません。そんな「ゲームマーケット2022秋」の見どころは?

<たった16枚で世界を驚かせた!日本発ボードゲーム「ラブレター」10周年...きっかけは、手作りで出展した「ゲームマーケット」だった【後編】/アークライト代表・福本皇祐さんに聞く>続きます。

【後編】では、アークライトの今後の展望、福本さんが働くうえで大事にしている姿勢などもうかがいました。こちらも注目です!



kaisha_20220914170155.jpg

【プロフィール】
福本皇祐(ふくもと・こうすけ)
株式会社アークライト 代表取締役社長
http://www.arclight.co.jp/

1959年生まれ。大学卒業後、1985年ホビージャパンに入社して営業を担当する。1992年遊演体に入社後、同社の新規事業部門を任され、1998年に分社化してアークライトを設立。現在、アナログゲームの企画、開発、製造、出版、卸売り、イベント運営、店舗経営などを行うアナログゲームの総合メーカーとして多方面に事業を展開する。また、日本最大級のボードゲームイベント「ゲームマーケット」の運営も行い、ゲームを通して世界のヒューマンコミュニケーションの拡大を目指している。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?